湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


入国管理局民営化?
 何でも、「平成元号出入国管理局」という名で新聞広告を出してビザを発行していた人がいたそうです。
 どうやら、「小泉構造改革」を真に受けて、民間でできることは民間でとばかりに強行設立したと謳っているそうです。


 日本に滞在する中国人が、「ビザの発行人」と称する日本人の男に偽物のビザを売りつけられる被害が相次いでいることがわかりました。警視庁もこうした事実を把握していて、情報収集を進めています。

 「総理大臣、国会申請済み。相談内容はビザや旅券問題」などとうたった新聞広告。ある中国人男性は、3年前にパスポートをなくし不法滞在となった時、ビザの再発行をこの広告主の男に依頼しました。

 「この紙は3万円。これ(旅券の印鑑)は4万円した」(中国人男性)

 しかし、「就職や滞在に有効なビザ」として売りつけられた紙などを男性が仕事先に提出すると、それは偽物だとわかったのです。強制送還される直前、男性は、男への怒りを口にしました。

 「だまされた。だまされなければ、このようなことにはならなかった」(中国人男性)

 問題の男は、自宅アパートを「出入国管理局」と称して客を集めていました。

 (何人分くらい発行した?)
 「数千人としか言えない」(自称「ビザ発行人」の男)

 これまでに数千人分のビザを発行したと語る男。それができるのはある理由からだといいます。
 「天皇陛下も総理大臣も友達だし」(自称「ビザ発行人」の男)

 これが男が売りつけている謎のビザです。入国管理局が発行していた証印とよく似ていますが、なぜか発行者の名前が変えられています。

 「これは犯罪ですね。公文書や公印偽造とか詐欺罪などが考えられる」(行政書士・古川峰光氏)

 (「偽ビザ」で手数料を?)
 「入管だってとっていますよ」
 (罪の意識はない?)
 「そりゃ誰だってあるでしょ。正確に言えば公文書偽造ですよ」(自称「ビザ発行人」の男)

 東京入国管理局などによりますと、この男がつくったビザを本物と信じて購入した中国人が摘発されたり、強制送還されたりするケースが相次いでいるということです。警視庁もこうした事実を把握していて、情報収集をすすめています。
(中国人に偽ビザ販売か、男の言い分は・24日付TBSテレビ)

 昔は「私は天皇だ!」と言う方が結構いたそうですが、この方はどこまで本気なのか分かりません。
 しかしこうやって騙された人もやっぱり強制送還されてしまうんですね。
 まあ、正規の所に申請に行かなかった理由があるにせよ、気の毒です。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 事件

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
「自主休講」とかわらん
金銭が絡むか絡まないかという違いはありますが、レベル的には大学時代の「自主休講」みたいなもんですね。
よく「自主休講」になっている人を見かけましたもん。
【2007/01/30 17:41】 URL | やひ@久留米 #ADR/QmPY [ 編集]

それとこれとは
 ま、まあ、「お前らは自由だ!」と言われてすることという点で似ていますね。
 僕も税務署を強行設立しようかな。
【2007/02/01 01:25】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/108-492b6520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。