湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


KLMオランダ航空がアムステルダム(スキポール)~福岡路線を開設
 KLMオランダ航空が、2013年4月3日からアムステルダム(スキポール空港)~福岡便を就航させるとか。
 毎週3往復で日、水、金はスキポール空港を14時40分に出て10時間40分かけて翌日15時5分に福岡に到着。
 月、木、土は福岡を10時25分に出て11時間40分かけて翌日8時20分にスキポールに到着するそうです。

 2013年4月3日は水曜日。
 したがってこの日はスキポール空港を出発する便なので、福岡発は翌4日が第一便となります。

<ガセネタじゃないの????>


 県とKLMオランダ航空(オランダ)は18日、福岡空港とアムステルダム・スキポール空港を結ぶ直行便の運航を、来年4月から始めると発表した。福岡-アムステルダム線は、福岡空港で初の欧州直行便となる。アジア・太平洋地域に20の海外路線を持つ福岡空港に欧州路線が加わることで、国際空港としての利便性がさらに高まることになる。県は欧州側と観光・ビジネス客の相互誘致を進めたい考え。
 直行便は、318人乗り(ビジネス35席、エコノミー283席)のボーイング777-200ER型を使用。週往復3便(福岡発は月、木、土曜日)で運航する予定で、所要時間は片道約12時間程度。福岡発は来年4月4日に就航する。スキポール空港は欧州有数のハブ(拠点)空港で、福岡側から到着した日のうちに欧州各地の主要都市へ乗り継ぐことができるという。
 県空港整備課によると、県は福岡市や地元経済界などと連携して、福岡・九州の市場規模や観光についてKLMオランダ航空側に情報提供するなど、路線誘致を働きかけていた。同課は「九州新幹線鹿児島ルートの全通により、九州・山口圏で福岡空港を活用する旅行需要は飛躍的に膨らんでいる。今後、欧州路線を積極的にPRし、利用客増に取り組みたい」と意気込む。
 この日、小川洋知事は「欧州路線が加わることで、福岡空港はますます便利になる。欧州直通便を通じ、福岡県、九州と欧州各地が観光やビジネスなど幅広い分野で、つながりが深まることを期待する」とのコメントを出した。
(福岡空港-アムステルダム 初の欧州直行便運航・2012年10月19日付 西日本新聞朝刊)

 嘘だと思って福岡県のサイトを見てみると、ちゃんと18日付で記者発表資料が掲載されていました。

 福岡県知事の喜びの声KLMの概要乗り継いで行けるヨーロッパの都市KLM側のニュースリリース(邦文)福岡空港の概要も掲載されています。

 福岡県側は、「昨年12月にKLMオランダ航空からの訪問を受けて、九州・福岡についての情報提供を行って」きたとした上で、「福岡空港事務所や福岡市、福岡空港ビルディング株式会社など関係機関と連携し、地元と一体となって路線就航を働きかけた結果」であるとしています(参照)。
 つまり、誘致したって事ですな。

福岡市内には名所なんてないぜ????>

 一方で、一部報道によると「福岡は日本で4番目に大きなヨーロッパ渡航のマーケットで、中心地から10分と便利な場所に空港が立地、1,600万人の国内線、国際線の利用者があること、福岡の歴史、文化的な名所」が就航の決め手であったとKLM側が言っている(参照)との事で、先のKLM側のニュースリリースにも似たような事が書かれています。

 しかし、「福岡市はまた、多くの歴史的、そして文化的名所の多い観光地としても有名(参照)」というのは地元民にしてみればいかにも嘘くさいというか嘘そのものです(関連)(^_^;)
 で、本当なのかKLMオランダ航空のサイトを見てみました。

 すると、18日付でKLM to launch scheduled service to Fukuokaという文書が出ています。
 確かに「Fukuoka is also a tourist destination with interesting cultural and historical highlights.(参照)」と書かれています。

 KLMよ。何か勘違いしてるか騙されてますよ・・・。
 まあ英文が「Fukuoka」で邦文訳が「福岡市」となっていますから訳がずれちゃっただけなんでしょうが(^_^;)伝潮見櫓

<長く続いてほしいけど・・・・>

 多くの報道では、福岡空港から「初の欧州直行便」と書かれていました。
 ですが、一部報道では「福岡とヨーロッパを結ぶ定期便が、20年ぶりに復活(参照)」と言っています。

 調べてみると、1975(昭和50)年4月にエールフランス航空が就航していたようです。
 ただし直行便ではなく、「パリ~アテネ~カラチ~北京~福岡~東京」というもので直行ではなく、1977(昭和52)年12月には終わっています。
 その後、1991(平成3)年7月にも英国航空が就航したようですが、これも「ロンドン~アンカレッジ~大阪~福岡」と直行ではなく、これまた1993(平成5)年10月に終わったようです(参照)。
 まあ、初の欧州直行便なのは間違いないようです。

 もっと言うと、KLM自体は今年3月1日に大韓航空とのコードシェアという形でソウル(仁川)便を、8月1日にはチャイナエアラインとのコードシェアという形で台北便を就航させてる(参照)との事です。

 しかし、過去の実績で考えると欧州路線は大体2年で撤退しているようです。
 果たして今回は勝算があるのか。
 何か難しそうな気がします・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1121-76fc21eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。