湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


His Master's Voice解決編(1)
 2003年1月26日の謎が解けました。HMVとVictorは、元々姉妹会社だったそうです。

 もともと、HMVは1897年設立のグラモフォン(Gramophone)という名前の会社でした。その会社のマークが例の犬で、亡くなった主人の声を蓄音機で聞く「ニッパー」という名前の犬を描いたものです。主人の声ということで、「His Master's Voice」。そこからHMVという名前が出てきた(参照)ようです。
 ところが、1931年に英コロムビア社とグラモフォン社が合併してEMI(Electric and Musical Industries Ltd:参照)になります。
 で、グラモフォン社というのは、元々1895年に設立されたベルリーナ・グラモフォン(Berliner Gramophone:参照)社のヨーロッパ法人だったらしいんです。
 ベルリーナ・グラモフォン社は、現在(?)のレコードの原型になる円盤式蓄音機「グラモフォン」を開発したベルリナー(Emil Berliner,1851.5.20-1929.8.3:参照)がグラモフォン製造販売のために設立した会社です。それを母体に1901年に作られたのがビクタートーキングマシン(Victor Talking Machine Company:参照)です(23日につづく)。

<今日のその他>

[教えて!goo] 福岡のタレント・山本華世の人気の理由。

 僕も知りたいです。

アンフェア

 ウチの人が唯一見ていたドラマらしい。今日始めて見ました。って、最終回かよ。

 先々週くらいに筋を聞いて怪しいといった2人の内1人が犯人でした。まあ、ダメだった一つは「主人公犯人説」なのですが。

「メール仲介者」明かさぬ方針 永田氏、22日弁明

 提供者明かさず、辞職もせずということです。僕的には口先だけで謝られるよりはこのままツッパって頂きたいと思います。

仏の「サムライ」議員、日系企業移転に抗議のハンスト

「山の民が都会の人々に生殺与奪の権を握られる状況は耐えられない」

日本がキューバ下しWBC初代王者に=MVPは松坂

 果たしてアメリカは来年もやってくれるのでしょうか?



【2013年7月6日追記】

 旧日記より転載しました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1280-9d2479a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。