湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


大分市も州都立候補・都市州構想再考
 道州制(と言うか、話題の州都論)について去年の夏ごろの記事を見つけました。
 大分市が、九州の州都に名乗りを上げていたようですね。

 大分市の釘宮磐市長は7日、将来的な道州制導入を見据え「道州制が導入された場合、九州の州都を目指す」との考えを初めて表明した。この日の市議会で、関連の質問が出たことを受け、報道陣の取材に答えた。
 市長は「大分市は災害が少ない。東日本大震災を教訓に、州都は都市機能が失われないようにしなければならない」と強調。「(道州制論議は進んでいないが)導入が決まれば手を挙げる。導入に向け、全国知事会に協議を進めるよう申し入れる」とも述べた。
 市議会では、市議の「州都を目指すのか」との質問に、市企画部長が「大分市は九州のほぼ中央にあり、一定程度の都市機能がある。資格十分と考えており、しかるべき時に意思表明したい」と答弁した。
(大分市「州都」目指す 市長、初表明・2011年7月8日付西日本新聞・参照参照)


<大事な事なので、2回言いましたよ>

 で、あまりに注目されていなかったからか(^_^;)、4月に再度市長が表明したようです。

 九州市長会長の釘宮磐・大分市長は、九州で道州制が実現した場合、大分市を州都にしたいとの考えを明らかにした。毎日新聞の取材に対し「大分は災害が少なく大規模災害で都市機能が失われる恐れが低い。(道州制の)実現段階になれば、州都候補に名乗りを上げる」と明言した。熊本県の蒲島郁夫知事も「熊本市を道州制の州都に」と意欲を見せており州都を巡るつばぜり合いが始まりそうだ。
 現段階はあくまで釘宮市長の構想で、庁内に推進チームなどはまだない。市長は州都について積極発信してこなかった理由を「道州制は、九州地方知事会が設立を目指す九州広域行政機構(仮称)の先にある話。自分は今、知事会と協議する市長会のまとめ役でもある」と語った。
 熊本市と比べ、大分市は九州新幹線は通っておらず、高速道整備も不十分だが、釘宮市長は「利便性の悪さは、州都を決める上で関係ない」。逆に州都になれば東九州道整備に弾みがつくとの目算もあるとみられる。
 九州地方知事会長の広瀬勝貞・大分県知事は毎日新聞の取材に「大分市の州都構想は耳に入っていなかった。そういう気持ちで頑張るのはいい」と評価しつつ、「州都がどうなるのかはもう少し大きな立場から考えてみないといけない」と述べるにとどめた。【土本匡孝、佐野優】
(道州制:大分市も州都名乗りへ 市長が明言、「災害少なさ」強調・2012年4月28日付毎日新聞西部朝刊)

 何だか、九州のどこも「災害の少なさ」を言ってるような気もしますが(^_^;)

 ですが、「利便性の悪さは、州都を決める上で関係ない」という一言は、州都は辺鄙なところの方がいいと主張する僕(参照)にとっては大きな援軍です(^_^;)

 まあ、釘宮市長にとってはご迷惑でしょうが(^_^;;;;;;;;;;)

<叩かれる福岡都市州>

 一方、その大分出身の高島宗一郎福岡市長は、唐突な都市州発言(参照)でちょっと浮き気味のようです。

 福岡、北九州、熊本の3政令市は、九州での道州制=九州府実現や大都市制度改革をにらみ、市長3人が27日に福岡市で会談する。3市による共同研究会も同日発足させる計画だが、現時点で3市は全く別の方向を向き始めており、会談前から着地点が見えない状況となってきた。3市が描く未来図に共通項は見いだせるのか。【関東晋慈、宍戸護、松田栄二郎】

 25日夕、福岡市の高島宗一郎市長は自身が描く「福岡都市州」の構想を語り始めた。「240万人の規模で成長戦略を考えていかなければならない。水道やゴミ事業などスケールメリットがあるものが既に動いている」
 九州府が実現したら、福岡市と8市8町の周辺自治体による福岡都市圏を「福岡都市州」とし、九州府から独立させようという構想だ。高島市長は、都市州に向けた前段階として、経済成長や観光振興などの面から福岡都市圏の結びつきを強める「メトロ福岡構想」も披露し「連携を強化し、県からの権限、財源移譲も進めて独立性を高める」と、九州のリーダー都市としての自負心をにじませた。
 しかし言葉の裏には、九州府が実現した場合、福岡市がその中でどう位置付けられるのかという危機感もある。極論すれば、道州制下では政令市は解体されて30万~40万人規模の自治体だけで構成する考え方も成り立つ。市幹部は「道州制論議を放っておいたら、福岡市は他の基礎自治体と同じ扱いになりかねない」と話した。
 北九州市の北橋健治市長は4月18日の記者会見で福岡市の「都市州」に対する感想を問われ、「これからの国づくりは廃県置州の方向を目指してはどうか。政令市の中では、特別自治市という構想がおおむね合意されている。(北九州市は特別自治市を)目指すべきだ」と述べた。
 北九州市は上下水道や一般廃棄物などで周辺市町との広域行政を重ねていくことで、九州府実現前に特別自治市になることを想定している。特別自治市として県から独立し、九州府実現時に、自治体としての存在感を示す考えだ。
 市幹部は「道州から出るというのが都市州。道州を進めている九州市長会からは何なの?となる。うちは都市州なんて話はしない。実績がベースになり、自治体間のつながりは深まっていくと考える」。福岡市への対抗心をあらわにした。
 一方、熊本市の幸山政史市長は25日の定例記者会見で、大都市制度に議論が集中することそのものを疑問視した。「大阪都がどうだ、特別自治市がどうだとか、200万~300万人の大都市が今の仕組みでいいのかという議論は道州制に直結する話ではない」と道州制実現を優先させる考えを示した。
 しかし同時に「今は九州が一つに向かうための議論が大切。州都争いになってはならない」とも発言。熊本県の蒲島郁夫知事は、熊本市を九州府の州都にしたい意向を示しており、知事と市長の間の合意形成も課題となりそうだ。
 3市の議論は27日以降に本格的に進むとみられるが、大都市制度や道州制が市民にどんなプラスとなるのかは、これからのようだ。
(話題:政令3市『同床異夢』/道州制…九州府の未来図は・2012年04月26日付毎日新聞)

 ただ、北橋北九州市長に関しては、自治体の圏域を広げる点については同意しているようです。

 北九州市の北橋健治市長は18日の記者会見で、福岡市の都市州構想について「一定の人口、規模がないと地域住民のニーズに応えるのは難しい面もある。圏域を広げるのは一つの方向性」と評した。そのうえで全国の政令市長でつくる指定都市市長会が道府県からの独立を提唱している「特別自治市構想」に触れ「(そちらを)目指すべきだ」と話した。
 一方、市内の3ごみ焼却工場と最終処分場で、放射性セシウムの濃度が検出できる限界値を下回ったことについては「基本的に安全安心の観点から重要なデータが確認できた」と述べた。【宍戸護】
(福岡都市州:福岡市の構想受け、北橋・北九州市長「特別自治市を目指す」 /福岡・2012年04月19日付毎日新聞北九州版)


<そもそも都市州と特別自治市の違いは?>

 不勉強だったので知りませんでしたが、特別自治市と都市州って明確に区別されてるんですね。

 福岡都市州は、道州制が九州で実現した場合、福岡市と周辺の8市8町を福岡都市圏として道州から独立させるという構想。道州と同等の権限や財源を持ち、経済政策や社会資本整備など大都市特有の課題に迅速に対応できるという。特別自治市は、道府県から大都市が権限、財源ともに独立し、道府県と同等にする制度。政令市で構成する指定都市市長会が提唱している。州都は、道州制実現時、その道州の「首都」的役割を持つ都市。人口や都市基盤が道州中、最大の都市とする必要はない。
(ことば:福岡都市州・特別自治市・州都・2012年04月26日付毎日新聞西部朝刊)

 州と同等の都市州。道府県と同等の特別自治市ということでしょうか。

<都市州は福岡市だけの構想ではない>

 ただ、都市州というのは福岡市だけの構想ではなく、「横浜・大阪・名古屋3市による大都市制度構想研究会」が2009(平成21)年2月に出した「日本を牽引する大都市―『都市州』創設による構造改革構想―」でも出ていて、「道州制においては、道州に包含されない大都市制度として、一般道州から独立した「都市州」制度を創設し、まずは我が国を代表する大都市である横浜、名古屋、大阪の3大都市に適用すべきである。」としています。
 この構想には、基本的に横浜、名古屋、大阪の3市について述べられていて、他の市に関する言及はありません。
 「まずは」と書いている以上、他の都市が追随することも想定されているのかもしれませんが、そこは一応避けています。

 で、高島福岡市長の構想に近い記述が他にもありました。

 また、大都市圏では大都市市域を越えた範囲において一定の機能的なまとまりをもつため、「都市州」には、大都市が主に現在の市域をもって単一市で独立する「単一都市州」と、都市圏として機能的なまとまりを形成し、近隣自治体と共に独立する「大都市圏州」とが考えられる。そのため、区域の再編(市町村合併)や新たな連携強化等を進めていくことも検討すべきである。
(日本を牽引する大都市―『都市州』創設による構造改革構想―)

 うーん。これ読んだんですかね(^_^;)

<今までの九州の議論>

 ちなみに、都市州的な発想は、九州地域戦略会議に対する道州制検討委員会の道州制に関する答申(参照)で退けられているようです。

(4)大都市の位置づけ
道州制下において九州が持続的に発展していくためには、大都市のポテンシャルを活かす視点が重要であり、現在の政令市・中核市・特例市といった大都市は、地域の発展に対する責任を担っていくことが期待される。しかし、この場合でも九州のこれらの都市は、一般の市町村と同様に道州に包括される基礎自治体として位置づけられるべきである。大都市が道州の行政権から独立して「都市州」として機能するような制度は、道州政府による地域の一体的経営という視点からは適当でないと考える。
(道州制に関する答申・平成18年10月24日付 九州における道州制への取り組み)

 道州制検討委員会の委員を見る限り、九州地方知事会と九州経済同友会(事務局)、九州経済連合会(事務局)、九州経営者協会、九州商工会議所連合会で構成されているようです。
 九州市長会の3人も加わっていますが、あくまでゲストという扱いです。

 政令市というのは、県にとって一体経営を阻む邪魔者という側面もあります。
 そういった発想で考えると、都市州というのは容認できない発想でしょう。

 ちなみに州都についても述べています。

(5)州都のあり方
九州の州都については、州都に求められる機能及び九州の地域づくりの方向性に照らし、九州全体の利益に資する州都はいかにあるべきかという視点に立って多面的、多角的な検討を行うことが必要である。
(道州制に関する答申・平成18年10月24日付 九州における道州制への取り組み)

 州都についてはあいまいですね。

 ただ、この構想は一応基礎自治体重視のようです。

市町村はさらに合併を進めて都道府県から権限と財源の移譲を受け、基礎自治体として住民サービスの大部分を担うようにするとともに、都道府県は広域的に再編して「道州」とし、広域自治体としてより専門的、広域的、戦略的な機能を担うことを基本とする新しい地方自治の姿を目指すことが必要である。
(道州制に関する答申・平成18年10月24日付 九州における道州制への取り組み)


住民サービスの大部分は基礎自治体である市町村が受け持つ。道州の役割は、市町村では対処できない事業など限定的なものにするほか、九州が一体となって取り組むべき事業を中心に分担する。
(道州制に関する答申・平成18年10月24日付 九州における道州制への取り組み)

 そう考えると、道州政府はコンパクトな物になるでしょう。
 州都だって、そんなに大げさなものにはならないはずです。

 一方で、平成21年10月14日に「九州府」構想推進研究委員会が出した九州府実現計画報告書にも面白い事が書いていました。

(4)基礎自治体の類型と地域の実情に応じた多様な施策の展開
九州府構想報告書では、九州府実現時における基礎自治体の役割について、「基礎自治体は、その固有事務として人口規模にかかわらず住民生活に直結するすべての事務事業を自己完結的に実施することを基本使命としている。」とし、現行の指定都市並みの権限・財源を移譲したうえで、自己完結的に担う事務の範囲、近接する都市との連携や府政府に委託するなど、事務事業の実施について、自治体規模に応じたモデルケースを設定している。
(九州府実現計画報告書・平成21年10月14日付「九州府」構想推進研究委員会)

 つまり、基礎自治体は一律政令指定都市レベルの権限と財源を移譲されるということのようです。
 「道州制論議を放っておいたら、福岡市は他の基礎自治体と同じ扱いになりかねない」というのはこの事でしょうか。

 ただ、その上で、単独で事務執行でき、他の自治体との連携や広域圏の中心になりうる「大都市型」。単独で事務執行ができ、連携の中心になれる「中核都市型」。単独で処理できない事務を連携でカバーする「連携都市型」。道州の補完によってカバーする「補完都市型」の4つに分けるそうで、一応の差はあります。
 加えて、「大都市型」の場合、「九州府と大都市が実施する施策を調整する仕組みなど大都市に係る制
度の構築を検討する必要がある」とされていて、

指定都市等の大都市は、大都市における行政需要に対応するために、九州府の担う事務のうち必要な事務を、権限や財源を前提に、執行することが考えられる。
(九州府実現計画報告書・平成21年10月14日付「九州府」構想推進研究委員会)

 と書かれています。
 しかしどの程度が市に移譲されるのかは謎です。

<福岡のくせに生意気だぞ!>

 こうしてみると、都市州って「我が国を代表する大都市」の物なんですね(^_^;)
 福岡市如きが目指すとなると、かなり軋轢がありそうです(^_^;)

 まあ、しかし、道州制がどうなるか分かりません。導入されるかもしれないし、されないかもしれない。
 されるにしても、どういう形になるのか分かりません。
 道州制が導入され、仮に都府県が廃止されたら、道府県レベルの特別自治市より都市州の方がシンプルかも知れません。
 色々な構想を出し合って、より良い仕組みができたらいいですね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 道州制 州都

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

お前みたいな田舎物に書かれたくない
【2012/06/05 20:24】 URL | たま #- [ 編集]

Re: あ
 元々都市州構想ってのは、「我が国を代表する大都市」が他の政令市と別格の仕組みを作るべくトリオを組んだもんだと記憶しています。
 それに福岡市が割って入るのは容易な事ではないでしょうし、「我が国を代表する大都市」の皆様が黙っていないでしょう(^_^;)
 田舎者だからこそ、そういった大都市の心の機微が分かるのではないかと思っています。

 でも、気を悪くしたならスミマセンm(_ _)m
【2012/06/06 10:52】 URL | 七篠 権兵衛 #- [ 編集]


政経分離とか言うけど、州都になった都市は大なり小なり必ず栄える
「都=大都会」というのが日本人の固定観念として存在するから
福岡市は平野が狭いのでもうパンク状態で、これ以上文字通り開発の余地が残ってないんだよ
州都は福岡市より少し南に位置する鳥栖・久留米一帯に置くべき
九州最大の筑紫平野の真ん中にあって、九州一の交通拠点でもある
【2013/09/18 19:08】 URL | 名無し #- [ 編集]

Re: タイトルなし
 州都が栄えないような形が理想的だというのが、僕の主張です。
 州都が栄える形であると、州都の立地の議論だけで道州制論議は終わってしまって実現は出来ないだろうと思います。
【2013/09/28 18:20】 URL | therapie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1013-31dc4fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。