湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


七夕伝説の心理学的考察の試みの序章の・・・・
 大学に入った頃、心理学的に遠距離恋愛は成就し難いと言われたことがあります。
 当時遠距離片思い中だった僕は、非常に反発したものでした。
 でも結局、反発しても仕方なかったんですけどね・・・。

 さて、日本で一番有名な遠距離恋愛と言えば、織姫と彦星でしょう。
 そうなってくると、七夕伝説は心理学の定説(?)に対する挑戦だと言えます。

 いや、古さから言うと、心理学が七夕に挑戦しているのか・・・。

<遠距離恋愛が不利だとされる根拠>

 それではまず、遠距離恋愛が不利だとされる根拠を見てみましょう。
 当時僕が言われたのは、単純接触効果と近接性の要因です。

<単純接触効果>

 ロバート・ザイアンス(Robert Boleslaw Zajonc,1923-2008)という心理学者が1960年代に言い出したのが、単純接触効果。
 繰り返し接触することによって好意度が増す(Zajonc,1968)(参照参照参照参照参照)という、極めて常識的な内容です。

 ただ、ザイアンス自体は、最初から好意を受けやすい刺激もある事も認めていて(参照)、更に最初に不快感を与えていると逆効果(参照参照)という別の研究もあるようです。

<近接性の要因>

 レオン・フェスティンガー(Leon Festinger,1919.5.8-1989.2.11)という心理学者とその一味が言い出したのが、近接性の要因。
 フェスティンガーは、既婚学生用アパートでの調査を行い、部屋の近さと好意度との間には相関があった事を明らかにしました(Festinger, L. and Back, K. 1950)(参照)。
 この事から、物理的距離が近いほど好意が増すとされています(参照参照参照参照参照)。

<ボッサードの法則>

 当時は知らなかったのですが、J.H.S.ボッサード(James Herbert Siward Bossard,1888-1960)が1932年に唱えたボッサードの法則という物もあるそうです。

アメリカの心理学者ボッサードが発見した法則で、「男女間の物理的な距離が近いほど心理的な距離は狭まる」というものである。婚約中のカップル5000組を調査したところ33パーセントが半径5ブロック以内に住んでいた。2人の距離が離れているほど結婚に辿り着く確率は低かったという。
逆に言えば、遠距離恋愛は成就しにくいことを示すものである。この法則を打ち破るには、頻繁に連絡をとる等して互いの心理的距離が遠くならないようにすることが必要である。
遠距離の恋人に会いに行くには時間と交通費というコストがかかり、その対価として楽しい時間が得られる。恋人と少しでもうまくいかないことがあるとその大きなコストに抵抗を感じるようになる。人は社会的交換理論に基づいて損得勘定をする傾向があるからである。
(出典 『心理学のすべてがわかる本』 深堀元文 2007年 日本実業出版社 88頁 ISBN 978-4534041821)
(遠距離恋愛)

 遠距離だと、ちょっとした行き違いで別れたりしますもんね。

<七夕伝説のおさらい>

 以上を踏まえ、七夕伝説のあらすじをおさらいしておきましょう。

 天の川の東に天帝の娘、織姫(織女)が住んでいました。
 機織の上手な働き者でしたが、年頃になったので天帝がお婿さんを探してあげました。
 その相手は彦星(牽牛・夏彦)。天の川の西で牛の世話をしている働き者でした。

 ところが結婚後、2人(織姫だけのせいにしている資料もあり)が仕事を疎かにするようになったので天帝は怒り、2人を天の川で隔ててしまいました(織姫を河西に戻したとも)。
 天帝は年に一度、7月7日だけ2人が会うのを許しました。
 7月7日になると、カササギが天の川に橋を架けて会うことができます。
 ただし、雨が降ると会うことができません。
(参照)


<考察>

 織姫と彦星は、年に1回しか会えないにもかかわらず、愛情を持続させています。
 この事は、一見すると前述の単純接触効果と近接性の要因に反するように見えます。

 しかし、7月7日以外の織姫と彦星は、それぞれ仕事に専念しているようです。
 つまり、他の異性と接触する機会がないのです。
 そのため、織姫は彦星以上、彦星は織姫以上に好意をもつ異性が現れないというのもあるのでしょう。
 織姫と彦星が結婚していて、心理的な縛りがあるのもあるのかもしれません。
 ボッサードの法則は、結婚に行き着くまでのものですからね。

 まあそれ以上に、心理学ってのはあくまで統計ですからね~。
 単純に例外だと言われればそれまでです。

<おまけ>

 七夕伝説は何とかアリかなと思いますが、1991年のドラマ、逢いたい時にあなたはいない・・・(参照)はもっと心理学的な困難を乗り越えています。

 このドラマでは、遠距離恋愛する男女に身近な異性が近づいてるようですから・・・。
 しかも、結婚していません。
 ちなみにこのドラマでは、遠距離恋愛が何とか続いたようです(参照)。
 まあ、最終回の後どうなったのかは分かりませんが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 恋愛 心理学

テーマ:心理学 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1046-539a7974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。