湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡の知名度
 まずは古賀市のニュースから。

 2010年の福岡県古賀市長選で初当選した竹下司津男市長(44)が告示前に公表した経歴が偽っていると指摘された問題で、福岡地検は27日、公選法違反(虚偽事項の公表)容疑で書類送検された竹下市長を不起訴処分(嫌疑不十分)にしたと明らかにした。
 地検は「犯行を立証するだけの証拠が得られなかった」と説明している。処分は20日付。
 竹下市長は10年8月の立候補表明の記者会見で肩書を会社社長と説明したが、その会社は3年前に閉鎖登記されているとして、市長選で落選した前市長の支持者らが県警に告発していた。
(経歴詐称問題 古賀市長を不起訴処分 福岡地検・2012年11月28日付 西日本新聞朝刊)

 かなり時間がかかりましたが、結局不起訴処分になったようです。

 と、書いてみても、福岡県古賀市ってナンジャラホイって方が大部分でしょう。
 今回は、それよりちょっと広く福岡の知名度について考えてみます。

 昔、KBCという福岡のラジオ局にPAO〜N ぼくらラジオ異星人という人気番組があったと思いねえ。
 今調べたら、下関出身の田村淳さんも聞いていたとか(参照)。

 恐らく1986年前後だったと思いますが、ある夜その番組内で関西方面の方の葉書が読まれたことがありました。
「福岡と言われても関西人は九州の田舎町という意識しかない。姫路と同じような感覚だ。」
といった内容だったと思います。
 パーソナリティが怒ってたの怒ってなかったのって。

 でも、パーソナリティは多分福岡県出身じゃないんですけどね。

 普通そういった事はわざわざ相手に言わないよな~。と印象に残っています。

 今にして思えば姫路市民にも失礼な葉書です。
 まあ、姫路の人は福岡のラジオ番組なんて絶対に聞いてないでしょうが(^_^;)


 今にして思えば、そんな怒るような投稿なら読まなければいいわけです。
 ある意味、制作者に乗せられたかなと今にしてみれば思います。

 しかし、成人していろいろ知ると福岡というのは案外知名度が低い。
 ネットの知り合いなどと話していると、関東の人は福島県と混同し、関西の人は福井県と混同していたりします。
 これは、国鉄JRの駅が博多だったりするのもあるかもしれません。
 案外、博多の方が分かりやすいのかもしれません。

 そもそも本州の人は、九州をみんな一緒くたにしてますからね。
 九州はひとつじゃない。九州はひとつひとつです。
 僕もオホーツク海の流氷の記事を見て札幌の友人の心配をしたりするんで、その辺贅沢は言いませんが(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 福岡市

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1148-5ddc7dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。