湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


東京オリンピック2020年開催に被災地の反応は?
 驚いたことに、2020年のオリンピック開催地が東京に決まりました。
 久しぶりにNHKラジオのニュースを聞いていると、安倍晋三総理大臣が、「状況はコントロールされている」とか「港湾内0.3平方kmの範囲内で完全にブロックされている」とか言ったと報じていたので、あーこれは落選確実だなと思っていました。

 NHKのツッコミがあまりに弱いので、中国国際放送局(ハイウェイ北京-CRI中国情報ラジオ・旧北京放送)にダイヤルを回しちゃいましたよ。中波(普通のAM)の1044kHzなので気軽に聞けます。
 日中関係が冷え込んでいるとはいえ、さすがに批判放送はしていませんでしたが(^_^;)
 ちなみに、中波で日本語放送をやっている放送局は他にもあります。
 まず、1170kHzのKBSワールドラジオ(旧ラジオ韓国)と720kHzのロシアの声(旧モスクワ放送)。さすがに隣国です。
 また、621kHzではかの朝鮮の声放送(旧朝鮮中央放送)も日本語放送をしています。

 まあ、確かに今のところ汚染水が外に出たって報道は聞きませんが、コントロールされてるとは思えない・・・。

 まあ、国際オリンピック委員会(International Olympic Committee)が首相の発言をなんとなく認めても、当事者の皆さんにとっては複雑な思いがあるようです。

 「状況はコントロールされている」。安倍晋三首相は、国際オリンピック委員会(IOC)総会で、東京電力福島第1原発事故の汚染水漏れについて、こう明言した。しかし、福島の漁業関係者や識者らからは「あきれた」「違和感がある」と批判や疑問の声が上がった。「汚染水の影響は福島第1原発の港湾内0・3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」とも安倍首相は説明した。だが、政府は1日300トンの汚染水が海に染み出していると試算。地上タンクからの漏えいでは、排水溝を通じて外洋(港湾外)に流れ出た可能性が高いとみられる。
(汚染水めぐる首相発言に批判の声 福島の漁業者ら「あきれた」・2013年9月8日付共同通信)

 毎日新聞では、もう少し詳しく出ていました。

 まずは福島県の被災者の皆さん。

 福島第1原発事故の影響で双葉町から避難し、福島市の仮設住宅に住む無職の鈴木トクさん(79)は「五輪が開かれれば、外国からも人が来て盛り上がるから良い。経済効果が東北や被災地にまで及んでくれれば」と語った。いわき市小浜町で、放射性物質検査のためアワビやウニなどを水揚げした漁業の丹野信一さん(77)も「素直に歓迎すべきだ」と話したが「汚染水問題が解決するか分からず、漁業の復興は道半ば。福島へ支援の手が届くのか心配になる」と表情を曇らせた。
 富岡町で被災し、三春町の仮設住宅に家族5人で避難する派遣社員の萩原光代さん(45)も「復興のアピールばかりで被災地をなおざりにしてもらっては困る」とくぎを刺した。浪江町から避難し、福島市の仮設住宅で暮らす無職の岡和田温(あつし)さん(40)は「五輪は被災地の復興には役立たない。汚染水対策を国が前面に出てやると言ったのだって五輪のためだろう。避難者の生活や原発事故の収束を第一にやってほしい」と訴えた。【田原翔一、五十嵐和大、猪飼健史】
(20年東京五輪:歓迎の一方、疑問の声も…震災被災地・2013年09月09日付毎日新聞)

 次に岩手県の被災者の皆さん。

 津波で自宅が流され、親族宅で生活を送りながら、がれきの分別の仕事をする大槌(おおつち)町の小松力(つとむ)さん(59)は「元気になるので気持ちの面では復興に役立つと感じた。しかしお金もかかること。2020年を迎えた時、五輪施設は完成したのに、被災地復興は道半ばとならないよう願う」と話した。
 津波で事業所や車両を失い、仮設事務所で運送業を営む釜石市の舟本常雄さん(67)は「五輪に向けて東京の魚市場が活気づき、三陸の浜から魚の運送も増えることに期待したい」。自宅を流され、同市内の中古住宅で独居している釜石市の無職、大久保桂子さん(72)は「復興工事で不足している人手と資材が、五輪の工事に取られてしまわないだろうか」と漏らした。盛岡市の教員、伊勢美和さん(37)も「安倍(晋三)首相は『復興した姿を見せる』と世界に約束したのだから、有言実行してほしい」と求めた。【高尾具成、藤河匠、宮崎隆】
(20年東京五輪:歓迎の一方、疑問の声も…震災被災地・2013年09月09日付毎日新聞)

 最後に宮城県の皆さん。

 「なにか他の国の話のような感じがする」。津波で自宅を失い、気仙沼市の仮設店舗で金物屋を営む鈴木敦雄さん(53)は東京五輪開催に首をかしげる。「開催したことのないトルコ(イスタンブール)に譲ってもよかったんじゃないかとさえ思う。日本は、もっと他に力を注ぐべきことがあるのでは。震災復興を誘致の材料にしたんだったら、それを本当に加速させてほしい」と注文を付けた。
 名取市の自宅兼店舗が全壊し、仮設商店街で写真館を再開した斎藤正善さん(61)は「安倍晋三首相は原発問題に責任をもって取り組むと言ったが、福島、宮城、岩手の再生・復興にも取り組んでほしい」と注文を付けたうえで「7年後、関東は盛り上がるのだろうが、被災地が取り残されることは許されない。もっと被災地で競技をしてくれれば盛り上がれる」と話した。
 東京五輪が決定した8日、仙台市内で開かれたジャズのイベントに来ていた大学生、山下愛さん(21)は、同市若林区にあった自宅を津波で流された。「ロンドン五輪は見ていてわくわくしたので、東京開催は素直にうれしい。もうチケット入手の話をしている友人もいる。7年後は、世界はもちろん、日本でも被災地を忘れている人が多いと思う。五輪が、そんな人たちが被災地に来てくれたりするきっかけになってほしい」と期待していた。【井田純、三浦研吾】
(20年東京五輪:歓迎の一方、疑問の声も…震災被災地・2013年09月09日付毎日新聞)

 一方、東京電力も「ブロックされている」という発言には苦慮されているようです。
 twitterに9月9日の東京電力定例記者会見の内容が出ていました。

「記者:安倍総理がオリンピックプレゼンで(汚染水は、0.3平方キロメートル内でブロックしている)と発表したが、東電からのデータなのか?」→「東電:いえ違います。総理の、このご発言につきましては、当社は政府へ問い合わせをしております。政府が独自に計測してるデータ」(参照)


「記者:安倍総理は、コントロールされてると言ったが、これは?」→「東電:政府に確認しましたが、福島原発の現状と海洋モニタリング結果全体を 踏まえての発言だとのことです」→「記者:まだ汚染水が漏れてるのにコントロールなのか?」→「東電:汚染水対策は精一杯やってる 」(参照)


「記者A: 東電は、原発をコントロールできてると思ってるのか?」「記者B:まだ汚染水は漏れてるが、東電はコントロールできてるという認識なのか?」→ 『東電:皆様にご心配をかけてる汚染水でございますので、早急に安定するように、日々、がんばってる状態でございます。』(参照)


「記者:安倍総理の IOCプレゼンに関して「0.3平方km(港湾内)以外にも、漏れてることを、東電は認めるでいいか?」→ 「東電:はい。タンクから湾外に漏れた可能性はある」→『記者:なら安倍発言を否定でいいか?」→「東電:当社からコメントすることではございません」(参照)

 本当に困っている感じです。

 ちなみに動画も公開されていますが、3時間近いので探しきれませんでした(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1341-f95d30c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。