湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡市の人口が150万人を突破(2)
 区役所に、「福岡市の人口が150万人を突破しました」という横断幕と幟旗が出ていました。
 しかし、前回も書きましたがそんなに喜ぶことなのでしょうか?


<福岡市は住みやすいか?>

 そんな中、毎日新聞が面白い記事を載せているのをYahoo!で見かけました。

 福岡市の推計人口が150万人を超えた。同市は2010年以降、政令市の中では人口の増加率と増加数が共に最大。34年のピーク時には約160万6300人になる見通しだ。しかし、増える人口は課題も生む。福岡市は雇用格差や治安悪化などの問題を抱え、周辺自治体では人口流出が加速する。九州・山口に福岡市一極集中はプラスかマイナスか。【下原知広】

 「福岡は九州全体の堰(せき)になっており、福岡がなければ関東や関西に人が出る可能性がある」。推計人口150万人突破は5月1日。人口増は、経済力、都市の魅力のバロメーターとも言える。同13日の福岡市役所での定例記者会見で高島宗一郎市長は、3〜4年後に神戸市を抜き政令市で5番目の人口規模となる意欲を示した。
 福岡市の人口増は単純に見ると、九州・沖縄からの転入が多いためだ。福岡県がまとめた11年10月〜12年9月の福岡市への転入は約7万9000人。その6割近くが九州・沖縄からだった。特に転入が転出を上回る転入超過は15〜24歳の層に多く、超過部分の8割近い。大学や第3次産業が集積するため、進学や就職で移住するケースが多いのだろう。
 「海も近く山もあるし、交通の便が良く、天神で買い物もできるので住みやすい」。市出身のフリーターの男性(22)は福岡市の魅力を語った。しかし、昨年3月に長崎県大村市から移住したネイリストの女性(22)は少し違う。「物があふれ、商業施設が密集しているけど、お金がないと楽しくない。みんなどうやって生活しているのだろう」。今年3月に那覇市から来た美容師の女性(20)は「夜は治安が悪い。自転車も多くて怖い」。
 国勢調査から福岡市の15歳以上の被雇用者に占める非正規雇用の割合を見ると、00年の約15%(約7万6180人)が、10年には約36%(約18万8000人)に。福岡労働局は「福岡市はパート労働者が多い。若年労働者が失業状態で移住してくる場合が少なくない」とみる。
 また、市内の刑法犯認知件数(10年)は人口1000人当たり19・08と政令市では大阪、名古屋に次いでワースト3位。福岡市は「認知件数は減っているが政令市の中では厳しい状態だ」。打開策はなかなか見えない。
 福岡市の5月1日現在の推計人口が150万人を突破したことが10日、市関係者への取材で分かった。政令指定都市では5番目の神戸市(4月現在、約154万人)に迫る勢いだ。
 市関係者によると、福岡市の4月1日現在の推計人口は149万4978人。4月の出生と死亡、転出入のデータを加えると5022人を上回る増加が、4月末段階から見込まれていた。5月1日現在の推計人口は週明けにも発表する。
 同市の人口は戦前の1942年には約36万人だったが、戦時中の戦死や疎開で45年には約25万人にまで減少。その後46年からは一貫して増加し、75年に100万人を突破した。九州各地から移り住む人が多く、2005年には140万人を超え、11年6月には京都市を抜いて政令市では6番目の規模となっていた。
 同年3月の東日本大震災後には、子育て世代を中心に福岡市に移住する人が増え、11年は東京圏と福岡市との間の人口移動が15年ぶりに福岡側への転入超過となる現象も起きた。市は「人口減少社会の中での増加は元気の象徴。住みやすい都市として改めてアピールする機会にしたい」としている。【木下武】
(福岡市:150万人突破 「夜の治安が悪くて怖い」「お金ないと楽しくない」…新たな課題・2013年06月09日付毎日新聞)

 コメントが非常に主観的で問題があるように思えますが、福岡県の犯罪が多いのは何度も書いている通り事実。
 福岡県内の暴力団抗争は、日本国内にしては激しい(参照)ですし、飲酒運転事故(参照)や性犯罪(参照)の件数も高いレベルで推移しています。

<福岡市はパート労働者が多いのか?>

 それでは、そのほかの項目を見てみます。
 この記事中で福岡労働局は「福岡市はパート労働者が多い。若年労働者が失業状態で移住してくる場合が少なくない」とコメントしています。
 まず、「福岡市はパート労働者が多い」というのは本当なのでしょうか?
 福岡市の平成22年国勢調査 産業等基本集計結果の要約によれば、役員を除く全雇用者のうち「正規の職員・従業員」が63.7%で「パート・アルバイト・その他」は32.4%だそうです。
 ちなみに男性は「正規の職員・従業員」が80.6%で最も多く、女性は「パート・アルバイト・その他」が48.7%で最も多いそうです(参照)。

 全国的には、「正規の職員・従業員」が65.8%、「パート・アルバイト・その他」30.9%だそうなので、確かに若干パートやアルバイト雇用の人が全国平均より多いようです(参照参照)。

 ちなみに全国的には、男性の「正規の職員・従業員」が82.3%、「パート・アルバイト・その他」が15.2%。
 女性の「正規の職員・従業員」が45.4%、「パート・アルバイト・その他」50.3%だそうです(参照参照)。
 ただし、男性の「正規の職員・従業員」が64.2%。「パート・アルバイト・その他」が11.9%。
 女性の「パート・アルバイト・その他」が42.4%で「正規の職員・従業員」が38.3%と書いている資料もありました(参照)。
 「職業等基本集計結果」で見ているそうなので、そこで違いが出るんでしょうね。
 しかし、そんな事でこれだけ差が出るというのもどうも・・・(^_^;)


<失業状態での流入は良くないのか?>

 それでは、「若年労働者が失業状態で移住してくる場合が少なくない」というのは本当なのでしょうか?
 一般的には、進学先や就職先がたまたま福岡にあるから転入するケースが多いように思います。
 しかし昨今の不況。地元に仕事がなく、福岡ならば仕事があるかもという予測を胸にやってくる人もひょっとしたらいるかもしれません。

 そもそも、転入者のうちで仕事が決まっていない人数を調べた統計はありません。
 ですから、どのくらいの人が「失業状態で移住してくる」のか把握するのも、その数を他地域と比較するのも不可能なのです。

 とは言え、若年層に限った話ではありませんが、確かに求職するために他地域から福岡市に転入してくる人もいるようです(参照)。
 しかし、1990年から2000年にかけての福岡市は、人口も雇用も失業も増えていたのだということです。
 特に、全産業就業者増減率は主要都市中ではかなり高かったようです(参照)。
 今後どうなるのかは不明ですし、あくまで統計上の事でしょうが、1990年から2000年までは、「若年労働者が失業状態で移住してくる場合が少なくな」くても問題は少なかったのでしょう。

 この研究者は、「都市の盛衰(端的には都市圏人口社会増減) の要因として, 就労機会の増減は重要である。しかし高齢者やフリーターを含めた非就業者人口の流出入も実は重要である」としています。
 たとえ就業していなくても消費はするわけで、消費をすれば雇用も生まれるというものでしょう。
 しかしそうなると、人口が増えていると、問題が隠蔽されてしまう可能性があります。
 いくら今人口が増えていたからとしても、未来永劫人口が増え続けるわけでもありません。人口増だけに頼っていると、いつかは破たんしてしまいそうな気がします。

 それに、都市部の人口増は後背地からの流入が結構な割合を占めます。
 いわゆるストロー化というやつです。
 つまり、人口が増え続けるという事は、後背地の人口が減り続けるということに繋がってきます。
 そうなると後背地の活力が失われる可能性があります。
 もし、後背地の活力が失われたら、都市部の成長も止まるでしょう。
 人口増に頼らない経済を作っていかなければならないような気がします。

<福岡市はお金がないと楽しくないのか?>

 僕が個人的に気になったのは、「物があふれ、商業施設が密集しているけど、お金がないと楽しくない。みんなどうやって生活しているのだろう」というコメントです。

 僕は、10年ほど前にある離島から福岡に帰ってフリーターになりました。
 知り合った仲間が良かったのか、お金をかけない遊びをいろいろやりました。
 自分たちで映画製作の真似事をしたり、中心部の警固公園に集まっているパフォーマーを見に行ったり、歓楽街の中洲で歌っている友達に会いに行ったり、青年センターの祭りに行ったり・・・。
 お金がかかるかどうかは、周囲にいる友だちによるような気がします。

<女性の場合は犯罪の多さもネック>

 しかし、そういったお金がなくても楽しめる友人がいたとしても、別の問題も出てきます。
 それは、犯罪の多さ(参照)。
 仕事が終わった後、お金をかけずに楽しめる場所があるとは言っても、これでは二の足を踏む人も出てくるかもしれません。
 性犯罪が多い(参照)という事もあり、特に女性にとっては気になる問題でしょう。

 家に帰って、長崎よりは多い民放テレビや民放ラジオを楽しむしかないという事になりかねません。
 こういった点でも、犯罪の抑止は大きな課題でしょう。

<身近な公共施設が少ない>

 その他にも、福岡市はお金がかかるんじゃないかなと思うものがあります。
 それは、図書館などの公共施設が身近にないという事。

 以前書きましたが、福岡市には児童館が1つしかありません。
 それよりましですが、図書館は自称人口150万人に対して福岡市総合図書館を含む11館(参照)。
 北九州市は17館あるようなので負けていますが、政令指定都市の中ではずば抜けて悪いというわけではありません(参照)。
 ちなみに日本全体として、10万人当たりの図書館数は2.16館(参照)らしいので、約13万人に1館ですから平均を下回っている事になります。

 日本の市町村のうち5割近くには図書館がありませんが(参照)、図書館の相互利用を実施している福岡都市圏広域行政推進協議会加盟の19市町(参照)には、すべて図書館があります(参照)。
 そうなると、(蔵書数や図書館までの距離の問題等はありますが)小規模な市町村に住んだ方が(図書館を使うには)便利という事になります。

 日本の公立図書館は、図書館1館当りの人口が多く、可住地面積も広い(参照)そうです。
 前者は都市部に当てはまり、後者はそうでない場所に当てはまるのでしょう。

 まあ、万人が図書館を使うわけではないと思いますが、地域の楽しめる公共の場所の整備が発展途上のような感じがします。
 最近できた公園も多いですし。
 今後、もっと無料で楽しめる場所が増えたらいいな。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 福岡市政

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1150-31e41546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。