湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


都会の目
 福岡市(九州)が北朝鮮軍に占領されるという村上龍の小説半島を出よ下巻に、こういった文章があります。

放送でも何でも、東京は有利なんです、と小川は悔しそうな口調で言った。放送は、県内中継、管内中継、全国中継と分かれているんですね。管内というのは九州管内ということで、他に関東とか関西とか中国、四国などの管区というか、ブロックですね、それがあります。小学生が体験学習で有田焼の窯元を訪ねて、ろくろの実習をしましたというのが県内ニュースで、小学生が集団食中毒を起こしたとなると、だいたい九州管区で流れます。そして小学生が同級生を殺したとなると全国ニュースになります。ところが、関東の場合は、管内中継でも全国ニュースになるとですよ。たとえば、房総半島に弱い台風が近づいているとしますね。間違いなく関東は大騒ぎします。ニュースのトップで扱うもんやから、自然に全国に中継されます。わたしたち九州の人間は、台風天国の九州からすれば、屁みたいな台風のニュースをえんえんと見ることになるとです。
(村上龍 半島を出よ (下) P162)

 これは、NHK福岡放送局放送部報道統括の小川という人物のセリフです。

 最近、同様の記事を読みました。

 この1週間、どうにも違和感が抑えられないことがあるんです。まず、上野動物園のパンダの出産です。私、パンダは嫌いじゃありません。生まれたばかりのパンダは、毛の無いネズミみたいでちょっと気持ち悪いですが、全身に毛が生えそろって白黒模様がくっきり見えてきたころの赤ちゃんパンダは本当にかわいいです。
 でもね、この出産、全国紙の1面に写真入りで伝えるほどのニュースでしょうか? 週末に東京へ行く機会があったので、この素朴な疑問を口にしたら、こんな答えが返ってきました。
 「辛坊さん、日本で初の自然妊娠のパンダですよ。こんなにめでたい話はないじゃないですか!」
 これは間違いです。和歌山のアドベンチャーワールドでは、既に12頭のパンダが生まれていて、そのうちの多くが自然妊娠です。
 つまり日本初じゃなくて、単に東京初というだけなんですが、どうも関東に住む人たちは、東京初なら日本初だろうという思い込みがあるようなんですね。赤ちゃんパンダくらい白浜に行けばいつでも、それもムッチャかわいい双子が見られるのに、東京の人はそんなことも知らずに上野のパンダで大騒ぎ。とっても違和感があります。
 もう一つ、関東の人が「東京で当たり前のことは、日本中で当たり前」と思ってるんだなと感じたのは、地井武男さん逝去のニュースでした。地井さんが名優なのは言うまでもありません。昔のドラマの1シーンを見ただけでも、いかに素晴らしい俳優さんだったかは一目で分かります。
 でもね、逝去を報じた全国紙が一斉に「『ちい散歩』で愛された」なんて書くのは配慮がなさすぎです。朝日新聞の天声人語などは、この番組だけをメーンに一文書いてきました。
 関西の多くの人にとっては「『ちい散歩』って何?」って感じでしょう。だってこの番組、基本的に関東ローカルですからね。それなのに「東京で有名な番組は、全国でも当然有名なはずだ」という前提で話をするのは、傲慢だと思うんです。
 どうも東京で活動するメディア人や政治家は、あまりにも地方の事情に無関心すぎるような気がします。こんな意識で「地方分権」を考えられても、その先には絶対にホントの「分権」はないでしょう。
 こう考えると、橋下市長! まだまだ頑張る余地がありそうですよ。((株)大阪綜合研究所代表)
(東京初は日本初?パンダ騒動で感じた地方への無関心・2012年7月11日付スポーツ報知)

 確かに言いたいことは分かります。
 冒頭の小川のセリフは、九州の人間なら一度は思った事がある事かもしれません。
 また、パンダが現在上野動物園にしかいないような報道ぶりには正直違和感を覚えますし、辛坊さんの意見には同調せざるを得ない面もあります。
 僕は九州から出た事が無い由緒正しい地方人ですからね。

 しかし、東京のテレビがそうするのも無理ない話なのです。
 僕が鹿児島に住んでいた時、福岡で制作されている九州ブロックネットの某深夜番組は、鹿児島では役に立たない福岡の情報が大部分で不人気でした。
 その後、僕が鹿児島県の奄美地方に住んでいた時、台風報道が本格化するのは台風が去った後でした。
 奄美から台風が去り、鹿児島県本土に近づくとやっと報道されるのですから。
 特にテレビという物は、映像を入手しなければならない関係上、制作する放送局の近くのネタを多く使用する傾向があります。
 ですから、冒頭の小川も、大阪の放送局に勤めていた辛坊治郎さんも、東京の事を見て我が身を振り返らなければいけないのです。

 それに、「だってこの番組、基本的に関東ローカルですからね。」という言葉にも違和感があります。
 この、ちい散歩という番組は、テレビ朝日の他に青森朝日放送岩手朝日テレビ東日本放送秋田朝日放送山形テレビ福島放送新潟テレビ21長野朝日放送北日本放送北陸朝日放送山梨放送KBS京都愛媛朝日テレビ山口朝日放送九州朝日放送テレビ宮崎の16局で放送されていて、静岡朝日テレビでもスペシャルを放送した事があるのだそうです(参照)。
 これを関東ローカルというのは、逆に青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、長野県、富山県、石川県、山梨県、京都府、愛媛県、山口県、福岡県、宮崎県を無視している発想なのではないでしょうか。
 また、「関西の多くの人にとって」とあるが京都府はネットされているようですし。
 関東以外には、大阪以外の地域もたくさんあるのです。

 僕たちは、自分が無視されていると腹が立ちます。
 でも、自分だって同じように誰かを無視しているかもしれません。
 誰かに無視されたら、腹を立てるのと同時に自分を顧みた方が生産的な気がします。

 で、今日出した本。
 悪役(?)の描写が非常に細かいのは良かったです。
 東日本大震災を経験した我々には、この小説中の政府の対応は身につまされるものがあります。
 一方で、一般市民の描写が無いに等しく、福岡市外の九州の描写もほとんどありません。
 その辺リアリティに欠けるかなと感じます。 
半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る

半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1055-f7a90d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。