湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


天神ビルは日本で2番目に高かった?
 先日仕事中に流れていたテレビで、福岡市中央区天神二丁目にある天神ビルが出ていました。
 何でも、1960(昭和35)年6月に完成した当時は日本で2番目に高いビルであったとか。
天神ビル
 その番組によると、天神ビルの高さは42m。
 航空法による天神地区の高さ制限が約70mという事なので(参照参照参照)、今では天神一ですらないのでしょうが。

<天神ビル>

 調べてみると、「1960年、当時日本で第2位の高さを誇る最新のビジネスセンターとして天神ビルは誕生しました。」と書いてある資料が見つかりました(参照)。
 天神ビルの階数は地上11階地下3階で延床面積は33,270.60㎡(参照)。
 ビル1階分には3.5mと4.5mにピークがあるそうなので(参照)とりあえず4mとすると44m。
 実際は42mという事なので大体合っているのですが、天神ビルの屋上には何やらわけのわからん大き目の建屋があります。
ちょっと写ってる天神ビル屋上の妙なもの
 あれを合わせるともうちょっと高いのかもしれません。

 ちなみにこの天神ビル。2年ほど前に開館50周年って事でお祝いしていました。
天神ビル50周年

 そもそもこのビルは九州電力子会社の電気ビルのもので、地下には変電所があるのだそう。
 天神地区の電力需要が増えてきたために旧東邦電力ビル(参照)を取り壊して地下に変電所があるオフィスビルを建てたという事らしいです。
 旧東邦電力ビルは大正期から昭和初期にかけては天神交差点に面した角に時計台があり、ランドマークとなっていたようです。
 戦後の写真を見ると時計台が無くなっていますので、戦災で失われたのかもしれません。
1956年の天神交差点(平和台球場跡地の看板より)

<なぜ高いビルがなかったのか>

 まあ、仮に天神ビルが日本で2番目に高かったとして、どうしてそれまでは高いビルがなかったのでしょうか?
 どうやら法律で制限されていたためのようです。

 1920(大正9)年12月1日に適用された市街地建築物法施行令によって、当時の六大都市(東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸)の建築物の高さは100尺(約30.303m)に制限されました。
 およそ9階。いわゆる百尺規制です。
 この規制は1926(大正15)年6月には全国41都市に拡大され、1931(昭和6)年には規制値を31m(102.3尺)に変更されたもののそのまま百尺規制は続きました。
 戦後1950(昭和25)年11月23日に建築基準法になってからも建築物の高さはそのまま31mに制限されていました。
 これらの規制が緩和されたのが1961(昭和36)年からだそうで、なぜその前年に42mのビルが建てられたのかは謎です。
 また、当時日本一高いビルが何だったのかもよく分かりません。

 ちなみに当時一番高かった建築物は国会議事堂(65m)だそうです(参照)。
 近代以前の建築物だと、姫路城大天守の高さは31.5m。石垣(14.85m)を合わせると46.35m(参照参照)になって天神ビルよりも高くなります。


<西日本ビル>

 この辺りのオフィスビルで一番の古株が西日本ビル
 こちらは1954(昭和29)年4月に完成したようです。
西日本ビル
 こちらは地上9階地下1階塔屋3階で延床面積6850.27㎡と書いています(参照)。
 9階建てなので恐らく「百尺規制」に沿った建物なのだと思います。

<福岡ビル>

 天神ビル完成の翌年、1961(昭和36)年12月に完成したのが福岡ビルです。
 こちらは地上10階地下3階とされています(参照)。
 ただ、見た目は9階建てに見え、10階部分はちょっと引っ込んだ形になっているように見えます。
 まさかこっそり隠して「百尺規制」を逃れたのでしょうか(^_^;)
福岡ビル
 1955(昭和30)年の火災によって焼失した天神町市場跡地(現福岡銀行本店)に複合ビルを建てる計画で1956(昭和31)年に地元財界が福岡ビル株式会社を設立。
 結局、その土地と旧橋口町の福岡銀行本店予定地(現福岡中央郵便局)と福岡郵便局・安田信託銀行の土地(現福岡ビル)を三角交換して1958(昭和33)年に着工したようです。
 建設中に資金の行きづまりで工事が中断したようですが、1961(昭和36)年12月に一応完成。総工費は25億円だったそうです。
福岡ビル(貫線側)
 このビルには西鉄本社も入っていますが、テナントの入居がうまくいかなかったので1962(昭和37)年に大名町(現西鉄グランドホテル)から移転したようです。
 翌1963(昭和38)年、福岡ビル株式会社は西鉄グループの九州土地興業に吸収され、西鉄地所に社名変更した後に1971(昭和46)年に西鉄本体に吸収されたようです(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1108-e8bd581a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。