湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡市の人口が150万人を突破(1)
 先月、福岡市の推計人口が150万人を突破しました。

 福岡市は13日、5月1日時点の推計人口が150万899人になったと発表した。政令指定都市で150万人を超えたのは神戸市に次いで6番目。九州各地から若い世代が移り住んでいることに加え、東日本大震災後に首都圏からの流入が増えたことが寄与した。
 近年は年間1万人以上のペースで増加しており、神戸市(4月1日時点で約154万人)に迫る水準。2010年10月~今年4月の人口増加率(2・1%)と人口増加数(3万1235人)はともにさいたま市を抑え、政令市で最も多かった。
 市が昨年まとめた将来推計では、34年にピークを迎え160万6300人に達する見込みだ。
(福岡市、人口150万超える 政令指定都市で6番目・2013年5月13日付西日本新聞)


 これだけじゃ分かりにくいので、そろそろ150万人かもって時の飛ばし記事(?)も見てみます。

 福岡市の5月1日現在の推計人口が150万人を突破することがほぼ確実になった。市は週明けに発表する。市制施行以来、終戦前後を除いて一貫して増加し、2011年の東日本大震災後は子育て世代を中心に首都圏からの移住も増えた。政令市では5番目の人口規模である神戸市の154万人に迫っている。
 市によると、4月1日現在の推計人口は149万4978人。4月の出生数と死亡数、転出入数などを合計すると、150万人の大台に乗る可能性が高いという。
 市の人口は、1889年の市制施行時に5万847人からスタート。戦前の1942年には36万人近くまで増加したが、福岡大空襲など戦災や敗戦の混乱から終戦の45年には25万人に減少した。その後は一貫して増え、72年には念願の政令市に。75年には100万人を突破した。
 同年には山陽新幹線がJR博多駅まで延伸し、九州一円からの人の流入が加速。89年にはアジア太平洋博覧会「よかトピア」を成功させるなど、九州最大の都市として成長した。九州新幹線鹿児島ルートが全線開通した2011年には京都市を抜いて政令市では6番目の規模となった。
 東日本大震災後は、津波などのリスクが少ないという評価も高まり、15年ぶりに首都圏から福岡市への転入超過という現象も起きた。市は「魅力的な街づくりに向け施策の充実を図り、住んで良かったと思える都市を目指したい」と話している。
(福岡市の人口150万人突破へ・2013年5月11日付西日本新聞夕刊)

 これらの記事では、東日本大震災の影響や山陽新幹線全線開業で人口が増えたかのように見えますが、それらは正しいのでしょうか?

 山陽新幹線全線開業は、1975年。
 福岡市の人口推移をみると、その後の人口増加が急激であるという印象はありません。
福岡市の人口推移

 ただし、九州の他の主要都市と比較してみると、違うとは言い切れない感じがします。
 1975年頃以降、九州の主要都市の人口の伸びは軒並み鈍化しています。
九州主要都市の人口推移
 山陽新幹線の全線開通を境に福岡の人口が増えたというのは正確ではなく、山陽新幹線全線開通や高速道路網の整備などで福岡への集中が起こり、結果として他都市の伸びが鈍化して、福岡の伸びが維持されたという事なのでしょう。

 北九州や長崎や佐世保は、日本の産業が重工業中心ではなくなってきたためと思われますが・・・。


 それでは、全国的に見たらどうなのでしょうか?
 前回(参照)書きましたが、福岡は戦時中の落ち込みが少ないのが特徴です。
 しかしこれは地方都市の特徴のようで、広島市を除くと札幌も仙台もあまり戦時中の減りがありません。
 また、それらの都市は福岡市と同様に一貫して増え続けているようです。
国内主要都市の人口推移
 人口が多い横浜、大阪、名古屋があると分かりにくいので、三大都市と首都圏の都市を除いたグラフを見てみます。
三大都市と首都圏の都市を除く国内主要都市の人口推移
 こうして見ると、札幌の伸びが著しいものの、札幌・仙台・広島・福岡が似た傾向であることが分かります。
 第二次世界大戦後は東京一極集中だと言われますが、地方においても中枢都市一極集中が起こっていたといえるでしょう。
 近畿圏と名古屋が横ばいだったのを見ると、地方の中枢都市が(いまだに大きな差があるとは言え)平準化に向かっていったのかもしれません。

 しかし、こういった傾向が今後も続くとは限りません。
 あなたの街のイオンモールである程度の買い物ができ、無いものはAmazon.co.jpに注文すればいい時代。果たして天神に買い物に来る人がどれだけいるでしょうか?
 イオンのような流通大手が跋扈する時代に、福岡の卸売業が九州の流通を牛耳っていくことが可能でしょうか?
 九州全体の人口が減っていく中、九州全体の市場がいつまで福岡に支店を置く規模に維持できるでしょうか?
 奨学金制度が貧弱な少子化が進む国で格差が広がっていく中、福岡の大学に子どもを送り出せる人は今後どのくらいの数になるでしょうか?
 行政上の中枢機能は、今後どうなっていくのでしょうか?

 人口が150万人超えたと喜んでいる場合ではないと思います。
 西日本新聞も、人口150万人突破が手放しで喜べないと書いているようですね。

 大部分は大本営発表のような内容ですが(^_^;)


 福岡市の推計人口が今月1日現在で150万人の大台を超えた。周辺の自治体を含めれば、人口250万人超の大都市圏になる。
 人口は地域の活力や経済力のバロメーターである。地方の人口が軒並み減少し、三大都市圏でも関西圏がすでに人口減少に転じる中、福岡市の人口増加が続くのは極めて例外的な現象といえる。
 九州内での福岡一極集中の高まりには論議もあるだろう。ただ、加速する少子高齢化と人口減に照らせば、地域圏の成長拠点としての役割はやはり大きい。
 福岡が九州全体の浮揚や国際化をリードし、九州各地は福岡都市圏の活力を呼び込む。そんな相乗効果で九州の広域ブロック圏づくりをさらに推進したい。
 福岡市は毎年、出生数が死者数を上回り、首都圏など他地区への転出者より九州他県などからの転入者の方が多い。
 「転入超過数」は昨年が約9千人と全国3位、一昨年は約1万1千人で同2位と、大阪市や名古屋市をも上回った。
 求心力の源泉は、都市機能や産業構造、発展可能性など福岡市の総合力だ。札幌、仙台、広島、福岡の四大地方都市の中でも頭一つ抜きんでている。
 まず、人口密度は他の都市の2~3倍以上だ。卸売業売上高や金融機関貸出残高も1・5倍から2倍近い。情報通信サービス業の事業所数や売上高、人口に占める若者の比率、留学生数や国際会議の開催数などでも群を抜いている。
 街のにぎわいを演出する都市型高次サービス機能の集積や、多様で重層的なアジア交流は、地方圏でも特筆されよう。
 福岡市は戦後、製造業中心の都市発展に出遅れ、経済がサービス化し始めてから人口が増え出した。その分、都市としての成長性があるともいえる。
 福岡市は同時に、九州でも拠点機能を高めている。人口こそ九州の1割強だが、情報サービス業や広告業、卸売業の売上高は九州の4割前後を占める。大学の学生数も九州の3割を超す。
 アジアからの九州訪問客の「玄関口」に位置し、芸術やスポーツなど多彩なイベントを提供する「アーバンリゾート」としても、存在感を増してきた。
 福岡市の都市戦略は、九州全体の成長や国際化を大きく左右する。九州の浮揚と自立的な発展に向け、より広い視野でその責任と役割を果たしてもらいたい。
 そのため、福岡市には注文がある。
 人口増加基調とはいえ高齢化が進み、15~64歳の生産年齢人口は頭打ちだ。研究開発などの機能は弱く、域外やアジアで稼ぐような産業は育っていない。
 国際会議は多いものの、外国人客をもてなす多言語サービス、臨海部のインフラ整備など、課題はなお残る。都心の交通渋滞や治安の悪化もマイナス要因だ。
 「アジアの拠点都市」を目指すなら、福岡市が元気な今のうちに懸案を克服し、確かな成長戦略を実行する必要がある。残された時間は決して長くはない。
(福岡市150万人 アジア拠点を目指すには・2013年5月15日付 西日本新聞朝刊)

関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 福岡市政

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1230-f0c5f304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。