湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


北九州市長選挙でも民主勝利
 福岡市長選で民主新人現職を破った福岡県ですが、今度は北九州市長選です。
 何でも、また民主党の北橋健治氏が柴田高博氏、三輪俊和を破って当選したそうです(参照)。

 柴田氏の応援には、音楽プロデューサーのつんく♂氏(参照)が飯田圭織(参照)、矢口真里(参照)両氏を引き連れて訪れた(参照参照参照)のだそうで、少し話題になっていたようです。
 そういえば、公費でファッションアドバイザーが付いていることでもお馴染みのファーストレディ安倍昭恵(参照)氏も投入していましたね。

 このことについて、産む機械発言の影響を言う人がいますが微妙ですよね。
 北九州市長選挙では、この件に関してあまり争っていなかったようです。まあ、北橋氏の方が知名度ありますしね。
 その反対に、愛知県知事選挙ではこの件でかなり責めていた民主新人は自民現職に敗れているようです(参照)。
 ただ、愛知も予想以上の接戦であったそうで(参照)、共産党がいなければ民主系が勝っていたようです。
 発言の影響は多少はあったと見るのが妥当でしょう。

 この1勝1敗という結果、非常に微妙です。
 自民党の中川幹事長は、「今回の選挙結果は、補正予算審議をボイコットした野党戦術の失敗を意味します」と述べ、柳沢大臣も辞任しないとコメントしているようです。
 一方で、参院自民党幹部は「これでは参院選は戦えない。柳沢厚労相は辞めるべきだ」と話しているそうです(参照)。

 つまりはどうとでも解釈できるわけで、単純に負けるよりも意見が分かれるだけ始末が悪いわけです。
 このままでは安倍内閣の求心力は更に失われるでしょう。
 そうなるとますます政策等も精彩を欠く結果になるわけで、ヤバい状況が近づいているような気がします。

 しかし何で安倍昭恵氏とつんく氏なんですかね?
 安倍氏は演説中に「(柴田氏を)よく知りませんけど」とか言ってたみたいだし(真紀子か!)。まあ、隣の下関だから分からないでもないけど。
 つんく氏の配偶者が宗像市出身で某大企業の創業家と同じ苗字で、宗像出身のその苗字の方は親戚だと思われるという話(参照参照参照参照)はありますが、どうもよく分かりません。
 ま、ご本人には大変失礼ですが、人寄せパンダに頼るのにも限界があるということでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 北九州市長選挙

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
パンダねぇ
まあ、パンダを使うのもいいですが、抱き合わせ商法的な選挙はあまり好きくありませんなぁ。
選挙に当選したからって、その人や党の全てに賛成じゃないんだけどなぁとわがままを言ってみたりします。
【2007/02/06 13:10】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]

セールスポイント
 要は誰に入れても同じだから知っている人が応援している人に入れとこうというのを狙っているんですよね。
 自殺行為ですな。
【2007/02/07 12:00】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/116-c1507162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。