湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


石敢當と庚申塔
 長谷川博一 殺人者はいかに誕生したか-「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解くを読みました。
 刑事裁判が真相究明のためにあるというのは誤った認識で、単に量刑を決めてるに過ぎないという指摘は、まあそうなんだろうなと思う半面、ちょっと意外でした。
 この著者の行動には賛否両論あるのでしょうが、こういった人が複数いないと真相究明はできないんでしょうね。
 あと、自分も離人症あるので、ちょっと子ども時代が心配です(^_^;)

 で、著者のTwitterから某森友学園経営陣の発言を一つ。

 日本の子供が悪くなっているのが目に見えています。皆さんは何も感じませんか?発達障害児は、昭和40年頃1万人に1人、今は15人に1人です。
 通学の服装もだらしない。学校の先生が担任であるにもかかわらず、自分の子供の学式を優先して入学式に欠席したり、保育園・幼稚園の先生が茶髪で爪にはマニキュア。外見で人を判断したらだめ、ということで済まされています。
 いい人の姿を見たり、言葉を見たり、まねをするといい子に育つと教えられると、私も正直耳が痛いです。でも、努力していこうと思います。
 資格のある先生に子供を預けたらゆっくり働けると思っているかもしれませんが、24時間保育園は発達障害児養成所といえます。
 2オになってもまだおむつさせたり、1才でおはしも持てるのにフォークを持たせたり、この前も見かけたことですが、ステュワーデスの方にいただいたシールを子供が窓ガラスに貼ったまま、シートのカバーを外したまま。
 公共の物を大切にすることすら教えられない幼い親の中、おかしいなおかしいなと思うだけで、行動におこす勇気のない大人社会の中で、気がつけばこの数字になっていました。
 今一度考え改め、国のため、社会のために何ができるかと考える以前に、自分の子供をしっかり育てているのか考えなければいけません。
(平成26年4月17日 ご入園ご進級おめでとうございます)

 発達障害についての知識が決定的にないようです。
 保育園の経営者がこれではちょっと怖いです(参照)。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

古厩忠夫 裏日本-近代日本を問いなおす を読んだ
 何だかいきなり左遷されました(^_^;
 てか、閑職好きの僕にはありがたい話なのですが、まだまだやり残したことがあります。

 とりあえず、障害者虐待について色々調べています(参照)。
 厚生労働省によると、僕らは障害者虐待の疑いに気づいたら即通報しなければならないようです(参照)。
 現在の通報窓口は、福岡市立心身障がい福祉センター(あいあいセンター)の中にある福岡市障がい者基幹相談支援センター(参照)。
 福岡市社会福祉事業団が運営しているようです。
 しかしこの業務は、平成29年度から各区にできる区の障がい者基幹相談支援センターに移管されるようです(参照)。
 ある程度の規模の法人が軒並み入っている格好で、今後施設内の障害者虐待が公平に調査されるのか少し心配になります。

 虐待した人の同僚は、虐待した人をかばう傾向があると言います。
 だったら、虐待を起こした法人の同業界は、虐待を起こした法人をかばう傾向が出てこないでしょうか。
 トカゲの尻尾切りでお茶を濁して。

 と思って調べたら、障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(障害者虐待防止法)第19条によると、障害者福祉施設従事者等による障害者虐待については、市町村が社会福祉法障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)に定められた権限を行使して「障害者虐待の防止並びに当該障害者の保護及び自立の支援を図る」ようです。
 まあ、行政も庇いがちなんでしょうけどね。


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

平成28(2016)年熊本地震
 去る4月14日21時26分に起こった平成28年熊本地震
 僕は職場にいましたが、携帯電話が一斉に鳴り出して半信半疑に備えていた所に、かなりの揺れが来て驚きました。

地震の概要
検知日時
(最初に地震を検知した時刻) 4月14日21時26分
発生日時
(地震が発生した時刻) 4月14日21時26分
マグニチュード 6.5(暫定値; 速報値6.4から更新)
場所および深さ 熊本県熊本地方、深さ11km(暫定値; 速報値約10kmから更新)
発震機構 南北方向に張力軸を持つ横ずれ断層型(速報)
震度 【最大震度7】熊本県益城町(ましきまち)で震度7、玉名市(たまなし)、西原村(にしはらむら)、宇城市(うきし)、熊本市(くまもとし)で震度6弱を観測したほか、中部地方の一部から九州地方にかけて震度5強~1を観測しました。
○ 防災上の留意事項
 この地震による余震が多数発生しています。揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがありますので、今後の余震活動や降雨の状況に十分注意してください。
○ 余震活動の状況
 15日00時03分には、熊本県宇城市で最大震度6強を観測する余震(M6.4、暫定値)が発生しました。15日15時00分現在、震度1以上を観測する余震が134回発生しています(震度6強1回、震度6弱:1回、震度5弱:2回、震度4:16回、震度3:23回、震度2:54回、震度1:37回)。
 今後の余震活動について、ところによって震度6弱以上の揺れとなる余震が発生する可能性は、4月15日16時から3日間で20%、震度5強以上となる可能性は40%です。

※余震回数は速報値で、後日の調査で変更になることがあります。
(「平成28年(2016年)熊本地震」について(第6報)・2016年4月15日付気象庁)

 しかも、16日1時25分頃のマグニチュード7.1(参照)を一例として、大きな余震が頻発しています。

 後に、本震が前震に変更され、その7.1のものが本震になったようです。
 僕はちょうど公園にいたのですが、揺れるというより地面がうねっている感じでした。

 しかも、中央構造線の九州部分を中心に、大分県や阿蘇などにも震源が動いています。
 震源に近い場所にいらっしゃる方や縁のある方へ、お見舞い申し上げます。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

東京(3)~一極集中のさらに極

 オウム真理教が1995年に起こした東京都庁郵便小包爆発事件で、爆薬の原料を運んだとして殺人未遂幇助(ほうじょ)などの罪に問われた元信徒・****被告(43)の控訴審判決が27日、東京高裁であった。大島隆明裁判長は「被告に殺人未遂を助ける意思があったと認めるには合理的な疑いが残る」と述べ、懲役5年とした一審・東京地裁の裁判員裁判による判決を破棄し、被告を無罪とした。
 **被告は勾留先の東京拘置所から釈放された。
 **被告はこれまで、薬品を運んだことは認めたが「爆薬など、人の殺傷につながる認識はなかった」と無罪を主張していた。昨年6月の一審判決は、**被告が「劇物」などと記された薬品を運んでいたことなどから、「人の殺傷に使われる危険性を認識していた」と認定。爆発物取締罰則違反の幇助罪の成立は認めなかったが、殺人未遂の幇助罪は成立するとした。
 しかし、この日の高裁判決は「危険な物であっても、直ちにテロの手段として用いる爆発物などを製造すると想起することは困難」と指摘。「運搬した薬品が人を殺害するための原料であると認識していたとは、証拠上認められない」と判断した。
 また、被告については「教団幹部ではなく、他の一般信者と同様に教団の指示や説明に従うしかない立場だった」とも言及。「殺人を含むテロ行為を企てているなどと容易に想像はできない」と指摘した。
 判決によると、爆発事件は、元教団代表・*****(****)死刑囚(60)の逮捕を阻止して捜査を攪乱(かくらん)しようと、元教団幹部の****死刑囚(45)らが計画した。控訴審で弁護側は「被告は何のために薬品を運ぶのか説明されておらず、人の殺傷につながるとは認識できなかった」と無罪を主張。一方の検察側は「一審判決は当時の客観的な状況などに基づいて認定しており、正当だ」として控訴の棄却を求めていた。(塩入彩)
(オウム****被告に一転無罪判決、釈放 東京高裁・2015年11月27日付朝日新聞)

 僕は、東京オリンピック(関連)と同様に、オウム真理教関連の一連の事件に関してもあまり関心がありませんでした(参照)。
 まったく危機感がなかったので、首都圏出身の同僚に、被害者の事も考えろ!と罵倒されたことがあります。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

東京(2)~誰でもテロリストになれる街
 何やら、公認心理師(法案参照参照参照)なる国家資格ができるらしいですね。


 心理職の業務の適正化を図る公認心理師法が9日、参議院本会議で全会一致で可決、成立した。文部科学省、厚生労働省を主務官庁とした、心理職として初の国家資格が誕生する。国家試験は指定試験機関が年に1回以上行う。施行は公布日から2年以内。施行5年後の見直し規定も盛り込んだ。関係団体にとっては、半世紀にわたる悲願がようやくかなった。
 公認心理師法は、衆議院文部科学委員長の提案による議員立法として成立した。衆参それぞれの委員会では、受験資格に関する留意事項など6項目の付帯決議が付いた。
 公認心理師は名称独占の資格で、保健医療、福祉、教育、司法・矯正、産業などの分野で活躍することを想定。医療分野では診療補助職とせず、心理的支援の対象者に主治医がいる場合に限り、医師の指示を受けることを義務づけた。
 養成ルートは三つあるが、そのうち4年制大学と大学院で計6年間学んだ人が国家試験を受けるルートが基本となる。
 心理職の民間資格は多数あるが、取得者数が多いのは臨床心理士(2014年度末現在で約2万7000人)だ。資格取得者の約7割が日本臨床心理士会に入会している。
 同会の11年度の会員動向調査によると、会員の17%が福祉分野に勤務している。特に、児童相談所、児童福祉施設に勤務する人が多い。
 心理職の資格制度の創設運動は、1967年に始まり、90年代半ばから議論が本格化。2005年には法案の骨子が固まったが、医療関係団体の反対により国会に提出されなかった。
 しかし、11年10月には関係団体の足並みがそろい、国家資格化の要望書を確定。14年の通常国会に議員立法で提出されたが廃案となり、今通常国会に再提出された。

■村瀬嘉代子・日本臨床心理士会長の話

 法案作成から成立まで、心理職の国家資格化を推進する議員連盟(代表=河村建夫・衆議院議員)の皆様の多大なご尽力に心より感謝を申し上げます。
 本会はこの法案について数度の機関決定を行い、成立に向けて努力して参りました。法案提出に際して、議連事務局長の山下貴司・衆院議員は、年間3万人近い自殺者の存在に触れられたほか、大震災被災者の心のケア、学校、医療機関、福祉機関、司法・矯正機関などさまざまな面で心理専門職の活用が喫緊の課題であると述べられました。
 公認心理師が社会に役立つ存在となりますよう、さらに研さん努力して参りたいと存じます。

■増沢高・日本臨床心理士会社会的養護部会長の話

 乳児院や児童養護施設に心理職の配置が制度化されたのは1999年で、当時は心理療法の提供が中心でしたが、今日では心理職も積極的に日常生活に関与するようになってきました。「生活臨床」という実践が浸透しつつあると思います。
 市区町村や就学前教育・保育の現場で公認心理師が子どもとその家庭をアセスメントし、他機関・専門職に伝えることは重要です。例えば、不登校の子は「心の問題」ととらえられがちですが、その子の家庭での生活を見れば養育放棄など別の要因が見えたりします。公認心理師の養成、資格取得後の現任者研修には、こうした側面から構築するべきと考えます。
(心理職初の国家資格 公認心理師法成立で、福祉や教育分野での活躍期待・2015年09月29日付福祉新聞)


 まあ、学部卒の心理家が食えない(参照)のは変わらんでしょうが(^_^;)

 そういった動きの震源地、霞が関へ行ってみました。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

東京(1)~東京には行きたくない
 芸能団体が、2016年問題なるものを喧伝しているそうです。

首都圏で2016年にかけてコンサートホールや劇場の不足が集中する「2016年問題」が深刻化している。2020年開催の東京オリンピックに合わせ、「東京ビッグサイト」の改修工事も始まり、「2019年問題」も控えている。
影響を受ける芸能関係団体は、短期的な公立施設の規制緩和などを自治体などに呼びかけている。

民主党時代の「仕分け」に、大震災の耐震補強が重なる

2015年11月5日、日本芸能実演家団体協議会(芸団協)など10の芸能団体が東京都内で記者会見を開いた。演じるためのコンサートホールや劇場が不足している、というもので、歌手の影山ヒロノブさんや人気バンド「サカナクション」の山口一郎さん、人間国宝の野村萬斎さんなども出席し、窮状を訴えた。
コンサートプロモーターズ協会の調査によれば、全国の公演数は04年が1万4323本、入場者が1718万人だったのに対し、14年は2万7581本、入場者は4261万人と、この10年でいずれも倍以上になっている。アニメ関係などが目立つという。しかし、ホールや劇場はというと、芸団協の調べによればこの10年間で首都圏だけで2万5000席が失われた。例えば東京厚生年金会館、五反田ゆうぽうと、青山劇場といった首都圏のシンボル的な施設まで無くなっている。場所が不足しているのにライブの需要は高まる一方なのだ。
どうしてホールや劇場が閉鎖されたのか。芸団協に取材してみると原因は大きく3つに分けられるという。一つは民主党政権時代の「仕分け」によって、直接エンターテインメントに関わらない省庁が施設を運営するのはおかしいという話になり、外郭団体が持つ資産を放出することになった。それが既に閉鎖している東京厚生年金会館、五反田ゆうぽうと、青山劇場などだ。
また、2011年の東日本大震災以降、耐震補強が必要になった施設で、改装費と補強費の捻出が困難と判断して運営を断念したケースがある。さらに、企業の中には自社のイメージアップとPRなどの目的で施設の運営を続けてきたが、その効果に疑問を持つようになり、儲かるような事業ではないから辞めてしまった、などということが重なったのだという。
加えて、今後は2020年の東京オリンピックに向けて、さいたまスーパーアリーナや横浜アリーナなどの大規模施設の改修工事が始まる。公演ができる場所がますます減っていくのだ。

「公立劇場、民間並みに規制緩和を」

「サカナクション」の山口さんは会見で、「関東の会場が不足すると、地方にコンサートに行けなくなる懸念もある」
などと語った。首都圏でのコンサートで利益を上げなければ移動など費用の掛かる地方での公演は難しくなるという。また、大きな会場でコンサートが出来ないということは、例えば1万人を集めようとした場合には5000人収容のホールを2回使う事になる。すると玉突きのような現象が起こり、始めから少人数を集めるコンサートはできなくなってしまう事も起こりかねない。それは山口さんのようなバンドに限った事ではなく、日本のホールは多目的ホールが多いため、バレエや演劇など他のジャンルにも影響を与えてしまう、というのだ。
それではこの窮地をどう抜ければいいのか。芸団協はこう打ち明けた。
「短期的には公立の文化施設利用の規制を緩和し、プロにも使いやすくしてほしい」
公立施設の貸し出しルールはプロに対してもアマチュアにも対しても均等だ。使用の1年前に抽選で使用できる団体を決めたり、開演後は午後10時に完全撤収を求めたりしている。しかし、大きな演劇ならば準備に2、3年かかる。コンサート等は21時過ぎまで続くことはざらで、22時の完全撤収は不可能のため、民間並みに規制が和らげられないか、と要望している。
自治体はこれをどう受け止めるのか。東京都の文化振興部に話を聞いてみたところ、都が管理する「東京芸術劇場」や「東京文化会館」は民間並みに貸し出しの規制を緩めていると語った。ただし、区市町村のものは独自の規制があり、プロが使うのは難しいのかもしれないとしたうえで、
「いずれにしても2016年問題などがあるのは事実であり、実態を調査し我々で何ができるか検討して行きたいと考えています」
と話していた。
(「首都圏でコンサートができない」ホール不足が深刻化 「2016年問題」「東京五輪改修」で芸能人が悲鳴・2015年11月6日付J-CASTニュース)

 この会見に開いたのは、日本芸能実演家団体協議会日本音楽制作者連盟日本オーケストラ連盟日本劇団協議会日本バレエ協会日本バレエ団連盟日本三曲協会日本音楽事業者協会日本クラシック音楽事業協会コンサートプロモーターズ協会の10団体(参照)。
 しかし、「首都圏でのコンサートで利益を上げなければ移動など費用の掛かる地方での公演は難しくなる」と言いますが、そこまで言うなら地方公演なんかなくせばいいじゃないかと思います。
 遭えて地方公演をしているという事は、ペイするという事ではないでしょうか。
 ある程度の人気がある演者であれば、東京から地方に見に行くパターンだってあり得ますし(参照)。

 この件に関し、原因は地方都市に劇場を作ってきたせいという意見もある(参照)ようです。


 それに、「大きな会場でコンサートが出来ないということは、例えば1万人を集めようとした場合には5000人収容のホールを2回使う事になる。すると玉突きのような現象が起こり、始めから少人数を集めるコンサートはできなくなってしまう事も起こりかねない。それは山口さんのようなバンドに限った事ではなく、日本のホールは多目的ホールが多いため、バレエや演劇など他のジャンルにも影響を与えてしまう」と言いながら、アマチェアが使う公立施設を、プロにもっと使わせろと言ってるわけですが・・・。

 まあ、生活が懸かっていますから、こういう意見になってしまうんでしょうね。
 そういった意見を調整していくのが、民主主義における政治の役割でしょうから、いい事だと思います。

 さて、そういった東京に、先日行ってきました。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

久留米が好き~
 テレビを見ていると、たまに「久留米が好き~♪」と歌っているCMが流れます。
「久留米が好き」篇Aタイプ
 久留米とは、福岡県久留米市の事。
 ブリヂストンの創業地にして、ムーンスターアサヒコーポレーションの本社所在地。
 松田聖子チェッカーズ田中麗奈や豚骨ラーメンを輩出した福岡県では第三の規模の街です。

 結局このCMは、「久留米が好き~♪久留米がすき~♪久留米ガスき~♪久留米ガス♪」とオチになだれ込み、久留米ガス株式会社CMだと明らかになります。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

宮崎県は美味しいお米のルーツ~平成24(2012)年産米の食味ランキングを考える
 日本穀物検定協会は、1971(昭和46)年から毎年「米の食味ランキング」というものを発表しています(参照)。
 この格付で2012(平成24)年産で最高点を叩きだしたのが、熊本県産の「森のくまさん」。

 日本穀物検定協会(東京)が発表した2012年産米の食味ランキングで、審査した全国128銘柄のうち、熊本県の「森のくまさん」が最高点を獲得して初のトップとなった。
 白米の見た目や香り、味、硬さなど6項目を審査。「『森のくまさん』はほのかな甘みがあり、つやなどの見た目も抜群」(同協会)と高い評価を得た。得点は公表していない。
 2位には、「ヒノヒカリ」(熊本県城北)、「さがびより」(佐賀県)、「なすひかり」(栃木県)の3銘柄が並んだ。5段階評価で最高の「特A」ランクは産地別で計29銘柄。九州からは、▽元気つくし(福岡県)▽にこまる(長崎県)▽くまさんの力(熊本県)▽ヒノヒカリ(大分県)――を含め過去最多の7銘柄が選ばれた。
(「森のくまさん」トップ、12年産米食味ランク・2013年2月16日付読売新聞)

 日本穀物検定協会のサイトを見ると、特Aランク、Aランク、A'ランクが載っているだけで、得点や順位は掲載されていません(参照)。
 従って、森のくまさんとさがびよりあるいは元気つくしの差がどのくらいあるのかは分かりませんが、知人によるとやはり美味しいとか。
 生産が少ないのか県外に出回ってないのか分かりませんが、なかなか福岡では売っていないそうですが。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

ビッキ
 ある場所で、「びきたん」って何だという話になっていました。
 確か、カエルの事を「びっき」と言ってた土地があったな・・・。と調べてみました。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

北朝鮮の「ミサイル」をキャッチしたのは大刀洗にない太刀洗
 13日に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が他称ミサイル(自称人工衛星)の打ち上げに失敗しました。
 7時40分ごろに打ち上げられた「飛翔体」は、1分以上飛行して洋上に墜落したと発表されています(内閣官房長官声明)。

 そんな中、国が発表する30分前に「飛翔体」の情報を手にした自治体がありました。
 教えちゃったのは、福岡県北九州市の陸上自衛隊第40普通科連隊と久留米市の第4特科連隊。
 両方とも、地元自治体に伝えたのだそうですが、第40普通科連隊は北九州市だけに。第4特科連隊は久留米市と佐賀県だけに伝達したそうな。
 福岡県舐められすぎっす(^_^;)

 九州の陸上自衛隊の部隊が、北朝鮮のミサイル発射情報を国の発表より早く北九州市と福岡県久留米市、佐賀県に伝えていたことが18日、分かった。陸自西部方面総監部(熊本市)は「担当者の手違いで未確定情報を流してしまった」とミスを認めて陳謝したが、自治体側は「未確定でも情報は早い方がいい」と陸自の“勇み足”を歓迎している。
 総監部によると、発射情報を伝えたのは第40普通科連隊(北九州市小倉南区)と第4特科連隊(久留米市)の2部隊。政府がミサイル発射を公表した約30分前の13日午前7時50分ごろ、普通科連隊は北九州市、特科連隊は佐賀県と久留米市の防災担当者に「午前7時40分ごろ発射されたもよう。情報は確認中」などと電話連絡した。
 両部隊は情報を流した自治体と緊急時に情報を共有することを申し合わせている。特科連隊は「異常がないか確認するため連絡した際、未確認として発射情報を伝えた」と明らかにした。
 総監部広報は両部隊が情報を得た経緯は明らかにしていないが、「米軍の早期警戒衛星の一次情報だけでなく、防衛省が二重チェックした正確な情報を発信すべきだった。部隊の判断で連絡したのは間違い」と釈明。処分も検討しているという。
 早期に情報を入手した3自治体は戸惑いながらも歓迎。久留米市防災対策課は「陸自からの連絡がなければ、最初に国から来た『国は未確認』という情報だけでは、どういう意味か分からなかった」と漏らす。北九州市の担当者も「未確定情報でも早くもらえて助かった。日ごろの付き合いが生きたのだろう」と話す。
 一方、その他の自治体は国の緊急情報一斉伝達システム「Em-Net(エムネット)」が頼りで、報道などが先行する中、情報収集に苦慮。同7時55分ごろ、北九州市から陸自情報の照会を受けた福岡県は「何でそんな話が出ているんだ」と驚いていたという。
 日本大学法学部の福田充教授(危機管理論)は「ミサイルが空中分解し、政府も混乱していた中で、住民の生命を守るため、現場判断で発射情報を伝えたことは一方的に責められない。何も情報を出さない方が危機管理上、かえって悪い」と指摘している。
(ミサイル発射情報 陸自、国発表前に通知・2012年4月19日付 西日本新聞朝刊)


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報






当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。