湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


創造都市ネットワーク
 先日新聞を読んでいたら、創造都市ネットワークというのが出ていました。
 自分で「創造都市」を名乗るのって結構恥ずかしいなと思ってたんですが、一応ユネスコ認定集団らしいです。
 つーことは、世界遺産と同等って事か(^_^;)

 創造都市ネットワーク(そうぞうとしネットワーク、英: Creative Cities Network)は、2004年にユネスコにより創設されたプロジェクトのひとつ。映画、デザイン、文化、工芸など7つの分野から、世界でも特色ある都市を認定したもの。「グローバル化の進展により固有文化の消失が危惧される中で、文化の多様性を保持するとともに、世界各地の文化産業が潜在的に有している可能性を、都市間の戦略的連携により最大限に発揮させるための枠組みが必要」との考えに基づいている。
(創造都市ネットワーク - Wikipedia)

 つまり、固有文化があることが重要って事なんでしょうか。

 この「創造都市ネットワーク」。実は自薦によるものなのだそうです。
 分野は文学、映画、音楽、クラフト&フォークアート、デザイン、メディアアート、食文化の7分野。

参加は各都市の側から申請を行い、ユネスコが選考する。認定された都市は世界に対してのアピールになる他、他の認定都市や世界の文化団体との交流を得ることができる。認定後は、ユネスコへの定期的なレポート提出が求められる。(創造都市ネットワーク - Wikipedia)

 同様の事を推進するための国内組織も発足しているのだそうです。

2013/01/14/
 文化芸術と産業経済を組み合わせた創造性豊かな街をつくり、都市の活力をよみがえらせることを目的とした自治体連携組織「創造都市ネットワーク日本」が1月13日、横浜市で設立総会を開き、正式に発足した。
(文化を豊かに 文化で豊かに ―全国の自治体をつなぐ「創造都市ネットワーク日本」が発足)

 で、その団体の中心になっている自治体が以下の通り。
 「創造都市ネットワーク」に登録されている金沢市と神戸市も入っています。
 恐らく残りの都市も申請を考えているのでしょう。

【発起団体】札幌市、東川町、八戸市、仙北市、鶴岡市、群馬県中之条町、横浜市、新潟市、富山県高岡市、富山県南砺市、金沢市、長野県木曽町、岐阜県可児市、浜松市、京都府舞鶴市、神戸市、篠山市、鳥取県、高松市、一般財団法人アーツエイド東北、NPO法人DANCE BOX、NPO法人都市文化創造機構、特定非営利活動法人鳥の劇場、特定非営利活動法人BEPPU PROJECT
(文化を豊かに 文化で豊かに ―全国の自治体をつなぐ「創造都市ネットワーク日本」が発足)

 ちなみに既に登録されているのは、他に名古屋市のようです。

 日本からはデザイン部門で神戸市と名古屋市、工芸部門で金沢市が認定されている。
(創造都市ネットワーク - Wikipedia)

 浜松市、札幌市、新潟市、鶴岡市等は申請準備中のようですね。

 日本やアジアにおいては、2008年に神戸市と名古屋市、さらに中国のシンセン市もデザイン分野で、翌2009年に金沢市がクラフト分野で登録されて、その後、中国の上海(デザイン)、成都(ガストロノミー)、韓国のソウル(デザイン)、利川(クラフト)が続いている。この他にも浜松市(音楽)、札幌市(メディアアート)、新潟市(ガストロノミー)、鶴岡市(ガストロノミー)など申請準備中の都市が多数あり、今後さらに日本や東アジアにも文化的多様性にもとづく都市のグローバルネットワークが拡大していくだろう。
(『創造都市への挑戦』のこれまでとこれから 佐々木雅幸・大阪市立大学大学院創造都市研究科教授(寄稿))

 そのほかの参加都市の詳細は不明ですが、32の自治体が参加しているようです。

2012年2月4日、東京において「創造都市ネットワーク日本」の立ち上げをテーマに、第3回創造都市ネットワーク会議が開催され、横浜、金沢、神戸、名古屋、浜松、札幌、仙台、新潟、仙北、木曽、高松、熊本など全国32自治体
(『創造都市への挑戦』のこれまでとこれから 佐々木雅幸・大阪市立大学大学院創造都市研究科教授(寄稿))

 NPO法人 都市文化創造機構平成23年度文化芸術創造都市推進事業報告書によると、福岡市は文化芸術創造都市ブロック別会議には参加したようです。
 ただし、九州はNPOからの呼びかけにより参加者が多く、行政が主体になっているというわけではないようです。

 ブロック別会議に出席した自治体は、北九州市、福岡市、熊本市、春日市、別府市、八代市、天草市、古賀市、宗像市、山鹿市、阿蘇市、人吉市のようです。

 平成24年2月4日開催の創造都市ネットワーク会議に福岡市が参加したのかどうかは不明ですが、アンケート集計結果に以下のような回答が出ていました。

創造都市論で展開していくには、工業や商業の衰退がダイナミックな形で変わっていく可能性の場合は有効に思うが、穏やかな衰退で下降しているのがわからないゆるやかな場合、コンセンサスが取りにくい状況がある。福岡は一見、元気な街に見えるが、現状はこのような中にある。このネットワーク会議を通して、「都市の危機感」を政策にしていきたい。

 ・・・影が薄いですが、参加しているようです。

 福岡市の取り組みはなかなか見えませんが、福岡を中心にしたミニコミ誌フォーラム福岡には「国内外の事例にみる、文化・芸術を生かした『創造都市』」という記事が出ていました。
 まったく福岡市の動きが紹介されていないのを見ると、動いていないのでしょう。

 その一方で、「シアトルに似た世界の知識創造都市の集まり」である国際地域ベンチマーク協議会には参加しているようです(参照)。
 しかし、この場でも戦略的なものは打ち出せていないようです。

プレゼンテーションに際して福岡市は、質の高い生活や先進的な教育・研究システムやプロジェクト、歴史ある文化行事、豊かな自然などを紹介した。もっとも、他都市による戦略ビジョンや都市デザイン重視のプレゼンテーションに比べて「いまひとつ明確に見えてこなかったのではないか」との声も福岡の参加者から聞かれた。
(国際都市ネットワークにおけるFukuoka)


 福岡市は昭和の頃から音楽が盛んな所だとされていました。
 北九州なんかは演劇が盛んだと言われているようです。
 そういうのを生かしてみるのもいいんじゃないのかなぁと思ったり思わなかったり(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 福岡市政

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1174-614d9b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。