湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


九州大学の歴史的建造物(4)-箱崎地区地図-
 (8月11日のつづき)今日は、8月10日に書いた九州大学箱崎地区の歴史的建築物について現地で取材した写真を掲載しておいた。
 ついでなので、それぞれの建物がある場所を略図で示しておきたい。
九大箱崎地区歴史的建造物地図地区
 それでは今宵はここまでにいたしとうございます(多分つづく)。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

公約を斬る!(5)
 (6日の続き)公明党は、「まかせて安心!」と題して、「チャイルドファースト社会(子ども優先社会)」の構築に焦点を当てた施策に取り組むらしい(参照)。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

公約を斬る!(4)
 今日は台風(参照)だったが、止せば良いのに監督のところ(参照)に貸していたビデオカメラを取りに行った。
 帰りに、さぬきうどん讃州那珂川店(那珂川町片縄西4-3-1)に寄ってみた。眠かったので、ざるうどんを頼んだ。
 待ち時間が長かったが、冷やしなので仕方ない。出てきたうどんはこしがある讃岐系(あたりまえだ)のうどんだった。

 僕は博多系うどんが好きなのだが、たまに讃岐系を食したくなる時がある。今日はたまたまその日ではなかった(じゃあ、入るなよ)。


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

公約を斬る!(3)
 昨日話題になっていた取引先の問題であるが、結局経営陣と従業員の対立により、従業員が全員辞める事態になった。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

公約を斬る!(2)
 今日は月初めなので本部に行き、取引先の問題について善後策を話し合う。
 そんな大変な1日でも、それでも地球は回っているわけであって、地球が回ればタイヤも回り、タイヤも回れば自動車も老朽化するというわけだ。

 天皇陛下の「御料車」として40年近く使われてきた日産の最高級リムジン「ニッサンプリンスロイヤル」(8人乗り)が老朽化し、数年で姿を消すことになった。「維持が限界」との日産の申し入れを受け、後継車探しを進めてきた宮内庁は31日、トヨタが新たに開発した「センチュリーロイヤル」(同)の購入費(1台分、5250万円)を概算要求に盛り込んだ。現在5台あるプリンスロイヤルを、3~5年間で更新する。
 宮内庁によるとプリンスロイヤルは67~72年にかけて日本初の貴賓用リムジンとして作られた。天皇陛下が全国戦没者追悼式や国会開会式に出席する際や、外国の賓客を接遇する際に使われているが、開発から30年以上たち、部品交換にも苦労するようになっていた。
 トヨタのロイヤルはセンチュリーをベースに02年春から開発が進められた。大きさはプリンスロイヤルとほぼ同じ全長6.15メートル、全幅2.1メートル、全高1.77メートル。外観もプリンスロイヤルを踏襲。窓枠の位置が変わり、後部座席の両陛下の顔が外からよく見えるようになった。排気量は6400ccから5000ccになるが、安定した低速走行が可能。車内は静かで、低燃費化、低排出ガス化も進んだという。
 宮内庁はこのほか、敬宮愛子さまの幼稚園送迎用車の購入費として、別に400万円を盛り込むなどした。(皇室の「御料車」、日産車からトヨタ車に・2005年08月31日19時31分朝日新聞)

 日本初の貴賓用リムジンとあるが、これ以前は外国車を使っていたらしい。日経にはこのような記事が載っていた。

 天皇、皇后両陛下の公用車のうち、国賓の接遇などに使う最も格式が高い「御料車」の日産自動車のリムジン「プリンスロイヤル」が約38年間の務めを終え引退し、来年度からトヨタ自動車の新型車「センチュリーロイヤル」が導入されることが31日、決まった。
 宮内庁は来年度予算の概算要求で、5台ある御料車のうち、1台を新型車に更新する経費を盛り込んだ。残る4台も3―5年で順次更新する。
 歴代御料車はベンツやロールスロイスなどの高級外国車だった。現行のプリンスロイヤルは1967―72年にプリンス自工(日産に合併)が開発した初の国産御料車。ナンバーの代わりに菊の御紋のプレートが付いた8人乗りで、国会開会式などの行事に使われてきた。しかし、老朽化が進み日産側が「維持が困難」と使用中止を申し入れ、宮内庁がトヨタと後継車の交渉を続けていた。センチュリーロイヤルは1台5250万円。総重量約2900キロ、排気量5000cc の8人乗り低公害車。車両の大きさは現行車とほぼ同じだが、「静粛性、安全性は世界最高レベル」という。(両陛下の御料車、トヨタ製に・「プリンスロイヤル」引退・同日00:00日本経済新聞)

 車1台が5250万円というのは高い気もするが、特注車なので金額に見合った性能や格式はあるのだろう。問題は、天皇夫妻の車としてその金額が必要かどうかという判断だ。
 その価値判断が、政治の役割だろうと思う。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済






当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。