湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


九州大学の歴史的建造物(3)-病院地区-
 (つづき)次はとりあえず、病院(医学部)地区である。
 医学部は何でか知らないが移転しないので、建物は残る可能性がある。
 だがどういうわけか有名な建物が少ないので、普通に立て替えられる可能性も高い。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

子づくりの条件
 昨日テレビでレアルマドリード(Real Madrid Club de Fu'tbol参照)と東京ヴェルディ1969(変な名前:参照)の試合をやっていた。

 ちなみに「レアル」とは「国王の」という意味(参照)。1902年にマドリードFCとして創立し、1905年から国王カップ(Copa de Su Majestad el Rey Alfonso XIII)で4連覇。そんなこともあってか、1920年に、当時の国王アルフォンソ13世(Alfonso XIII,1886.5.17-1941.2.28)から、「レアル」の呼称を許されたそうだ。

 この「集金ツアー」について書こうと思ったが、入場者数も減っているみたいだし、サッカーもよく知らんし、ほかに驚きの記事があったのでそちらを書く。

 ちなみに、入場料は6000~9000円(参照)。高いですな。中国では、180~1580元で5000元のVIP席もある(参照)。日本円に換算すると2700~23700円(1円=15人民元で換算)らしい。ただし、中国の平均月収は沿岸部で2000元(26000円)、内陸部で1000元(13000円)(参照)だそうだ。


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

海外の奨学金(3)~太平洋地域編
 前回同様、欧米各国の奨学金制度と日本の現状を参考にしている。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 教育 子育て 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

海外の奨学金(2)~西欧諸国編
 最近、昼間はよく寝ている。
 寝ていれば煙草も吸わないし、食費もガソリン代もかからない。つまりはお金が浮くのである。

 かと言って、痩せるわけではない。食べない代わりに体も動かさないからだ。てか、かえって太ると思う。

 思えば、学生時代もよく寝ていた。金がなかったからだ。そんな僕らの強い味方が学生寮であり、授業料免除であり、奨学金だった。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 教育 子育て 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

海外の奨学金(1)~アメリカ編
 以前、日本の奨学金が「(ある程度)優秀」で、「(ある程度)貧乏」な学生に支払われている(というか貸与されている)ことを書いた。
 では、海外ではどうであろうか?

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 教育 子育て 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済






当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。