湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


成功者は嫌なやつ
 知り合いが書いていたブログの一節に、このような文章がありました。

小田嶋さん平川さん内田さんなんかも私と同じように弱く苦しんでいるから、そうも言えるのだろうけど、どうしても才能のない平凡な私から見ればやはり成功して、オーバーアチーブメントした上での余裕のお説教に聞こえるのだ。だから、そもそも立派に成功している親を持つ一風堂の川原さんの「君等も夢を持てばいい!」と同じなんだな。資本主義に異議申し立てをし、壊すような素振りで…実のところ資本主義の維持を手助けしてる。
唯一スタンフォード大学でのジョブズさんの講演だけは「お前らには俺の真似はできない!」というあの突き放した態度が成功者に相応しいのじゃなかろうか?相当に嫌な奴だけど成功した人はああいう態度でいて欲しい。なぜなら、私にとって成功者はいやな奴だから。
(今を生きるって言ったって…改訂版・2012年8月29日Itoshima Diary)

 多分、この一節は知り合いの一番言いたかったことではありません。
 でも、2つの意味でこの一節は最近僕が考えている事と重なってきました。

 ひとつは、「成功者はいやな奴」という部分。
 もうひとつは、「君等も夢を持てばいい!」という部分。


<成功者はいやなやつ>

 確かに、僕にとっても成功者はいやなやつです。
 成功してない人を突き放しても共感しても、成功者はいやなやつだと思われます。
 突き放せば紛れもないいやなやつですし、共感してもなにか嫌味です。

 それは恐らく嫉妬と呼ばれるものなのでしょうが、嫉妬するなというのも成功者の都合のいい理屈です。
 嫉妬はだれにも止められません。

<でも万人が成功者>

 でも、多くの人は誰かにとっての成功者で、いやなやつなのです。

 8月30日に厚生労働省がある調査結果を発表したそうです(参照)。
 この調査は、平成22年社会保障を支える世代に関する意識等調査
 報告によれば、30歳代男性の非正規就業者の未婚割合は75.6%。正規就業者が30.7%(平均は38.3%)なのに比べると実に約2.5倍。
 女性は逆に非正規就業者が22.4%なのに対して正規就業者が46.5%(平均は23.9%)と約2倍。

 一般的には、安定した職に就くのは成功と見做され、結婚すると幸福になるとされます。
 この調査では、20~39歳の43.9%が「子どもが欲しい」と答え、「子どもは欲しくない」と答えた26.3%を上回っています。
 そうなると、子どもがいるというのも一種の成功なのでしょう。

 僕はいわゆるワーキングプアに近い収入ですが、数年前に正規雇用に切り替わっています。
 加えて通算2回結婚をし、通算3人の子どもがいます。

 つまり、僕は、成功者ともいえるのです。

 自分では成功者と思っていなくても、ある人にとっては成功者になる事があります。
 僕は以前ある地域活動に関わっていましたが、僕のやりたくてやっているわけではないポジションになりたがっている人がいました。
 あの人にとっては、あの頃の僕は成功者だったのでしょう。

 人は油断していると、成功者になってしまっているものなのです。
 誰かの心の中で・・・。

<「夢」は必要か?>

 最近、「夢」を歌った曲に違和感を覚えるようになりました。
 相変わらず、共感もしてるんですよ。
 でも、心の片隅に湧いてきた小さな疑問が徐々に大きくなっています。
 
 音楽をやっているプロは、一般的にミュージシャンを夢見て夢を叶えた人たちです。
 いわば、夢教の信者で夢のご利益を得た人たちです。

 でも、人生は様々です。
 特に目的意識もなく人生を過ごす人もいます。
 夢があっても力及ばず諦める人だっています。
 そういう人生は、否定されるべきなのでしょうか?

 社会的に声が大きい人たちは、夢を信じている人が多いです。
 ですが、その人たちの声だけで社会や世間が埋め尽くされてしまうのはどうなのでしょう。

 最近そんな事を思っています。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1091-1253514b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。