湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


古賀市長選挙と西鉄
 金曜日は古賀市で市長選挙の公開討論会が開かれたようです。
 参加した人に聞くと現職市長の話は分かりやすく、声も聞き取りやすかったとのこと。
 一方の新人は、数値政権公約(マニフェスト)がしっかりしていたものの話が聞き取りづらかったとのことでした。

 立候補しているのは現職市長と市議の2人です。
 古賀市長選挙と言っても関心がある人は1000人もいないと思いますが、本当は6万市民にとっては多分大切な選挙です。

 公開討論会を企画した方は実は知人の知人でして、討論会の準備の際にちょっと(僕にとっては)興味深い話を聞いたことがあります。
 その方が宮地岳線の駅に討論会のポスターを貼ろうと貝塚にある営業所に話した所、OKが出たそうです。
 ところがその後営業所から電話があり、西鉄は現職市長を支持していて名簿も送っているからポスターは貼らないでくれと言われたそうです。

 西鉄が現職支持をするのは、現職が自民党系の支持を受けているからむしろ当然でしょう。
 現職は市内ローカルバス路線廃止騒動の際に西鉄と協力していましたので、これも支持する材料になるでしょう。結果として他のバス路線の寿命は延びましたので、市民としても良いことです。

 面白いのは、現職を支持しているから討論会のポスターは貼れないというくだりです。

 これではまるで、討論会に出ると現職市長が不利と言わんばかりではないでしょうか(^_^;)
 西鉄ももう少し現職市長を信頼してはいかがでしょうか。支持するのなら・・・。

 ちなみに、現職市長はこれで有利になったのではないかとの話を数箇所から聞きました。


 この話題、設定ミス(仕様?)で下書き段階が投稿されていました。すみませんm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 古賀市政 地方自治 政治 古賀市長選挙 西日本鉄道 西鉄宮地岳線(現貝塚線) 宮地岳線存続運動

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
確かに変
支持するならば宮地岳線にポスターを貼ってもいいはずなんですが…。

ひょっとして、古賀からは宮地岳線がなくなるから、貼らなくてもいいとか言う理論なんでしょうか?
それでも説明がつかないな…。

なんででしょうね。
古賀の事情に詳しくないのでよくわかりませんね。(ならコメントするなよ ^^; )
【2006/11/12 08:42】 URL | やひ@久留米 #- [ 編集]

僕も意味不明です
 一度は良いと言われたらしいんですがね。
 別にどちらの陣営に偏っているわけでもないイベントなのになぜでしょうかね??

 まあ、ちょっと面白い話ということで(^_^;)
【2006/11/13 02:01】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]

ちなみに…
まだ告示前ですので、"立候補表明"ですね(^^;
【2006/11/13 02:08】 URL | 主幹 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/12-0551df7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。