湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


冷泉小学校(博多小学校)跡地
 福岡商工会議所が、櫛田神社横の旧冷泉小学校(博多小学校)跡地活用を含む提言書を福岡市長あてに出したそうです。

 福岡商工会議所(末吉紀雄会頭)は18日、福岡市博多区の旧冷泉小学校跡地を活用した土産物販売施設や、国際会議などに対応した大規模コンベンション施設の整備など計16項目の提言書を同市の高島宗一郎市長に提出した。提言には、2019年の日本開催が決まったラグビー・ワールドカップ(W杯)の試合を福岡に招致することや、東区のアイランドシティ(人工島)に新たなコンテナターミナルを整備することなども盛り込んだ。
 末吉会頭は「観光を中心に、福岡に人が集まるような具体的な提案をまとめた。特にコンベンション施設が不足しているので、ぜひ大型施設をつくってほしい」と話した。
(旧冷泉小跡地 「観光活用を」 福岡商工会議所提言・2012年09月19日付西日本新聞経済電子版)

 土産物販売施設って、近くの「博多町家」ふるさと館はかた伝統工芸館を忘れてませんか?
 それに「大規模コンベンション施設の整備」って・・・。
 平日の福岡国際会議場に行けばそんな願いも吹き飛ぶと思うのですが・・・。

<博多小学校に統合された冷泉小学校>

 冷泉(れいぜん)小学校は1873(明治6)年に開校した小山(おやま)小学校が前身。
 幾多の変遷を経て1921(大正10)年に冷泉尋常小学校となり、1998(平成10)年に奈良屋小学校・御供所小学校・大浜小学校と統合して博多小学校になりました。
皇太子殿下御降誕記念碑
 余談ですが、冷泉小学校の前には皇太子殿下御降誕記念碑があります。
 昭和八年とありますから今上天皇(参照)の誕生を祝って建てられたのでしょう。

 その後校舎は博多小学校の仮校舎として活用されましたが、2001(平成13)年に旧奈良屋小学校跡地に完成した新校舎に移転。小学校としての役割を終えました(参照参照参照)。

<現在の跡地利用>

 冷泉小学校の跡地の一部には、2005(平成17)年度に知的障がい児通園施設JOYひこばえ(社会福祉法人福岡障害者文化事業協会)が入居。
 また、翌2006(平成18)年度には冷泉公民館といこいの家(参照)が完成しています。

 また、冷泉公民館跡地にははかた伝統工芸館が建てられました。
はかた伝統工芸館
 目の前に櫛田神社がり、近くには「博多町家」ふるさと館もある地の利を生かした活用方法でしょう。
櫛田神社
 まあ、伝統工芸館ははっきり言って狭いです。
 小学校校舎を活用して市立伝統工芸学校でも作って伝統工芸振興の拠点にでもしてくれればなぁとも思いますが、ランニングコストもありますしね~。

<一応計画は立てられている・・・らしい>

 ちなみに跡地利用については、2004(平成16)年に基本構想が策定されたようで(参照)、2007(平成19)年度に「既存校舎活用の方法検討」し、2008(平成20)年度以降に「既存校舎を活用した事業展開、基本構想の実現に向けた検討・調整」をする予定になっていたようです。
 「地域住民と共働で策定した旧冷泉小跡地活用基本構想に基づいて」とありますので(参照)、地域住民と考えている最中なのでしょう。

<その他の小学校の跡地利用>

 ちなみに旧御供所小学校跡地には2004(平成16)年特別支援学校博多高等学園ができましたが、土地の所有者である聖福寺に返還して2013(平成25)年4月大浜小学校跡地へ移転予定です(参照)。

 冷泉小学校跡地近くには、古いビルを利用したリノベーションミュージアム冷泉荘というものもあるそうです。
 跡地利用がどうなるにせよ、今あるものを生かした方法であってほしいと思います。

 そして、今後は舞鶴小学校大名小学校簀子小学校舞鶴中学校が舞鶴小の位置に統合されますので、大名小、簀子小、舞鶴中の跡地が空きます。
 舞鶴中は福岡城址の中なので舞鶴公園の一部になるのでしょうが、大名小、簀子小についても今あるものを生かしていってほしいと思います。
大名小学校に舞鶴小学校が同居している図
 舞鶴小跡地に新校舎を建てる関係上、今大名小には舞鶴小が入居しています(^_^;)

【2017年8月22日追記】

 大名小学校跡地関連はこちらにまとめました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1099-62d64919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。