湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


折尾駅舎年内に解体
 10月13日と14日に折尾駅で「ありがとう折尾駅舎」というイベントが開かれたようです。
 折尾駅開業は1891年。現在の駅舎は日本初の立体交差駅として1916年に完成しました。
折尾駅舎(資料映像)
 以来96年間親しまれてきた駅舎ですが、折尾地区総合整備事業の中の折尾駅周辺連続立体交差事業の一環として駅そのものが大改造されるのに伴って解体されることになりました。


 年内に駅舎の解体工事が始まるJR折尾駅に感謝するイベント「ありがとう折尾駅舎」のオープニング式典が13日、八幡西区の同駅前であり、新たな駅舎のデザイン案が発表された。1916年に完成した当時の外観を再現し、シンボルである待合室の化粧柱や円形ベンチなどを可能な限り活用する。
 式典には地元の自治会、学校関係者ら約100人が出席。デザイン案を発表した北九州市の北橋健治市長は「新しい中にも歴史と風格を備えた駅舎が生まれる。現在と同じようにみんなに親しまれるよう努力したい」とあいさつ。会場を訪れた若松区高須東2丁目の主婦岡本笑子さん(61)は「解体は寂しいけど、新しい駅舎を楽しみにしています」と話した。
 駅は1891年に開業した。現駅舎は日本初の立体交差駅として1916年11月に完成し、85年の改修工事を経て、現在の姿に。地域のシンボルとして愛されてきたが、鉄道の高架化などを理由に、北側に約50メートル離れた場所に建て替えることになった。新駅舎は2016年度に完成予定。
(折尾駅舎大正期の姿に デザイン案発表・2012年10月14日付西日本新聞)

 注目すべきは、「1916年に完成した当時の外観を再現し、シンボルである待合室の化粧柱や円形ベンチなどを可能な限り活用する」という部分。

 おりお未来21協議会が出していた従来の折尾駅舎保全・活用基本方針によれば、現在の折尾駅舎を「折尾の文化を大切にし、地域の人々が活用できる『生きた施設』として」、平成30年以降に南口駅前広場付近もしくは駅から南に500mほど離れた堀川沿いの歴史公園に複製保全することにしていました。
 その際は、「大正5年当時の外観で」「現存するシンボル的な部材を最大限に活かす」ということになっていました。
 どうやら、2月15日におりお未来21協議会が新駅舎として複製保全するように要望を出したようで(参照)、それに伴って10月13日に現駅舎として複製保全することになったようです。
 折尾駅舎の保全・活用に向けた基本的な考え方として以下の3点が挙げられています(参照)。

  • 構造や部材等の調査を行い、歴史資料とともに記録を整理・保存する。

  • 大正5年当時の駅舎の外観については、可能な限り再現する。

  • 駅舎のシンボル的な部材については、保存・復元を基本とする。


 折尾駅舎保全・活用基本方針によれば、「駅舎のシンボル的な部材」とは、「待合化粧柱、柱頂部の装飾金物、格子天井、待合円形ベンチ、開口部廻り装飾、棟飾り」等のようです。
 新折尾駅舎のデザイン案についてでは、化粧柱・円形ベンチ・装飾金物・棟飾りが例示されています。
 その他の部分が活用できないのは、恐らく構造として「法規に適合した建物」が要求されているからでしょう。

 まあ、駅舎は駅舎として生かされるのが一番でしょうから、こういった形で残るのはありがたい事だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1119-e6621770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。