湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


全国で「はやかけん」が使える?
 2012年12月18日に、北海道旅客鉄道株式会社PASMO協議会東日本旅客鉄道株式会社名古屋市交通局名古屋鉄道株式会社東海旅客鉄道株式会社スルッとKANSAI協議会西日本旅客鉄道株式会社福岡市交通局西日本鉄道株式会社九州旅客鉄道株式会社の連名で交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります!という文書が出ていました。
 この文書によると、JR北海道のKitaca、株式会社パスモのPASMO、JR東日本のSuica株式会社エムアイシーmanaca及び株式会社名古屋交通開発機構マナカ、JR東海のTOICA株式会社スルッとKANSAIPiTaPa、JR西日本のICOCA、福岡市交通局のはやかけん株式会社ニモカnimoca、JR九州のSUGOCAが2013年3月23日からお互いのエリアで利用可能になるのだそうです。
 参加するのは、52の鉄道事業者、96のバス事業者の計142事業者(6事業者は重複)。
 買い物に使えるようになるのが実に約19万8,750店舗なのだそうです。

 九州では、前述の福岡市交通局、西鉄、JR九州の他に、nimocaが使える事業者で使えるようです。
 まずは、西鉄グループの西鉄バス北九州西鉄高速バス西鉄バス佐賀西鉄バス久留米西鉄バス筑豊西鉄バス大牟田西鉄バス宗像西鉄バス二日市日田バス
 そのほかにも、nimocaを使っている昭和自動車大分交通大分バス亀の井バス(参照)の各社で使えるようです。
 結局九州では、計16社局で相互利用できるようになるようです。

<相互利用できないICカード>

 さて、これだけ大規模に相互利用できるようになると、相互利用できない事業者の理由を知りたくなります。
 まあ、交通系ICカードを導入してない事業所は無理ないのですが、同じようにICカードを導入していて利用できないのはなぜなのでしょう。
 それにはいくつかの理由があるようです。

<FeliCa・サイバネ規格>

 交通系ICカード式の乗車券にも種類があり、今回相互利用されるのはFeliCa方式(参照)と呼ばれるタイプ。
 おサイフケータイと同じタイプです。

 俗にType Cと呼ばれるようですが、この方式はISO 14443 Type Cとして規格化をめざしていたものの審議が時間切れとなって規格化されなかったようです(参照)。

 それにプラスして、日本鉄道サイバネティクス協議会(現日本鉄道技術協会)が策定したサイバネ規格(参照)というものに準拠しているようです。

 この両者に準拠しているのが、宮崎交通宮交バスカ鹿児島市交通局南国交通、JR九州バス(北薩線)、桜島フェリーで使えるRapiCa・いわさきコーポレーションのいわさきICカード(参照参照参照)。
 これらを使っている事業所の場合、やろうと思えば相互利用できるようです。
 ですが、相互利用するにも手間暇とお金がかかるので見合わせという事のようです。

<FeliCa・非サイバネ規格>

 一方で、FeliCa方式を使いながらサイバネ規格に準拠していないのが、長崎県交通局(県営バス)、長崎県央バス、長崎自動車(長崎バス)、さいかい交通、長崎市コミュニティバス(一部)、佐世保市交通局(佐世保市営バス)、させぼバス、西肥自動車(西肥バス)、島原鉄道(島鉄バス)、長崎電気軌道、松浦鉄道で利用できる長崎スマートカード(参照)。
 長崎スマートカードが運用を開始したのは2002年1月21日の事(参照)。紙の共通回数券からいきなりICカードを導入したようです。
 サイバネ規格が定められたのは2000年3月(参照)だそうですが、JR東日本のSuicaが2001年11月から(参照)で、全国的にも早い導入だった(参照)ようです。規格を合わせる必要性を感じなかったのかもしれません。

<非FeliCa>

 一方で、FeliCaですらないのが北九州市交通局ひまわりバスカード
 ISO/IEC14443 TYPE-A(MIFARE)と呼ばれる規格だそうで、NTTのICテレフォンカードやTASPOで使われているそうです(参照参照)。
 こちらも紙の回数券からICカードに移ったようで、導入は2001年9月20日(参照)。Suicaよりも早いです。

 また、北九州高速鉄道はICカードを導入していませんが、過去にmonocaというカードの実証実験を九州大学と共同で行っていたそうです。
 しかも、これもFeliCaではなくISO/IEC 14443 Type Bと呼ばれるタイプ(参照)。
 住民基本台帳カード、自動車運転免許証、パスポート等で導入されているタイプだそうです(参照)。

<相互利用の注意点>

 さて、今回の相互利用では、バス車載機での乗車・降車・チャージ、電車自動改札機での入出場、自動券売機での乗車券の購入、自動券売機等でのチャージ、残額履歴の表示・印字、各加盟店での電子マネーによるお買い物が相互にできるようになるそうです。
 ですが、できない事もあるようです。

 まず、他社のエリアや加盟店ではポイントが付きません。
 だから僕は、SUGOCAとnimocaとはやかけんの3枚持っているのです(セコイ)。
 それ以前にPiTaPaの電子マネー機能は相互利用の対象外だそうです。

 また、各社エリアを跨った利用はできないそうです。
 ただ、相互直通区間に限っては大丈夫なようで、首都圏のSuicaエリアとPASMOエリアの間や筑肥線等は大丈夫だそうです。そりゃそうだわ。

 あとは他社エリアではオートチャージできないとか他社窓口では再発行登録、解約等の手続きができないとかあるようですが、見落とされがちなのは他社エリアでは障がい者用ICカードは使えないという事(関連)。
 ちなみに小児用は、他社で使っても自動的に小児料金になるようです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : nimoca(ニモカ) SUGOCA(スゴカ) はやかけん(HAYAKAKEN)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1177-e19324ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。