湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


2年目の弔旗
 昨日、某SNSにこのような写真を載せました。
九州電力本社の弔旗
 昨日の福岡地方は晴れ。特に2年前を思い起こさせるような事はなく、サイレンすら鳴りませんでした。
 ごく微かに、サイレンが聞こえたような気がしましたが、恐らく気のせいでしょう。
 一応、ニュースによれば県議会でも黙祷をしたそうですね。
 わずかに、日頃から旗を掲揚している所が半旗を掲げて弔意を示しているのが、あれから2年経つと知らせてくれていました。

 僕は、あの日登ったアクロス山に登りました。

<各所での半旗>

 県、市関係の施設では、どこも半旗になっていました。
福岡市某区役所の半旗福岡市立某小学校の半旗福岡県警某警察署の半旗
福岡市某消防署の半旗福岡市某市民センターの半旗
 政府関係の施設も、半旗にしていました。
某独立行政法人の半旗
 震災の際には様々な活躍をした、日本赤十字社も半旗を掲げていました。
日本赤十字社福岡県支部の半旗
 でも、この九州電力関係の弔旗には、別の意味を感じてしまいます。
九州電力中央研究所の半旗
 好意的にも、その逆にも解釈できてしまうのです。

<弔旗と幟の隔たり>

 冒頭の弔旗。
 実はアングルを変えると、ちょっと違う風景になります。
九州電力本社前の弔旗と反原発テント
 この反原発運動のテントは、震災後かなり早くからありました。
 両者とも、震災の被害を悼んでの行動なのでしょう。
 でも、両者の間には大きな隔たりがあります。

<隔たりを超えて実質的な安全を>

 昨日は福岡市の中心部、天神でも反原発署名が行われていました。
 署名活動では、あのような原発事故を経験した以上私たち日本人には原発を無くしていく責任があると訴えていました。
 果たしてそうなのでしょうか?

 あの事故が起こる前から、僕たちは原発の胡散臭さを知っていました。

 安全安全と言いながら、なぜか原発は田舎に造られる事。
 原子力に頼らなくても、電力は充分であった事。
 原子力発電所建設予定地の選挙前には、なぜか人口が増える事。
 原子力発電所から出る廃棄物の捨て場所すら決まっていない事。

 でも、原子力発電所の廃止どころか新規着工すら止められませんでした。

 原子力発電反対派は絶対反対から動くことはなく、考えうる限り安全な原子力発電所を作る監視役にはなれませんでした。
 原子力発電推進派は絶対建設から動くことはなく、考えうる限り安全な原子力発電所を作る努力をするより、反対派の追及を逃れる事ばかり追求していました。
 問題があっても「問題ない」と言っていたのは、ミスを一切認めない反対派にも責任があったのではないかと思います。
 ミスを認めたうえで、今後の改善を監視していく現実的な慎重派がいなかったのも良くなかったのではないかと思います。

 恐らく、原子力発電所は順次再起動していくでしょう。
 脱原発をも視野に入れ、考えうる限りの安全を追及していく再起動であることを期待しています。
 今色々攻防しているようなので、少しは期待していいんでしょうかね?

 そして、僕たち原発に慎重な人間も、もっと実質的に安全をめざして行った方が良いのではないでしょうか。
 安全性が高いものが動くのは認め、情報の公開とさらなる安全性の向上を求めていく方向に。
 今求められるのは、潔癖な反対派と現実的な慎重派の両方であると思います。

 このようなことを書くと、原発推進派からも反対派からも怒られそうなので、こっそり書いてこっそり上げておきます・・・。

東京に原発を! (集英社文庫)東京に原発を! (集英社文庫)
(1986/08/20)
広瀬 隆

商品詳細を見る

 高校時代に読んで、あまりの発想に度肝を抜かれました。まあ確かにそうよね。
 とは言え、地盤の問題やらで結局東京は原子力発電所の立地には不適だと思います(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1200-75d4bf31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。