湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


全国で「はやかけん」が使える?
 2012年12月18日に、北海道旅客鉄道株式会社PASMO協議会東日本旅客鉄道株式会社名古屋市交通局名古屋鉄道株式会社東海旅客鉄道株式会社スルッとKANSAI協議会西日本旅客鉄道株式会社福岡市交通局西日本鉄道株式会社九州旅客鉄道株式会社の連名で交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります!という文書が出ていました。
 この文書によると、JR北海道のKitaca、株式会社パスモのPASMO、JR東日本のSuica株式会社エムアイシーmanaca及び株式会社名古屋交通開発機構マナカ、JR東海のTOICA株式会社スルッとKANSAIPiTaPa、JR西日本のICOCA、福岡市交通局のはやかけん株式会社ニモカnimoca、JR九州のSUGOCAが2013年3月23日からお互いのエリアで利用可能になるのだそうです。
 参加するのは、52の鉄道事業者、96のバス事業者の計142事業者(6事業者は重複)。
 買い物に使えるようになるのが実に約19万8,750店舗なのだそうです。

 九州では、前述の福岡市交通局、西鉄、JR九州の他に、nimocaが使える事業者で使えるようです。
 まずは、西鉄グループの西鉄バス北九州西鉄高速バス西鉄バス佐賀西鉄バス久留米西鉄バス筑豊西鉄バス大牟田西鉄バス宗像西鉄バス二日市日田バス
 そのほかにも、nimocaを使っている昭和自動車大分交通大分バス亀の井バス(参照)の各社で使えるようです。
 結局九州では、計16社局で相互利用できるようになるようです。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : nimoca(ニモカ) SUGOCA(スゴカ) はやかけん(HAYAKAKEN)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

創造都市ネットワーク
 先日新聞を読んでいたら、創造都市ネットワークというのが出ていました。
 自分で「創造都市」を名乗るのって結構恥ずかしいなと思ってたんですが、一応ユネスコ認定集団らしいです。
 つーことは、世界遺産と同等って事か(^_^;)

 創造都市ネットワーク(そうぞうとしネットワーク、英: Creative Cities Network)は、2004年にユネスコにより創設されたプロジェクトのひとつ。映画、デザイン、文化、工芸など7つの分野から、世界でも特色ある都市を認定したもの。「グローバル化の進展により固有文化の消失が危惧される中で、文化の多様性を保持するとともに、世界各地の文化産業が潜在的に有している可能性を、都市間の戦略的連携により最大限に発揮させるための枠組みが必要」との考えに基づいている。
(創造都市ネットワーク - Wikipedia)

 つまり、固有文化があることが重要って事なんでしょうか。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 福岡市政

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

福岡城復元は武具櫓から?
 以前書いた通り、福岡城が復元に向けて動いているそうです。
 先日、舞鶴公園(福岡城址)にある福岡城むかし探訪館を覗いてみましたが、石垣の修復工事も行われていました。
 探訪館自体は昔の地図と今の地図を重ね合わせたり、しんわにあった福岡城復元模型が置いてあったりと視覚的に分かりやすい展示でした。
 いかんせん狭いので制約がありますが(^_^;)

 それと、鴻臚館展示館とバラバラな感じなのがちょっともったいないように思いました。
 何というか、取ってつけた感があるって言うか・・・。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡城

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

ビクトル・ユゴー「レ・ミゼラブル」を読む(挫折編)
 昨年末から映画レ・ミゼラブルのCMがばんばん流れています。

 しかし、この「夢破れて(I Dreamed a Dream)」を聞くと、スーザン・ボイルを思い出してしまいます。
 この歌って、たぶん最初の方で死んじゃうファンティーヌの歌ですよね(参照)。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

怒られそうになったら怒る
 先日テレビのニュースを見ていたら、大阪市長が記者会見でお怒りのご様子でした。
 なんでも、大阪市内の高等学校の運動部の主将が顧問教師の体罰を苦に自殺したのだそうです。
 それは怒るのが当然と思っていたら、なぜか大阪市教育委員会の方が謝っています。
 どうも事件が起きたのは、大阪市立の高等学校だったようなんですね。

 そうなってくると、大阪市長にも責任はあるわけです。
 地方公共団体は学校を設置することができ(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第30条)、設置した高等学校は教育委員会が所管するとされています(第32条)。
 ですが、教育委員は地方公共団体の長が議会の同意を得て任命する(第4条)事になっていて、教育委員会トップの教育委員長も実務トップの教育長も教育委員の中から選ばれます(第12条、第16条)。
 つまり、教育委員会が謝っていたら、地方自治体の長も同時に謝っていなければおかしいわけです。

 大阪市長は弁護士なので、恐らくそういった事は分かった上でどっかで謝罪した上で怒っていたのだろうと思いますが、

 記者会見の動画を見てみた結果、やはり最初に「改めてご冥福をお祈りいたしますと共に、ご遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げます」と語っています(参照)。

 いずれにせよ、こういった「怒られそうなとき」に「怒る」のは時に良い方法だと思いました。


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 心理学

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

九州電力城南クラブ(旧山口慶八邸)
 九州電力は、福岡市中央区に「九州電力城南クラブ」という接待施設を保有しています。
 1940年に建てられた炭坑経営者の屋敷を利用した立派なものですが、売却されるかもという記事が出ていました。

 九州電力が、取引先を接待する際などに使う施設「九州電力城南クラブ」(福岡市中央区桜坂)について、売却を検討する資産リストに挙げていることが8日、分かった。九電は12年9月中間連結決算で1495億円の大幅最終赤字を計上し、電気料金値上げの申請も既に表明。保養所や未使用の社宅など、売却を検討する資産を100件近くリストアップし、赤字幅圧縮を目指す。【中山裕司】

 「城南クラブ」は福岡市動植物園などがある南公園近くにある。炭鉱で財をなした山口慶八が1940年、桂離宮(京都市)にならって建築した数寄屋造り。関係者によると、庭園が国の名勝に指定されている旧伊藤伝右衛門邸(福岡県飯塚市)に近い、近代和風建築だという。九電が65年に取得し、2010年には将棋第68期名人戦も行われた。カラオケルームやワインセラーも備えているという。
 福岡市文化財保護課によると、数年前に市民から「歴史的価値のある建物かもしれない」と調査の要望があり、九電に照会した。その際は、九電が「文化財指定などは困る」と答えたという。仮に市文化財に指定されると、修理時に補助金が支出される一方、届け出が必要になる改修も出てくる。
 業績が悪化している九電が資産売却の一環として同市に返却を打診した「福岡市九電記念体育館」は、賃貸契約を今年度から来年度まで1年間延長することで合意。その他の施設も契約関係や売却先などの課題もあり、資産売却までには難航も予想される。
(九州電力:接待施設「城南クラブ」売却を検討 赤字圧縮を目指す・2012年11月09日付毎日新聞西部朝刊)


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報






当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。