湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


証書がない資格(1) 児童指導員任用資格
 世の中には、資格の証書がない資格という物が存在します。
 例えば、大学で○○の単位を取っていたら××になれますよという類の△△任用資格というもの。
 これは、△△になるための要件なのですが、△△の仕事をしていなければ名乗れない資格です。

 僕も、社会福祉主事任用資格、心理判定員任用資格、児童指導員任用資格等(参照)を持っているようです。
 しかし、僕がこれらを取得したのは、大学の教育学部心理学科を卒業して所定の単位を取っていたためです。
 従って、これらの資格の免許状なんてものは持っていません。
 そもそもそんな免許状なんて存在していないようですし。

 では、それらの資格を持っていると証明できる書面はない物か。
 今回は、児童指導員を例にとって考えてみたいと思います。

 一般的に、児童指導員任用資格の取得要件は次のようにされています。

児童指導員任用資格の取得要件

  • 大学で福祉・社会・教育・心理のいずれかに関する学部・学科を卒業

  • 小学校・中学校・高等学校のいずれかの教諭の免許状取得(学校種・教科不問)

  • 厚生労働大臣指定の児童指導員養成校を卒業

  • 児童福祉施設での実務経験者(高卒以上2年、その他3年)


(児童指導員 - Wikipedia)

 1つ目は、福祉学部(学科)や社会学部(学科)や教育学部(学科)や心理学部(学科)の卒業証書や卒業証明書があれば証明できます。
 2つ目は、教育職員免許状で証明できます。
 3つ目は、児童指導員養成校の卒業証書や卒業証明書で証明できるでしょう。
 4つ目は、児童福祉施設での実務経験証明書のような物があれば証明できます。

 僕の場合、教育学部を卒業し、小学校教諭一種免許を持っています。
 ですから、卒業証書か教員免許状を出せばいいわけです。

 ところが、実際の厚生省令を見ると若干ややこしい事になっています。

第四十三条
 児童指導員は、次の各号のいずれかに該当する者でなければならない。
一 地方厚生局長等の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校その他の養成施設を卒業した者
二 社会福祉士の資格を有する者
三 精神保健福祉士の資格を有する者
四 学校教育法の規定による大学の学部で、社会福祉学、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者
五 学校教育法の規定による大学の学部で、社会福祉学、心理学、教育学又は社会学に関する科目の単位を優秀な成績で修得したことにより、同法第百二条第二項の規定により大学院への入学を認められた者
六 学校教育法の規定による大学院において、社会福祉学、心理学、教育学若しくは社会学を専攻する研究科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者
七 外国の大学において、社会福祉学、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者
八 学校教育法の規定による高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者、同法第九十条第二項の規定により大学への入学を認められた者若しくは通常の課程による十二年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣がこれと同等以上の資格を有すると認定した者であつて、二年以上児童福祉事業に従事したもの
九 学校教育法の規定により、小学校、中学校、高等学校又は中等教育学校の教諭となる資格を有する者であつて、都道府県知事が適当と認めたもの
十 三年以上児童福祉事業に従事した者であつて、都道府県知事が適当と認めたもの
(児童福祉施設の設備及び運営に関する基準)

 一は最初に出したうちの3つめでしょう。八と十は4つめにあたります。二と三は出ていませんでした。
 五、六、七は1つめに関連しますが、微妙に違います。
 問題は、僕に関連する四と八です。

 四は、この文言通りだとたとえば教育学部体育科等は除外されてしまいます。
 ですが、普通卒業証書なんかでも学科は書いてないでしょうし、学士(教育学)みたいになってるでしょうから、本当は体育が専門でもばれないのかも知れません。

 八は、この文言通りだと教員免許を取った上で都道府県知事が適当と認めなければならないように見えます。「資格を有する者」とあるのは、教員免許が更新制になったためでしょう。

 ただ、一般的には先に書いた通り「教育職員免許状に付随して取得できる資格」と見做されているようなのですが(参照参照)。
 また、このように書いているサイトもあります。

社会福祉主事同様、卒業証明書や成績証明書で確認されますので、特別な試験を受けたり資格証明書が発行されたりするものではありません。また、小・中・高いずれかの教員免許を取得していれば児童指導員任用資格の要件に該当します。
(児童指導員任用資格(愛媛県福祉人材センター))

 しかし、なぜ教員免許を取得していれば該当するのか、具体的な理由は見つかりませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福祉・医療系の資格 - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1068-12a24c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。