湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


地デジ
 2011年7月24日になると、ウチのテレビは粗大ゴミになる予定です(参照)。言わずと知れたテレビの「地デジ」移行による地上波によるアナログテレビ放送終了(停波)によるものです。
 どうでもいいですが、この「地上デジタルテレビジョン放送」。以前は「地上波デジタルテレビ放送」と呼んでました。何で変わったのかねぇ。
 それはそれとして、どうして沢山の廃棄物を出してまでアナログをデジタルにするのでしょうか?
 一応、以下のような理由が言われているようです。(参照)

  1. 高画質

  2. 高音質

  3. データ放送

  4. 双方向サービス

  5. マルチ編成(SDTV×最大3番組)

  6. 移動体向け地上デジタルテレビジョン放送(ワンセグ)
  7. ノイズ及びゴーストのない映像

  8. 電波の利用効率向上

  9. 著作権管理機能(B-CAS)

  10. B-CASカードによる限定受信


 でも、高画質・高音質が本当に求められているならばVHSよりもベータが、MDよりもDATが普及したはずです。そんなのどーでもいいことです(関連)。
 データ放送や双方向サービスは、インターネットとの融合によって体験することは可能です。
 マルチ編成すると言ってもそんなにチャンネルが必要ならCSを契約すれば良いですし、移動体向け放送と言ってもアナログの携帯テレビだってあるわけですから、電池のもちが良いくらいの長所しかありません。
 ノイズやゴーストが少ないといいますが、逆に言うとアナログは電波が弱くてもおぼろげながら見えるのですが、デジタルでは電波が弱いとまったく見えないということです(参照)。
 電波の有効利用とか著作権保護とか限定受信というのは僕たち下々の者にとってはまったく関係のない話です。
 しかも、地上波デジタルテレビではデコードの手間がかかるから時報も見られない(参照)んですよ。利用価値がないじゃん。

 そういうわけで、2011年には20%くらいの家庭でテレビが見られない事態になると予想されている(参照)ようです。
 最近やっとアナログテレビにつなげば一応地上波デジタルテレビ放送が見られるチューナーの安いのがでたようですが、それでも19800円(参照)だそうです。いや、それだとアナログテレビ買えまんがな。
 まあ、この政策の裏テーマはみんなにばんばんテレビとビデオを買い換えてもらって景気回復ウハウハということらしいので安いチューナーは出ないかもしれませんね(あまりの評判の悪さに出すことにしたらしい)。

 まあ、20%も見られないんだったらどこかがチューナーを配るかもしれませんし延期されるかもしれません。
 もし、テレビが見られない事態になっても、それだけ仲間がいれば心強いです。
 これを言い訳にして、ウチからテレビを無くそうかな(^_^;)


【2008年11月6日追加】
 最近、アナログ放送の画面の隅に「アナログ」と表示したり、何やらコマーシャルをバンバン流したりとテレビ局も必死のようです。
 まあ、デジタルに移行せずにテレビを捨てる家庭が増えると受信料や広告料が減りますもんね。

 とりあえず、この項に書かれていないことを補足しておきます。
 まず、地上デジタル放送では、録画したら10回までしかコピーできないそうです。
 今までは、私的利用の範囲内であれば何千回コピーしようと自由だったのですが、制限ができたわけです。
 まあ、一時は1回までとか訳の分からないことを言っていましたから、それに比べりゃはるかにましです。
 普通の人は、10回で大丈夫でしょう。
 しかし、一般視聴者の権利を侵害しているのは紛れもない事実のようです。

 で、加えてB-CASカード(参照)なるわけの分からない代物をテレビに挿入しないと見られないようです。
 B-CASカードというのは、株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズなる会社(参照)なるわけの分からない会社が提供しているカードらしいです。
 でまた、この会社の所在地が秘密らしいのです(参照)。
 しかも、役員ポストはNHKの天下り先ときています(参照)。
 まあ、よく分からないのですが、色々批判があるカードのようです(参照参照参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 社会 環境 マスメディア

テーマ:新製品情報 家電・AV器機・周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント
地デジねぇ
鳴り物入りで騒いでますが、私にとってあまり良いことはないですな。

久留米は有数の電波混雑地域で、確かに混信がなくなるのは良いことなんですが、実質みられるチャンネル数も減ってしまいます。

少なくともウチでは福岡県と佐賀県の局がみれてて、再放送などのチャンスが多いのですが、それが減ってしまいます。

福岡県側は良いとしても佐賀県が地デジになるとサガテレビ1局しか民放が映らなくなってしまうんですよね。
確か徳島もそうなってしまうはずです。
県内の放送は誰も見なくなっちゃうんじゃないかな?

ビデオの録画なんかもかなり限定的になるし、制限、制限…で使いにくくなります。
【2006/11/07 07:54】 URL | やひ@久留米 #ADR/QmPY [ 編集]

何の意味があるのか・・・
 最近の政策の典型ですね。
 景気浮揚のために一般人のふところをあてにするという・・・。

 マスコミもそれが分かっているからごまかすために騒いでいるのでしょうね。

 まあ、僕個人としてはテレビなんか要らないから良いです。
【2006/11/07 09:52】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/10-0d8bd09e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。