湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


NEET
 一昨日の続きで心理検査について書こうと思ったが、まあたまには休みも必要だ(この調子であと1回くらい休もう)。
 「学校行かず働かず52万人 04年版の労働経済白書(9月10日・共同)」だそうである。「若年失業者」、「フリーター」と続いて、「若年無業者」が最近話題になっているようだ。「若年無業者」とは、求職活動していない非労働力人口のうち、15~34歳で学校を卒業した後、進学などせず結婚もしていない人などを指すらしい(結婚している「ヒモ」は含まれないようだ)。

 何でも、厚生労働省が「2004年版労働経済の分析(労働経済白書)」で、2002年、2003年の「若年無業者」を初めて集計したらしい。2003年の年平均は52万人(前年比4万人増)だったのだそうで、「若年層の失業率が高止まりしている問題と併せ、白書は、企業活動や景気への影響だけでなく『社会の維持、発展』といった観点からも『憂慮すべき問題』と警告している」そうだ。そんなこと警告されたってねぇ。対策立てるのは貴方方では?

 ちなみにこの数字は、総務省労働力調査を基に集計したらしい。やる気が満ち溢れているのが分かる泥縄ぶりである。

 この問題に関しては、玄田 有史、曲沼 美恵 ニート―フリーターでもなく失業者でもなくという本が売れているらしい。そう、彼らのことを「ニート」と呼ぶのだ。
 「ニート」とは、元々グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland:以下英国)で使われだした言葉らしい。Not in Employment, Education or Trainingの略でNEETだそうだ。本来の意味合いを守るため、以下NEETと記述する。
 NEETは4つのタイプに分かれるらしい。

  • ヤンキー型 反社会的で享楽的。

  • ひきこもり型 社会との関係を築けない。

  • 立ちすくみ型 行き詰まり。

  • つまずき型 自信喪失。


 こういう話題になると、かならず「最近の若者は根性がない。」という話になる。まあ、この統計上は僕も若者なのでその批判は甘んじて受けてもいいが(^.^;)、結果としてやむを得ずNEET化、フリーター化している若者も多いことを忘れてはならないと思う。

 そりゃ、ま、贅沢しなけりゃ仕事は見つかるけど(僕みたいに)、それもまた夢のない話であってねぇ・・・。

 今、クープランド(Douglas Coupland,1961.12.30-)ジェネレーションX―加速された文化のための物語たちという本を読んでいる。10年くらいいつか読もうと思っていた本だ。この中に、マックジョブという言葉が出てくる。「サービス分野における、低賃金、低地位、低尊厳、低恩恵、未来なしの仕事」だそうだ。「満足できる職業をもったことのない人にとっては、しばしば満足すべき職業選択と考えられている」らしい。


【2013年7月19日追記】

 旧日記から再掲しました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1296-39d45dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。