湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


虐待問題 資格で解決できるのか
 ちょっと面白い記事を読みました。

 “ついに”と言うべきか、“やはり”と言うべきか……2月19日に狩野英孝と加藤紗里の破局報道を受け、一応の終息を迎えそうな “狩野英孝六股疑惑”。年明けより重大かつ濃厚なニュースが連発する中、なぜか当事者である狩野へのバッシングが少ないこの騒動。『白熱ライブビビット』(TBS系)のキャスター・国分太も、一連のSMAP問題では苦渋に満ちた表情で重いコメントを発していたが、今回は「安心して語れるニュース」と語ったように、確かに気楽に面白がれるネタではあった。なぜ狩野ばかりがモテるのか? なぜこのネット社会でバッシングを受けないのか? と素朴な疑問もわいてくる。

◆加藤の強烈なキャラと売名疑惑から、逆に世間は狩野擁護へと傾いた

 そもそも狩野が“イケメンキャラ”をウリにした芸人であったことは大きいだろう。「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」と臆面もなく言い放つ狩野に、視聴者はすでに“脱力”させられているのだ。今となっては過去の話だが、2月9日の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、元レースクイーンでモデルの加藤紗里との交際を認め、歌手・川本真琴とは「お別れしまして。今、新しく彼女と(つき合っている)」と二股を否定。複数の女性が狩野と交際してると名乗り出たことについて聞かれると、「事実なんですけど」とあっさり告白。「僕も尻の軽い男なんで。心当たりのある方、すみませんでした!」と頭を下げ、公開謝罪したのだ。
 こうなると、いさぎのよさでもイケメンぶりを見せつけたとも言え、スピードワゴン・井戸田潤は、「狩野は(自分で)イケメンって言っているくらいなので、モテないとしょうがないでしょ。いっぱいモテていいじゃない」とフォロー。オリエンタルラジオ・藤森慎吾も「素直に拍手したい」と言い、“チャラ男キャラ”を奪われても、「あれは英孝さんにしかできない」と“完敗宣言”までしたのである。あの梅沢富美男でさえ「彼は独身だから、遊んでもいいんだよ」と援護した。
 また今回は登場キャラが濃すぎて、狩野の浮気自体が霞んでしまった感もある。加藤紗里も無名だっただけに、逆にファーストインパクトが強烈で、ちょっとでも触れたら火傷するようなフェロモンがいっそう目立っていた。実際、先の『ロンドンハーツ』放送後、有吉弘行はラジオ番組『有吉弘行SUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、「俺は絡みたくないね」と本音を吐露。また『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ系)でも、番組の冒頭で司会の上沼恵美子が狩野に“公開説教”し、「開いた口がふさがらない」「(加藤は)ウソつきやで。売名行為やで」「こんな女、別れなさい」と厳しい言葉を浴びせたのだ。世間の批判の矛先も自然と加藤に向かったわけだが、破局した現在、狩野は加藤のおかげでバッシングを逃れたとも言え、加藤も知名度を上げることができたので、いわば“両成敗”といったところか。

◆交際相手が清純派タレントであれば、スキャンダルは命取り

 一連の騒動の発端となった川本真琴は、1996年に「愛の才能」でデビューすると一世を風靡。ショートカットでギターを弾きながら絶妙にエロい歌詞を歌う姿は、“ナチュラル”でかわいいと絶賛された。いずれにしろ、ふたりのうちのどちらか、六股のうち誰かに“国民的清純派アイドル”がいようものなら、狩野の“芸人生命”は終わっていた可能性もあったのだ。ベッキーの例を持ち出すまでもなく、普段から“清純”“清潔”のイメージをウリに活動する女性タレントであれば、“不倫”や“浮気”のスキャンダルは命取り。視聴者からの“裏切られた感”はまだしも、CM出演している場合は、契約解除や損害賠償訴訟にまで発展するおそれもある。当然、相手の男性にもダーティーなイメージがつき、その後の芸能活動にも多大な影響を及ぼすだろう。その点でも、狩野はラッキーだったと言えるかもしれない。
 さらにポイントとしては“タイミング”もあげられる。狩野は2014年に離婚し、独身。そして視聴者にとっても、ドロドロかつヘビーな事件が続いた合間だったというタイミング。『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも、松本人志が狩野問題に関しては「どうでもいい」と言い、芸能レポーターの井上公造氏も「箸休め」と称したが、実際視聴者のほうも、そろそろ安心して楽しめる“出来事”を欲していたようなタイミングだったのだ。だからこそ、騒動を必要以上にバカバカしくチープに捉えた結果、世間が逆に“バカ負け”したということなのかもしれない。
 また、狩野が以前から女好きの天然キャラであったことは皆が知るところで、狩野もそれを全面的に認めた上で謝罪した。そういった意味では、清純派で誰からも愛されるベッキーが、微妙な謝罪をしたことでかえって火に油を注いだことに比べると、まさに正反対の結果になったわけである。してみると、今回は芸人・狩野が普段から見せている“天然ぶり”が最大に功を奏したとも言えるだろう。芸能人は自分のイメージからブレないことがいかに大切かを思い知らされるが、たとえそれがどんなイメージであっても、本来の自分のキャラであるならば、あくまで正直に貫き通すところに“許され力”が働くのかもしれない。そういう意味では、“絶妙なタイミング”を持ち合わせている狩野だけに、今後も何かしらの話題を提供してくれることだろう。
(視聴者も“バカ負け”? 六股報道の狩野英孝はなぜ許されるか?)

 僕も結構失敗する方ですし、まあダメ人間ですが、結構色々許されてるなぁと思います。
 十数年前はそうではなく、何かすれば叩かれるって状態でした。

 「何をしたか」ではなく、「誰がしたか」が重要なんでしょうね。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:現場職員のぼやき・悩み - ジャンル:福祉・ボランティア

ジェノグラムとエコマップ
 福岡市交通局(福岡市営地下鉄)は、土日祝日に通常620円の一日乗車券が520円になっていたエコちかきっぷと、長期休暇中に子どもが100円で1日乗り放題になるちかまるきっぷ(参照参照)を廃止するそうです。
 その代わりに、大人2人までと子ども無制限が1日1000円で乗り放題になるファミリーきっぷ(仮称)を導入するそうです。

 また、隣駅までは100円としていたおとなりきっぷも廃止。
 その代わりに、隣駅までの乗車は通常200円のところ、ICカードはやかけん(関連関連)利用で100円分のポイントを還元するのだそうです。

 福岡市交通局は今秋にも、家族で利用できる1日乗車券「ファミリーきっぷ」(仮称)と65歳以上対象の全線定期券「ちかパス65」(同)を導入する。一方、小学生が長期休暇中に使えた1日乗車券「ちかまるきっぷ」と、大人が土日祝日に割安に使えた1日乗車券「エコちかきっぷ」は廃止する。
 ファミリーきっぷは、小学6年生以下の子どもがいる家庭が対象。1000円で大人は2人まで、子どもは人数制限なしで使える。子育て支援などが目的で、今秋から半年間で5万6000人の利用を想定している。
 ちかパス65は一般料金(月額1万2340円)の半額以下の6000円に設定した。半年で33万8000人の利用を見込む。70歳以上の高齢者と障がい者には、最高で年額1万2000円分の交通乗車券を交付している。
 また、隣駅まで100円の「おとなりきっぷ」は終了し、市地下鉄のICカード「はやかけん」で隣駅まで(200円)乗れば、月10回まで1乗車につき100円分をポイントで還元するシステムを創設する。市交通局は「はやかけんに独自サービスを求める声も多く、新サービスに移行することにした」と話している。【吉川雄策】
(福岡市交通局地下鉄、家族切符と65歳以上全線定期 今秋導入へ /福岡・2016年2月13日付毎日新聞福岡都市圏版)

 いやー。改悪ですよね。
 僕は通常、長期休暇中の休日に僕と子ども2人を連れて地下鉄に乗ります。
 今までだと、520円+100円+100円で720円だったのが、1000円です。
 夫婦で乗るか子どもが多ければいいのでしょうが、それだとシングル世帯は不利じゃないですか?

 それに、子どもは自分の切符を自分で持つってのが楽しいんじゃないでしょうかね。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : はやかけん(HAYAKAKEN)

テーマ:現場職員のぼやき・悩み - ジャンル:福祉・ボランティア

鈴木伸元 性犯罪者の頭の中 を読んだ
 育児休暇を取ると言っていた国会議員が不倫していた。
 そんなニュースが、先日NHKラジオから流れてきて、坂道発進の修羅場中に笑ってしまいました。

 自民党の****衆院議員(35)が地元・京都で女性タレント(34)と不倫・密会していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。1月30日、**議員は伏見区の自宅に東京から来た女性タレントを招き入れた。女性タレントは一泊した後に帰京した。
 この6日後の2月5日朝方、**氏の妻で同じく自民党の****衆院議員(37)が都内病院で無事男児を出産。**氏も出産に立ち会っている。
 **氏は昨年12月、自らの結婚式後の囲み取材で国会議員としては前代未聞の「育児休暇取得宣言」をぶち上げ、議論を巻き起こしていた。
「公職にある国会議員がプライベートを優先し、育休中も歳費が全額支払われるのはおかしい」といった批判も上がったが、**氏は「ここまで批判があるなら、絶対に折れるわけにはいかない。女性だけに産め、働け、育てろなんて不可能だ」(毎日新聞2月2日付)と反論。女性を中心に「子育ての在り方を考え直すよい機会になる」と期待の声も大きかった。
 週刊文春は**氏に電話で事実確認を求めたが、「いやいやいや。勘弁してくださいよ。どういう時期か分かってるでしょ!」と話し、一方的に電話を切った。**氏は女性タレントの名前すら知らないとトボケたが、電話の直後、女性タレントのブログやツイッターから2人が会っていた1月30日と31日の記述が削除された。
 妻だけでなく、男性の育休取得を応援するすべての人の期待を裏切ったイクメン政治家の“ゲス不倫”。**氏には、選良として責任ある対応が求められる。
(育休国会議員の“ゲス不倫”お相手は女性タレント・2016年02月09日付週刊文春)

 育児休暇の嫌いな方々(関連)は、きっと大喜びなんでしょうね。
 しかし、積極的に家事をやったり子煩悩だったりするのと浮気をするのって、理論的には両立可能なわけです。
 関係ないっちゃ関係ない(^_^;)

 セクハラ野次の被害者が、後に国会をサボって異性と旅行に行ったと非難された(関連)事もありましたし、恣意的な感じもしますね。

 ただし、国会議員は自分達の規則を自分達で作れる人達です。
 育休取ると喚く暇があったら、育休取れる仕組みを作ろうとすべきでは?


 さて、性犯罪被害者について、今まで何度か書いてきました(関連関連)。
 その一方で、性犯罪加害者は一体どういう人たちなのかという疑問も沸々と沸いてきました。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 事件 心理学

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体

石垣島鉄道
 以前、徳之島にあったトロッコについて書きました。
 徳之島に鉄道らしい鉄道はなかったようですが、南西諸島各地にはサトウキビ運搬鉄道などがかつて存在していた島がいくつかあるようです。

戦前には南大東島以外にも産業用鉄道が各地に多数存在したが、いずれも太平洋戦争末期までに消滅したと見られる。
沖縄本島では現在の西原町、嘉手納町、糸満市を中心とした地域にサトウキビ運搬鉄道が敷設され、このうち西原町のものは後の沖縄軌道の原型となっている。先島諸島では石垣島と宮古島にサトウキビ運搬鉄道があり、西表島の炭坑にもトロッコがあった。また、大東諸島では前述の南大東島のほか北大東島と沖大東島にリン鉱石運搬用のトロッコが存在した。
(沖縄県の鉄道 - Wikipedia)

 ん?石垣島にもあったんですか?
 今度所用で行くんですよ。石垣島。
 で、ちょっと調べてみました。

[READ MORE...]
にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用






当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。