湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


駐輪場は3時間無料でも
 福岡でお馴染みの歩道駐輪場。関西では民間にやらせてる所があるそうですね。

 放置自転車台数が全国最多の大阪市で、民間企業が設置する歩道上の駐輪場が増えている。市がスペースを確保し、道路占用料を免除する全国でも珍しい手法で、今年度だけで約1440台分を増設し、現在約6460台分に上る。デザイン性を重視したスタイリッシュなタイプや、太陽光パネルを併設したエコ型もあり、官民挙げて汚名返上に躍起だ。
 繊維問屋が並ぶ同市中央区の市営地下鉄堺筋本町駅周辺。今年6月、歩道に計463台分の無人駐輪場がお目見えした。地面の金属製ラックに前輪を乗せると施錠される。30分以内は無料、24時間使っても150円で、平日は会社員らの通勤自転車でほぼ満車。近くのはんこ屋の男性従業員は「以前は店の前まで自転車が並び、邪魔だったが、駐輪場ができてから数が減って助かる」と話す。
 設置した建築設計会社「アーキエムズ」(京都市中京区)によると、精算機などを含めた整備費は約1億円。同社幹部は「この需要だと5年で回収できる」と自信をみせる。一部に太陽光パネルを設置し、駐輪場のLED照明の電力を賄うほか、災害時の非常用電力としても役立つという。
 また、同社が昨年7月、大阪市中央区の市営地下鉄淀屋橋駅周辺に設けた駐輪場は、白色とダークグレーで統一した。ビジネス街に合う都会的な外観に仕上げ、女性らの利用を促す狙いもある。
 歩道への駐輪が可能になったのは、07年1月の道路法施行令改正で駐輪器具の設置が許可されたためだ。市は08年度から、放置自転車が目立つキタやミナミで、設置・運営事業者の公募を始めた。管理する公道などを無償貸与する形をとり、電柱の設置時などにも徴収する占用料を免除。その代わりに、売り上げに応じた納付金を受けるようにし、事業者の進出を促進した。昨年度の収入は約1億円に上った。
 内閣府の調査(09年)では、大阪市の放置自転車台数は4万1987台。全国ワースト2位の横浜市(1万8237台)は「景観上好ましくないし、歩道のスペースも狭い」として歩道駐輪場の設置には消極的だ。近畿では、京都市が占用料を半額にして09年度から事業者の公募を始め、約820台分を整備。神戸市でも占用料を減免して、今月19日から事業者の公募を受け付け、来夏にも約310台分がオープンする。【小林慎】
(放置自転車:最多の大阪市 歩道に駐輪場誘致 好評・2012年11月10日付毎日新聞)

 最近、3年ぶりに原付(参照)に復帰しました。
 原付に乗っていない間に、原付界もいろいろ変化があったようです。

 駐輪場がないとこぼしていた(参照参照)博多駅周辺地区にもヨドバシカメラや博多駅前広場地下など駐輪場が増えていますし、短時間なら無料で停められるようになりました。

<原付も駐禁を取られるように>

 しかし驚いたのは、原付の駐車違反の取り締まりが行われるようになっていたという事。
 取り締まりをしている地域の店先に原付を置いていると、少しはみ出していただけで「確認標章」を貼られてしまいます。
 内容は以下のような物のようです。

駐車違反
速やかに移動してください。

この車は、“放置車両”であることを確認しました。
この車の使用者は、   公安委員会から放置違反金の納付を命ぜられることがあります。
なお、この標章が取り付けられた日の翌日から起算して30日以内に、この車を運転し駐車した者がこの違反について反則金の納付をした場合又は公訴を提起され、若しくは家庭裁判所の審判に付された場合は、この限りではありません。
(参照参照)

 2006年6月1日から施行された道路交通法(該当部分)で二輪車への取り締まりが厳しくなったようで(参照参照参照)、福岡にも波及してきたという事でしょうか。

 平成18年度は小倉北、中央、博多、早良の4警察署だけ放置車両確認事務の民間委託を行っていた(参照)ようですが、平成25年度には中央、博多、東、南、早良、筑紫野、小倉北、八幡西、門司、久留米の10警察署に拡大(参照)しているようです。
 まあ、民間委託した手前、四輪の駐車違反が減ったら二輪、原付へと、都心の駐車違反が減ったら周辺部へと広げていくのは最初から予期できていた事なのでしょう。

<「正直者」は得をしない制度>

 原付の場合、歩道に止めてある場合は問答無用で違反(参照)らしく、いつものように四輪車の規則をそのまま適応してるっぽいです。
 ちなみに反則金等は以下の通りです。





























駐停車禁止場所等駐車禁止場所等
大型自動車25000円21000円
普通自動車18000円15000円
自動二輪・原付10000円9000円
駐車違反(2点)(1点)
放置違反(3点)(2点)

 ところがこれ、また落とし穴があります。
 「確認標章」には、この後どうすべきかまったく書かれていません。問い合わせ先の警察署の電話番号が書かれているだけです。
 そこに電話をすると、最寄りの交番に出頭するように言われます。ここで正直に出頭してしまうとバカを見るのです。

 出頭すると違反切符を切られて違反歴と違反点数が付きます。その上、反則金の納付書を交付されます。
 しかし出頭しなければ、持ち主の所に「弁明通知書」と、「放置違反金」の仮納付書が郵送されてくるだけなのです。
 つまり、出頭すると反則金+減点で出頭しなければ反則金だけで済むのです(参照参照参照参照参照)。

 納付書が郵送されるのを待つように指示する「良心的な」警察署もあるようです。
 ちなみにこの取り締まりは、「悪質性も考慮されない(参照参照)」となっていて、「新制度においては、放置車両であることが確認できた車両については、駐車時間の長短にかかわらず、確認標章の取付け対象とする(参照)」とされているので、ほとんど弁明の余地がないようです(^_^;)


<交通取り締まりの理念と現実>

 元々、警察庁は1967年8月1日に「交通指導取締りにあたつては、いわゆる点数主義に堕した検挙のための検挙あるいは取締りやすいものだけを取締る安易な取締りに陥ることを避けるとともに、危険性の少ない軽微な違反に対しては、警告による指導を積極的に行うこととし、ことさら身を隠して取締りを行つたり、予防または制止すべきにもかかわらず、これを黙認してのち検挙したりすることのないよう留意すること。(参照参照)」という通達を出していたのだそうです。

 そして、この規制強化に合わせて2004年1月15日に「駐車規制は、交通の安全と円滑の確保という道路交通法の目的を達成するため有効な手段であるが、物流や交通参加者の利便に対して大きな影響を与えるものであることから、必要最小限の規制となるよう時間的・場所的に対象範囲をきめ細かく設定して実施しなければならない。」という通達が出たのだそうですが(参照参照参照参照)、福岡県において規制の解除ないしは緩和が行われたのは2.02%。
 九州・沖縄では沖縄に次ぐ低さのようです。

 その上で、このように言っています。

ア 取締り活動ガイドラインの策定、公表とそれに沿った取締りの推進悪質・危険性、迷惑性の高い違反を重点とした取締りを推進すべきことは今後も同様であるが、新制度においては、確認事務の民間委託に伴い、駐車違反取締りのハリを付けた取締りを推進する必要がある。そこで、確認事務の民間委託を行う警察署については、重点的に取締りを行う場所、時間帯などを定めたガイドラインを策定、公表することとし、当該ガイドラインに沿った取締りを推進すること。
また、民間委託を行わない警察署にあっても、当該警察署管内における違法駐車の実態にかんがみ、ガイドラインを策定して取締りの重点場所、時間帯などを公表することが適当と考えられる警察署については、これを策定すること。
(参照)

 福岡県警の駐車監視員活動ガイドラインはこちら
 全国に関してはこちらこちら

 福岡市内でも、博多駅周辺の他に中央区天神や早良区西新でも駐輪場の整備が進んできました。しかも、駐輪2、3時間無料が定着してきています。
 後払い形式の駐輪場(警固公園・きらめき通り・市役所・西新プラザ等)はもちろん、先払い形式の駐輪場(西鉄福岡駅地下等)は後で払い戻してくれるようになっています。

 ただし、西新駅駐輪場は3時間無料と表示している先払い形式ですが、事前に無料利用と言っておかないと払い戻ししてくれないので注意が必要です。

 しかし、福岡市東区香椎周辺や南区大橋周辺などは駐輪場の整備が遅れています。
 公共の駐輪場は駅の駐輪場くらいで、特に大橋は余裕がないように見えます。

 警察庁はこのように言っています。

(2) 駐車規制の見直しと駐車場整備の働き掛けについて
良好な駐車秩序の確立のためには、新制度による取締りの推進とともに、適正な駐車規制の実施及び駐車スペースの確保を合わせて推進する必要がある。そこで、駐車規制について、今後も不断の見直しを継続して、規制の合理性を確保すること。
また、地域の駐車需要に応じた駐車スペースを確保するため、地方公共団体、駐車場事業者等に対し、路外駐車施設の整備のほか、料金体系・システムの見直しその他既存駐車施設の利用促進策の実施を働き掛けるなどの対策を推進すること。
(参照)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 福岡市政

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1131-562b421d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。