湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


自転車は逆走すべきか?
 2015年6月1日から、「自転車運転者講習制度(参照参照)」が始まりました。
 この制度は、14種の「危険行為」で3年以内に違反切符による取り締まりまたは交通事故を2回以上起こした場合は講習を受けなければならないという制度だそうです。
 具体的な「危険行為」は以下の通り。


  1. 信号無視(道路交通法第7条)

  2. 通行禁止違反(同第8条第1項)

  3. 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)(同第9条)

  4. 通行区分違反(同第17条第1項、第4項、第6項)

  5. 路側帯通行時の歩行者の通行妨害(同第17条の2第2項)

  6. 遮断踏切立ち入り(同第33条第2項)

  7. 交差点安全進行義務違反等(同第36条)

  8. 交差点優先車妨害等(同第37条)

  9. 環状交差点安全進行義務違反等(同第37条の2)

  10. 指定場所一時不停止等(同第43条)

  11. 歩道通行時の通行方法違反(同第63条の4第2項)

  12. 制御装置(ブレーキ)不良自転車運転(同第63条の9第1項)

  13. 酒酔い運転(同第65条第1項)

  14. 安全運転義務違反(同第70条)


(参照)

 そんな中、私はあえて車道を逆走すると主張している人が話題になっています。



[READ MORE...]
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

他人のせいにする人々
 最近、「公正世界信念(the belief in a just world)」という言葉が話題になっているようです(参照参照)。
 公正世界信念というのは、アメリカの社会心理学者ラーナー(Melvin J. Lerner,1929-)が1980年に発表した仮説らしいです(参照参照)。
 これは、「『世界は公正にできており,努力した者は報われ,努力しない者は報われない』ということです。つまり,『良いことをした人には良いことが,悪いことをした人には悪いことが起こる』という信念(参照)」ということだそうです。
 因果応報って奴ですな。

 しかし、世の中そんなに甘く(?)ありません。
 悪い事をしていないのに、不幸な目に遭うのはよくあることです。
 この信念の持ち主は、そういった時に以下の4つに大別される考え方をすると言います(参照)。

  1. そんな人はいないと無視する

  2. この被害により、その人はよい人に生まれ変わる などの意味の解釈をおこなう

  3. やっぱりこの人には何らかの過失があったのだろう、と、いろいろ考え直す。

  4. やっぱりこの人はいやな性格に違いない、などと評価を変える



[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

Windows Essentials
 職場のパソコンに、Windows10へのアップデートアイコンが表示されるようになりました。

 そんな中、以前書いた、Ployer(深圳普耐爾電子有限公司)のMOMO7W(English)というタブレット(参照参照)ですが、とりあえずネット専用で快適に使っています。

 でも、たまにちょっとファイルをいじりたいこともあるんですよね。
 そこで気が付きました。
 Windows8.1には、ムービーメーカーが入ってないんですね。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

ライジング福岡問題
 先日、友人から鳥取県立鳥取養護学校の一件についてメールが来ました。
 友人は療育センターと言っていたので、児童発達支援センター(参照)の事かと思い、看護師がいても多くて数人(参照)だろう。
 それがいっぺんに辞めたと言っても、実数としてはそうでもないだろうし、騒ぎすぎなんじゃね?と思っていました。

 全然違いました。

 鳥取県立鳥取養護学校(鳥取市江津)の看護師6人全員が、5月下旬に一斉に辞職し、医療的ケアを必要とする児童生徒の一部が通学できなくなっていることが8日、県教委や同校への取材で分かった。
 県教委によると、同校に通う小学部から高等部まで76人のうち、たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアが必要な児童生徒は33人。同校は非常勤の看護師6人を配置して対応していたが、5月22日、全員が一斉に辞職を申し出た。
 看護師らは、吸引時間が遅れたことなどを理由に一部の保護者から厳しい指摘が繰り返しあったと説明しているという。
 入院中などの児童生徒を除き、医療的ケアを必要とする児童生徒のうち21人は保護者が付き添って登校しているが、9人は通えず、自宅や福祉施設のデイサービスで過ごしている。このうち訪問教育を希望する4人には、教員がデイサービス先で授業を行っている。
(看護師6人一斉辞職 県立鳥取養護学校・2015年6月9日)

 というか、どうももともと看護師が不足していたようなんですよね。

 鳥取県立鳥取養護学校(鳥取市)で、医療的ケアを担う看護師が不在になり、ケアの必要な児童生徒9人が通学できなくなっていることが分かった。以前から要員不足の事情があり、ケアの一部が遅れたことを保護者から批判された看護師6人全員が、一斉に辞職を申し出た。県教委は看護師の配置や相談体制の不備を認め、後任の人材確保を急いでいる。
 県教委が8日の県議会で報告した。同校には小学部から高等部までの児童生徒76人が在籍、うち33人がたんの吸引などのケアを必要とする。看護師6人は非常勤で、5月22日の授業終了後に全員が辞職の意向を伝えた。看護師の1人は、ケアが数分遅れたことについて、ある保護者から威圧的な言動を繰り返し受けたと訴え、他の5人も不安を募らせていたという。
 医療的ケアの必要な児童・生徒は現在、保護者同伴で登校するか、校外のデイサービス施設で教員の訪問授業を受けている。施設を利用せず家庭訪問を希望しない児童生徒4、5人が授業を受けられない状態という。
 野坂尚史校長は「本来は8人の看護師が必要。一刻も早く人材をを見つけたい」と話した。県教委は「医療的ケアを必要とする児童生徒が増え、看護師の体制が苦しかったとも聞いている。組織としての受け止めなどが不十分だった」と釈明。県看護協会などに派遣を要請中で、近く学校でのケアを再開する方針という。【小野まなみ、真下信幸】
(鳥取養護学校:看護師全員が一斉に辞職・2015年06月08日付毎日新聞)

 どうもこの保護者がモンスターペアレント呼ばわりされているようです(参照)が、看護師が不足していたのなら客観的に見て対応が遅れていたのは事実でしょう。
 現場の看護師に言っても仕方のない事を言ったとは思いますが・・・。

 そんな中、今回は日本プロバスケットボールリーグライジング福岡存続問題です。

 男子プロバスケットボールのTKbjリーグのライジング福岡が、国内リーグを統合して来年10月にスタートする新リーグへの参入を断念したことが明らかになった。10日付のチームの公式ホームページで発表した。
 新リーグ参入条件だった福岡県バスケットボール協会からの支援が得られなかったことが理由。チームの運営会社によると、協会側から「過去に支援した別のプロチームが途中でつぶれた経緯があり、プロ支援には慎重になる。ライジング福岡は、協会と協力せずに運営する方針だったはず」と説明を受けたという。
 三國直行社長は「非常に残念。これから経営的に苦しくなるかもしれないが、まずは、今年秋に開幕するbjリーグ最後のシーズンに向けて動いていきたい」と話した。
 ライジング福岡は2007年に設立。07~08年シーズンからbjリーグに参加し、12~13年シーズンには準優勝を飾った。
(ライジング福岡、新リーグ参入断念 プロバスケットボール [福岡県]・2015年06月11日付西日本新聞)


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

下関知的障害者虐待事件
 5月28日に全国放送された山口県下関市の障害者福祉サービス事業所での虐待。
 僕の職場でも朝から大いに話題になりました。



 放映された暴言や暴力の数々には、僕らもただ驚くばかり。
 障害者福祉従事者としてというより、人間としておかしいとの声が上がりました。

 どうやら4日に下関市の立ち入り調査を受けたようです。

山口県下関市の知的障害者の福祉施設で職員が利用者を虐待していた疑いがあるとして、下関市は4日、施設の立ち入り調査を行いましたが、そのきっかけとなった映像が入ったDVDの一部を、市の担当者がおよそ1年前に見ていたことが、関係者への取材で分かりました。このとき市は、明らかな虐待はないとして、立ち入り調査などの対応をとっていませんでした。
立ち入り調査を受けたのは、山口県下関市長府豊城町の知的障害者の自立を支援する福祉施設「大藤園」です。この施設の職員が利用者の顔を何度もたたいたり、暴言を吐いたりする映像があることが分かったため、下関市は4日、障害者総合支援法に基づいて立ち入り調査を行いました。
取材に対し、「大藤園」の****理事長は、4日、虐待の事実を認めたうえで、「虐待を行った職員は懲戒解雇する予定で、深くおわびします」と話しました。
この問題を巡り、下関市は去年4月、匿名の情報を受けて、聞き取り調査などを行いましたが、虐待の事実は確認できず、職員研修を促すなどの指導をしたと説明しています。しかし、今回の立ち入り調査のきっかけになった映像が入ったDVDの一部を、市の担当者が去年7月までに見ていたことが、関係者への取材で分かりました。
このとき市は立ち入り調査などの対応をとっておらず、担当者は取材に対し、「自分が見た場面では身体的な暴力などの明らかな虐待はないと判断した」と説明しています。虐待の疑いへの対応が結果として先送りされたことについて、下関市は「対応に問題はなかった」としています。
(知的障害者施設で虐待の疑い 山口・下関・2015年6月5日付日本放送協会)


 恐らく、「大藤園」の理事長ではなく、社会福祉法人開成会の理事長でしょうが・・・。


[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:現場職員のぼやき・悩み - ジャンル:福祉・ボランティア






当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。