湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


国際リニアコライダー国内候補地は北上山地に決定
 予想通り、国際リニアコライダー(International Linear Collider:ILC)の国内候補地は北上山地に決まったようです
(参照参照参照)。
 まあ、学者グループが決めただけでひっくり返る可能性もなくはないようですが、まあひっくりかえらんでしょう。

 結局、福岡・佐賀両県知事がスイス旅行しただけで終わってしまいました。

 宇宙の始まりを探る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致を目指す研究者グループのメンバーが22日朝、福岡市の九州経済連合会を訪れ、佐賀、福岡県境の脊振山地への誘致に取り組む松尾新吾同会名誉会長や小川洋福岡県知事らに国内建設候補地を北上山地(岩手、宮城県)に一本化したことを伝えた。
 関係者によると、脊振山地と北上山地の2カ所を比較・検証してきた「ILC立地評価会議」のメンバーを務める九州大の研究者らが、最終的に北上山地を候補地に選んだことを報告した。23日に正式発表する。
 ILCをめぐっては、日本学術会議が9月にまとめる報告書を受けて政府が誘致の是非などを判断する予定。
 同会議は「現時点で日本への誘致は認められない」との中間意見を出している。
(「候補地は東北」と九州側に伝える ILC評価会議・2013年08月23日付 西日本新聞朝刊)


[READ MORE...]
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 国際リニアコライダー ILC

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

日本学術会議が国際リニアコライダー(ILC)誘致に慎重姿勢
 前回、ど~せ北上山地に決まってるんだから招致なんてやめとけやめとけと九州人らしからぬことを書いた国際リニアコライダー(International Linear Collider:ILC)ですが、脊振山系どころか日本招致すらやめたらと日本学術会議の検討委員会が言ったとか言わないとか。

 宇宙誕生の謎に迫る超大型加速器「国際リニアコライダー」(ILC)の建設を日本に誘致するかどうかについて、日本学術会議の検討委員会は6日、誘致は時期尚早とする見解を大筋でまとめた。巨額の建設費や、世界中から研究者の参加を見込める保証がないなど課題が多く、数年かけて調査した後に判断すべきだとした。
 非公開の会合後、取材に応じた委員長の家泰弘・東京大物性研究所教授が明らかにした。最終見解を12日の次回会合で示す予定。
 ILCは日米欧の科学者が進める計画で、欧州合同原子核研究所(CERN)の加速器の後継とされる。建設費は10年間で約8300億円に上り、日本の負担は半額程度となる見込み。岩手・宮城両県と佐賀・福岡両県が誘致しているが、政府は誘致を決めておらず、文部科学省が同会議に検討を依頼している。
 この日の会合では、巨額投資に国民の賛同が得られるかや、建設に必要な1000人規模の加速器研究者の参加が保証されていないことなどが指摘された。この分野の日本の研究者は300人程度で、多くを海外から呼ぶ必要があるという。家委員長は「国民の理解を得るため、今後専門家以外も入れて検討する必要がある」と話した。【野田武】
(リニアコライダー:学術会議の検討委「誘致は時期尚早」・2013年08月06日付毎日新聞)


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 国際リニアコライダー ILC

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

長崎県と佐賀県が合併?
 まだ総理大臣が麻生太郎という人だったころ、こういう新聞記事が出たそうじゃ。

 古川康・佐賀県知事(50)が8日、長崎大経済学部(長崎市)で学生約500人に講義し、その中で長崎、佐賀両県の合併を唱えた。「(合併すれば)人口231万で全国16位、焼き物は2位、ミカンは3位。長崎は首相を輩出したことがなく、佐賀は国立公園がない。補完できる」とし、道州制も含めた再編の必要性を強調した。
 古川知事は立命館大などで講義経験はあるが隣県・長崎の大学での講義は初。旧自治省の官僚だった99~03年、長崎県に出向していたことから、長崎大が呼び掛けた。
 古川知事は両県合併について「市町村が合併し、省庁も再編した。都道府県だけ今のままはない」と強調。
 さらに、九州新幹線西九州(長崎)ルートや西九州自動車道を引き合いに出し、「1県だけのメリットでなく、ネットワークを考える時代」とした。
 一方、両県で対応が割れる国営諫早湾干拓事業については「有明海の再生を願うのは長崎も一緒。事実を明らかにし、協力し前に進みたい」と潮受け堤防開門に理解を求めた。【錦織祐一】
(<古川佐賀県知事>長崎県との合併を提案 長崎大で講義・2008年10月9日付毎日新聞)

 こんな記事が出た日にゃ、知事は合併やる気だとしか思えません。
 新県名は長崎だろうか佐賀だろうか。県庁はどこに置くんだろうか。
 ここは長崎県という名前で、県庁所在地は佐賀で痛み分けだろうかとか余計な妄想が渦巻いてしまいます。

 でも、それは誤解だったようです。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 道州制

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

福岡・佐賀両県は国際リニアコライダー誘致から手を引くべきでは?
 前回、国際リニアコライダー(ILC)の国内候補地について研究者グループのILC立地評価会議が7月までに結論を出すらしいと書きました。
 で、7月になったのでちょっと検索してみると、日本学術会議が意義を審議する検討委員会を設置したとか。

 何を今さら・・・。止めるなら早く止めなさいって(^_^;)


 宇宙誕生の謎に迫る超大型加速器「国際リニアコライダー」(ILC)の意義を審議するため、日本学術会議は検討委員会を設置し、14日に初会合を開いた。委員からは、巨額の建設費を負担して日本に誘致することについて「国民の理解が得られるのか」「他分野の研究予算を圧迫するのでは」など疑問視する意見が相次いだ。
 ILCは日米欧の科学者らが進める国際プロジェクト。建設費用は10年間で約8300億円にのぼり、誘致国は半額を負担することになる。
 国内では岩手、宮城両県が北上山地に、佐賀、福岡両県が脊振(せふり)山地への誘致活動を展開しているが、海外で誘致している国はない。
 委員の指摘に対し、ILC計画を推進する駒宮幸男・東京大教授は「ILCの意義が一般的に浸透しておらず、努力が必要。建設費用は、他分野の研究費が圧迫されないよう、科学技術予算とは別に確保する必要がある」と説明した。
 今後7月に計3回会合を開き、審議結果を文部科学省に提出する。【斎藤有香】
(リニアコライダー:日本誘致に懐疑論 学術会議が初検討委・2013年06月14日付毎日新聞)

 「他分野の研究費が圧迫されないよう、科学技術予算とは別に確保する必要がある」って事は、科学技術予算以外なら圧迫されてもいいって事ですかねぇ。
 で、噂じゃ北上山地に復興予算を使って作ってはという事になってるとかなってないとか。
 確かに岩手県の復興基本計画案には、国際リニアコライダーがしっかり盛り込まれているようです(参照)。
 復興予算は平成23年度の岩手県分だけで1兆1000億円弱あります(参照)から、どっかにねじこんどこうって事でしょうか?
 いや、しかし、いくら多いとは言え、そりゃ必要だから増税までして出したんでしょ???

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 国際リニアコライダー ILC

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

九州地方総監府
 昨日書いた記事に関連して道州制論議の資料を読んでいたら、「地方総監府」というものを見つけました。

道州制をめぐる議論は戦前から見られ、代表的なものとして、昭和2年に田中義一内閣の行政制度審議会がまとめた「州庁」設置案(府県をそのまま完全自治体とし、それとは別に国の行政機関として州庁を置く案)がある。当時、地方分権や自治権の拡充が求められたことから同案が策定されたものの、実施されることはなかった。その後、主として経済行政の統制について府県相互間の連絡調整を図るため、昭和15 年、各地方の府県知事らが参加する会議体である地方連絡協議会が設けられ(昭和18年には、各地方における国の出先機関の長を加えた地方行政協議会に発展した。)、昭和20年6月には、本土決戦体制の一環として、地方行政協議会に代わり、都道府県を残したまま、国の出先機関として全国に8つの地方総監府が設けられた。
(原田光隆 道州制をめぐる議論―これまでの議論と道州制導入の意義及び課題― 2012)


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 道州制

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

九州地区町村会長会が道州制反対を決議
 週末に新聞をまとめ読みしていたら、31日に熊本市で行われた九州地区町村会長会で道州制に反対する決議がなされたそうです。

 九州地区町村会長会は31日、道州制に関する研修会を熊本市で開いた。大分県の4町村をはじめ九州・沖縄の町村長(代理を含む)の約8割が集まり、道州制導入に反対する決議をした。「平成の大合併の検証や国民的論議がないまま、導入されかねない現状を強く懸念する」と主張。今後、各県選出の国会議員に働き掛けていくという。
 荒木泰臣会長(熊本県嘉島町長)は冒頭「道州制推進基本法案を今国会に提出する動きがあるが、具体的な情報に乏しく、どう暮らしが変わるのか分かりづらい。住民生活を守りサポートするのに道州制は本当に必要なのか、認識と議論を深めたい」とあいさつした。
 大森弥(わたる)東京大学名誉教授が「道州制の何が問題か」と題して講演。町村長からは「住民サービスはどうなるのか」「地域間格差を是正している地方交付税制度は維持されるのか」といった疑問や危惧の声が出た。
 九州・沖縄156町村のうち、121町村の首長らが出席。大分県町村会の坂本和昭会長(九重町長)は「予想以上に出席が多く町村の不安の大きさを感じた。国、地方を守るため反対していく」と話した。
(道州制反対を決議 九州地区町村会長会・2013年06月01日付大分合同新聞)


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 道州制

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

国際リニアコライダー
 最近、ローカルニュースでILCなる言葉を見る機会が増えてきました。
 ILCとは、国際(International)リニア(Linear)コライダー(Collider)の略だそうです。

 てか、一番わかりやすいInternationalだけ日本語訳するのおかしいやろ(^_^;)

 で、リニアとはリニアモーターのリニア。直線って事ですな。
 なぜ、リニアモーターが直線なのか分からん人は、小学6年生くらいの子どもに聞くと分かるかもしれません。
 で、コライダーってのは加速器って事らしいです。

 詳しくは、宇宙をつくる加速器[国際リニアコライダー]がやってくる!?ってところで漫画で解説してますので、読んでください。

 で、このILCってのは、LCC(Linear Collider Collaboration)なる団体が中心となって進めているプロジェクトだそうで、宇宙の謎を解くと息巻いているようです。

 まあ、別に、宇宙の謎が謎のままでも僕らの幸せは変わらないと思うんですが、学者ってもんは人々は自分の研究を尊敬すべきと考えてるようなところがありますからね~。
 以前、ちょっとひどい目に遭ったので、それ以降学者の発言に僕は懐疑的です。2番じゃ駄目なんですか?(^_^;)

 一応、アメリカのシカゴ近郊やスイス、ロシア、ドイツなども候補らしいのですが、最近なぜか日本にできるのが既定路線の様な扱いになっているらしく、国内候補地の北上山地と脊振山系がクローズアップされてるという事のようなんですよね。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 国際リニアコライダー ILC

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

熊本県が州都構想案
 3月14日の熊本県議会道州制問題等調査特別委員会で、熊本県が州都構想案の原案を報告したようです。

 道州制導入を見据え、熊本県が検討している熊本市を九州の「州都」とする構想の原案がまとまった。九州の多極分散型発展を前提に、危機管理拠点や知的産業の集積などを打ち出している。構想は、道州制導入決定後に即候補となれるように、他県より「先手」を打つ狙いがある。14日、県議会に報告し、今月末までに構想を最終決定する。
 原案は、熊本県立大の五百旗頭真(いおきべまこと)理事長らによる昨年開催の有識者会議での議論を踏まえ策定。州都のイメージを(1)政治・行政の中心で九州各地と緊密に結ばれ多くの人々が交流(2)安全・安心で品格ある環境の中でクオリティーの高い生活を実感-などと定義し、熊本と九州を「結ぶ」、熊本を全国、世界に「開く」をキーワードに都市づくりの方向性を明記した。
 具体的には、地理的に九州の中心にある優位性を生かすため、大分、宮崎を結ぶ幹線道路ネットワーク整備や熊本空港などの防災拠点化、大規模コンベンション施設整備を目指すとしている。「九州の良き世話役」として、観光や地域振興など官民一体の取り組みの九州での事務局機能を担うことなども盛り込んだ。
(熊本県が道州制「州都」へ先手 構想原案で危機管理拠点化打ち出す・2013年3月14日付 西日本新聞朝刊)


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 道州制

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

州都候補地熊本市vs大分市
 大分市も州都に立候補していたと以前書きました。
 熊本市も、なぜか熊本県が州都誘致に熱心です。

 そんな両者が、ある場所で顔を合わせたそうです。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 道州制 州都

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

政令市と周辺で200万人で「都」
 橋下徹大阪市長の「大阪都構想(参照参照参照)」が法案化されるようですね。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 道州制

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済






当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。