湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


防炎化
 年に一度はやってくる、職場の消防点検。
 毎年毎年色々な事を言われます。

 最近厳しいのは、防炎化。
 カーテンやじゅうたんは防炎化しろと言われていますし、これから布団も防炎化した方が望ましいと言われています。
 でも、防炎カーテンや防炎じゅうたんって高くて質が悪いんですよね。
 少ない障害基礎年金の中から利用者さんが出さないといけないので、バカになりません。
 だから、うちの職場のカーテンなんかペラペラです。
 で、先日はこたつ布団を防炎化しろと言ってきました。

 こたつ布団なんて、元々燃えにくいと思うのですが・・・。

<防火対象物>

 で、その法的根拠を調べてみました。
 まず、僕の職場が防炎化しないといけないか調べます。

高層建築物若しくは地下街又は劇場、キャバレー、旅館、病院その他の政令で定める防火対象物において使用する防炎対象物品(どん帳、カーテン、展示用合板その他これらに類する物品で政令で定めるものをいう。以下同じ。)は、政令で定める基準以上の防炎性能を有するものでなければならない。
(消防法第八条の三第一項)

 防火対象物の分かりやすい表はこちら
 消防法施行令別表第一にあたるようです。
 うちは(六)のロに入りますね。

<何を防炎化しないといけないのか>

 では、その防火対象物の中の何を防炎化しないといけないのでしょうか?

法第八条の三第一項 の政令で定める物品は、カーテン、布製のブラインド、暗幕、じゆうたん等(じゆうたん、毛せんその他の床敷物で総務省令で定めるものをいう。次項において同じ。)、展示用の合板、どん帳その他舞台において使用する幕及び舞台において使用する大道具用の合板並びに工事用シートとする。
(消防法施行令第四条の三第三項)

 「じゅうたん」ってのがよく分からないので、更に詳しく調べてみます。

 令第四条の三第三項 の総務省令で定めるもの(以下「じゆうたん等」という。)は、次の各号に掲げるものとする。
一  じゆうたん(織りカーペット(だん通を除く。)をいう。)
二  毛せん(フェルトカーペットをいう。)
三  タフテッドカーペット、ニッテッドカーペット、フックドラッグ、接着カーペット及びニードルパンチカーペット
四  ござ
五  人工芝
六  合成樹脂製床シート
七  前各号に掲げるもののほか、床敷物のうち毛皮製床敷物、毛製だん通及びこれらに類するもの以外のもの
(消防法施行規則第四条の三第二項)

 七に注目。
 ほぼ全部じゃないか・・・。
 これではこたつ布団もそうですと言われたらそうですかと言うしかありません。

<防炎物品>

 では、どのような商品を買えばいいのでしょうか。

防炎対象物品又はその材料で前項の防炎性能を有するもの(以下この条において「防炎物品」という。)には、総務省令で定めるところにより、同項の防炎性能を有するものである旨の表示を附することができる。
(消防法第八条の三第二項)

 つまり、そういった表示の付いているものを買えばいいのです。
 ところが、この表示はどこぞに独占されているようなのです。

何人も、防炎対象物品又はその材料に、前項の規定により表示を附する場合及び工業標準化法 (昭和二十四年法律第百八十五号)その他政令で定める法律の規定により防炎対象物品又はその材料の防炎性能に関する表示で総務省令で定めるもの(以下この条において「指定表示」という。)を附する場合を除くほか、同項の表示又はこれと紛らわしい表示を附してはならない。
(消防法第八条の三第三項)

  まあ、前項で「表示を附することができる」とありましたから、防炎性能があって表示していない商品があれば安く買えるかもしれません。
 と思っていたら、そういう商品は売ってないようなのです。

防炎対象物品又はその材料は、第二項の表示又は指定表示が附されているものでなければ、防炎物品として販売し、又は販売のために陳列してはならない。
(消防法第八条の三第四項)

 防炎商品として販売できなければ一緒です。
 しかも、防炎処理したら必ず表示しないといけないようなのです。

第一項の防火対象物の関係者は、当該防火対象物において使用する防炎対象物品について、当該防炎対象物品若しくはその材料に同項の防炎性能を与えるための処理をさせ、又は第二項の表示若しくは指定表示が附されている生地その他の材料からカーテンその他の防炎対象物品を作製させたときは、総務省令で定めるところにより、その旨を明らかにしておかなければならない。
(消防法第八条の三第五項)

 どうもおかしい。
 この法律によれば、防炎物品は勝手に防炎だと言ってはいけないようです。

<やはり背後に天下りが>

 さらに調べると、財団法人日本防炎協会が出している防炎製品ラベルというのが「防炎性能を有するものである旨の表示」なのだそうです。
 この財団法人、やはり天下り批判されて(参照参照参照参照)います。

 そこで理事・監事名簿を見ると、常勤の理事長は元消防庁次長。
 常勤理事2人のうち常務理事は、前全国消防長会会長前東京消防庁消防総監です。
 また、非常勤理事13人のうち2人は東京理科大学総合研究機構教授(元消防庁国民保護部長)と元自治大臣官房付。
 監事2人のうち1人の非常勤監事は元消防庁消防研究所長になっています。

 ちなみに財団法人日本防炎協会役員給与規程によれば、理事長の給与は月額92万円。常務理事の給与は月額82万円。理事の給与は月額68万円になっています。
 理事の給与で障害基礎年金何か月分でしょうか。
 こういう人の給料を払うために、少ない年金からペラペラのカーテンを買わせているんですね。
 世の中上手くできています。

「お上(かみ)の事には間違いはございますまいから(参照)」

山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)
(2006/06)
森 鴎外

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:行財政改革 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1038-113a7b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。