湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


待機児童が多すぎる
 先日こんなニュースが出ていました。

 福岡市教委は、市立幼稚園全8園を2017年度までに廃園する方針を固めた。行財政改革の一環で、「市内の園児の98%は私立に通っており、公負担で市立と格差がある。市の財政は厳しく、今後の幼児教育は民間に委ねたい」としている。
 市教委によると、市立幼稚園に通う園児数は計470人で、私立(119園)は計2万645人。園児1人当たりの年間保育料は、私立の30万6千円に対し、市立は9万2400円。
 市立には、園の運営費や人件費などに年約2億4千万円を投じており、私立に対する園児1人当たりの就園奨励費(1人当たり9万1千円)など年間補助金(計21億7千万円)と比べると、園児1人当たりの金額で市立が約40万円高くなる格差が生じているという。今後、市立の四つの園で建て替えに計約8億円が見込まれることもあり、全8園の廃園を決めた。
 市教委の検討案では、赤坂(中央区赤坂2丁目)▽姪浜(西区内浜1丁目)▽和白(東区和白5丁目)-の3園を14年度で募集停止し、5歳児が卒園する15年度末で廃園。雁の巣(同雁の巣1丁目)▽金武(西区金武)▽入部(早良区東入部2丁目)▽内野(同内野8丁目)-の4園は15年度に募集をやめ、5歳児が卒園する16年度末に廃園する。脇山(同脇山)は01年度から休園中。
 廃園に対する市民の意見を5月に募った上で、7月に正式決定する方針。市教委は「(廃園後の)跡地の活用は未定だが、民間保育所の整備も選択肢の一つになる」としている。
(市立幼稚園全て廃園へ 福岡市教委・2013年2月19日付 西日本新聞朝刊)

 この時期に、行財政改革の視点とは思いませんでした。
 いや、大事だとは思うんですよ。そういう視点も。
 でも、この時期だったら少子化対策とか待機児童対策の視点でしょう(^_^;)

 全国的に、保育園の待機児童が問題になっています。

 「子どもを持つなということか」。東京都杉並区役所前で十八日、赤ちゃんを連れた母親らが、我慢してきたつらい気持ちを涙ながらに吐き出した。妊娠中から保育所探しに歩き回り、育児休暇中も不安にさいなまれた揚げ句、預け先が見つからない。「認可保育所を増やしてほしい。現状のおかしさに気付いて」と訴えた。待機児童の多い都市部共通の、母の願いだ。 (柏崎智子、小形佳奈)

 「大きなおなかを抱えた臨月から、保育園を回らなければならなかった。インターネットで区の保育事情を検索し、何日も不安で眠れなかった。貴重な育児休業中、何をしていても保育園の心配がついてまわり、本当に苦しかった。こんな目に遭うなんて知らない妊婦さんは、今も大勢いるんじゃないか」
 十カ月の子どもの母親はマイクを握り、「保活」とも呼ばれる保育所探しのつらい経験を振り返った。認可保育所の入所の競争率が異常に高いため、母親らは子どもが産まれる前から認可外保育施設を訪ね歩いて申し込む。育児休業を早めに切り上げて認可外施設に入れ、認可保育所に入るための点数を稼ぐ人もいる。
 これほどの保活の厳しさを知らない人も多い。杉並区の公式な待機児童数は、昨年四月一日現在で五十二人で、都内の他の自治体に比べて特に多くない。この数字には認可保育所を希望しながら認可外施設に入って空き待ちをしている子どもや、預け先がなくて仕事を辞めてしまったケースは含まれないためだ。潜在的な待機児童の状況が分かりにくくなっている。
 一歳三カ月の長女を持つ女性は「子どもが生まれた時はとても幸せで、職場復帰するまで楽しく過ごそうと思った」が、半年後、保育所の入りづらさを知ったという。あわてて何カ所も保育所回りをしたが、入れるところがなく、認可保育所も落ちてしまった。
 六カ月の長女がいる女性は、老老介護する父母を支えるため、出産後まもなく実家のある杉並区へ引っ越してきた。これが認可保育所の入所にマイナスに働いた。「『両親が近くにいると入所の優先度が下がる』と今日、区の窓口で知らされた」
 妊娠中から申し込んだ五カ所の認可外施設もすべて断られた。「あまりに長い不安の期間を過ごした上に全滅で、ショックが大きい」と声を震わせた。
 子どもが二人で、上の子の預け先がないという母親は「この数日間、眠れない。お母さんの精神状態が悪いと子どもの笑顔もなくなる」としゃくり上げた。
 抗議集会を企画した「保育園ふやし隊@杉並」の曽山恵理子さんは「保育園が足りないと泣いているだけの状況はそろそろ終わりにしたい。できることを考え、一緒に行動しよう」と呼び掛けた。

◆全国で85万人潜在待機

 厚生労働省が公表している昨年四月一日時点の待機児童数は、二万四千八百二十五人。二年連続で減少したが、母親たちが肌で感じる現実とはかけ離れている。
 両親共働きなどで保育が必要な子どもに対し、市区町村は保育を実施する義務がある。その際、施設や人員配置の基準を国が定める「認可保育所」に入所させるのが基本。しかし、保育所が足りないため、基準の緩い「認可外保育施設」で対応することも許されている。
 待機児童の多い都市部では地価や人件費が高く、認可保育所の基準は事情に合わないとし、むしろ認可外での受け入れが進む。東京都の「認証保育所」が代表例で、国基準より緩和した独自基準で認定し、助成している。
 しかし、保育料が高めだったり、二歳までしか入所できず、三歳になったら再び預け先を探さなければならなかったりするため、認可保育所を第一希望にし、認可外を利用しながら空きを待つ保護者も多い。
 そうした空き待ちの子どもの数は、公表される待機児童数には含まれない。また、預け先が見つからず就労をあきらめたり、最初から認可保育所に申し込まない潜在的な待機児童がたくさんいるとされ、厚労省は八十五万人と推計している。
(子ども持つなというの? 待機児童 都市部の母、訴え切実・2013年2月19日付東京新聞朝刊)

 福岡市の待機児童の現状については、2010年8月13日付で少し調べました。
 この際は政令市しか調べていませんでしたが、wikipediaには「保育計画策定都市(上位10都市)の変遷」という事で全市区で出ています(参照)。
 いや。数字上は福岡市も深刻ですよ。

 仕事を探すために保育園に入れようと思っても、保育園が仕事決まってからじゃないと入れてくれない。
 で、仕事を探すと保育園に入れるか分からないから、採用してもらえない。
 出産で退職した人が復帰するには難しい状況らしいです。

 うちは退職していないから大丈夫かというと、そうでもありません。
 3歳未満児が年度途中で入園するのは難しいという理由で、育児休暇を途中で切り上げる例もありました。

 しかしこの東京の例は酷すぎる。
 認可外保育所にも入れないというのですから、こちらの想像のはるか上を行っています。
 福岡市には、認可外施設を利用した際の補助があります(参照)。様々な自治体でこのような制度はあるのでしょうが、認可外保育所にも入れなければ意味がありません。

 一方で、少子化の影響もあってか、幼稚園の閉園を結構目にします。
 この、保育園と幼稚園の供給のアンバランスを打破できるかもってのが、幼保一元化。
 また、認可制から指定制にしたり、株式会社やNPOの参入を認めるなどの改革も検討されていました(参照)。

 でも、肝心の福岡市保育協会は、保育の質が下がると反対しています(参照)。
 僕たちも、半ば強制的に反対署名をさせられますが、量も確保されてないのに質を求めていいのかと思います。
 それは単なる既得権益の維持であって、福祉ではないんじゃないかなぁ。

 障害者福祉は一足先に日割りの報酬になっています。
 ですが、従業員の生活が苦しくなっただけで質が低下したという話は聞きません。
 そもそも株式会社が参入とかにも反対していますが、福祉事業に参入する株式会社って、それなりに立派です。
 だって、そんなに儲かる事業じゃないですもん。

 まあ、保育所だと障害者福祉と違う旨味があって、モウケ主義の企業が続々参入するという事なのかもしれませんが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 子育て 教育

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1186-f1e18be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。