湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


ジコチュウ
 職場からの帰り、博多駅上りホームは大勢の人でごった返していた。快速電車が到着し、ドアが開いて、ホームの上の人々は電車の中へと消えていった。
 と、書いている僕自身も電車に乗り込み握り棒に寄りかかって文庫本を開いた。今日は社会人一年目に日向出張の時に買った赤瀬川隼「ブラック・ジャパン」である。結構好きな短編集だが、読み返すのは初めてだ。

 しばらく読んでいるうちに、入り口で杖をついた女性が乗ろうとしているのが見えた。博多駅のホームは田舎まで行く特急列車に合わせているのか、他のホームよりも低い。私の父親ほどのおじさんが、腕を抱えて電車に乗せようとしていた。
 女性は2人がかりで抱えられて電車に乗り、私の向かいの握り棒に寄りかかった。まだ若いくせに座っている女性が席を立ち、席を譲った。同じくまだ座るまでもない年齢の女性が隣に座っていた。その女性は腰を浮かし、手を伸ばして杖をついた女性を座席へと座らせた。
 とても自然な光景だった。しかし、おじさんが女性の腕を抱えなければそのようになったか分からない。もっと言えば、杖をついた女性が乗ってこなければ、もっと何も起こらなかったろう。
 以前、仲の悪い友人公共広告機構のCMの悪口を言ったことがある。
 仲の悪い友人は、「ジコチュウ」キャンペーンが気に入らないという。「最近自己中心的なやつ(おもに若者を指していると思われるが被害妄想か?)が増えている」という内容のアレである。
 仲の悪い友人は、嫌味なジイサンが若者に嫌味を言っているだけに聞こえ、聞く気もおきんと言う。
 まさにそのとおりで、加えさせてもらえば、あれを見てうなずいていた人こそ真のジコチュウであろう。自己中心的な人ほど他人が自己中心的に思えるものだ。
 また、他人の自己中心性をあげつらうごとに、自分の自己中心性はどんどん強固になっていく。あの広告は、見ている人をジコチュウにしていくものではないだろうか。
 今日のおじさんは、ちょっとした行動で「ジコチュウ」な人々を、善意あふれる人々に変えた。いくら金をかけて、頭を絞って、時間を費やして広告しても、このおじさんのこの行動にはかなわない。
 それに気付いたのか、公共広告機構は「チョボラ」キャンペーンを始めたのだろう。だからと言って、「チョボラって知っていますか?」などと自分がさっき言い出したばかりの言葉を、広辞苑に30年前から載っている言葉のように言うのはやめて欲しい。「チョボラ」なんて言い出さなくても、あのおじさんはきっと肩を抱えるだろう。
 テレビコマーシャルになると何でも嘘っぽくなる。ますます「小さな親切」や「チョボラ」が嘘っぽくならないよう祈るのみだ。

【2013年6月13日追記】

 自己中心性について書くため、旧日記から再録しました。
 で、この日に読んでいた本。
ブラック・ジャパンブラック・ジャパン
(1985/01)
赤瀬川 隼

商品詳細を見る

 僕の持っているのは、文庫版ですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:CMの話題 - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1248-979d6d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。