湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


ゴミの持ち去りを犯罪化
 心理学の世界では、遺伝か環境かってのが昔っからずっと言われてきました。
 最近では何でも遺伝で片づける人も多いようで、どうなんかなーと思っていた矢先、こんな記事を見つけました。


 世の中には他の人々よりも頭が良い人たちがいるということは誰もが知っている。そうした知性の差のどれほどが、遺伝子、あるいは育ち方によるものなのか、あなたも考えたことがあるかもしれない。ところが、その質問に答えるのは不可能だということがわかった。
 というのも、環境の変化が人々の特質、育ち方、遺伝子をも一変させてしまう可能性があるからだ。

 このことを如実に物語っているのがフェニルケルトン尿症(PKU)と呼ばれる恐ろしい病気だ。ある遺伝子の突然変異は、食べ物に含まれるアミノ酸の代謝を阻害し、その遺伝子を持つ赤ん坊に深刻な精神遅滞を引き起こす。PKUは数百年にわたって不治の病だった。低い知能指数(IQ)をもたらすこの病気にかかるかどうかは遺伝的要因で決まった。
 ところがその後、科学者たちはPKUの仕組みを解明した。今や、そうした遺伝子を持つ赤ん坊に対して特別な食事療法を行うことができるようになった。PKUを持つ赤ん坊のIQが低くなるかどうかは、その子が食べるもの、つまり環境で決まるのだ。
 PKUに対してと同様、われわれ人間には、環境がどのように作用するかを解明したり、それを変えるために行動したりすることができる。したがって、人間性や育成の相対的影響を測ろうとするのであれば、現在の環境だけではなく、われわれが作り上げる可能性がある、あらゆる環境を考慮しなければならない。
 これはあまりなじみのない病気にだけに当てはまる話ではない。米専門誌「サイコロジカル・サイエンス」の最新刊では、エジンバラ大学のティモシー・C・ベイツ氏とその同僚たちによる遺伝子、SES(社会経済的状態、つまりどれほど裕福で高度な教育を受けているか)、IQの関連性に関する研究が報告されている。彼らはすべてのDNAを共有する一卵性双生児と一部のDNAしか共有しない二卵性双生児の違いを統計学を使って分析した。
 心理学者たちが双子たちの研究を開始してすぐ、同じような水準のIQを持っている可能性は二卵性双生児よりも一卵性双生児の方がずっと高いということがわかった。IQは「遺伝性」が高く、その差は遺伝的違いによるものだ、と彼らは結論付けた。しかし、研究対象となったのはSESの高い双子ばかりだった。バージニア大学のエリック・タークハイマー氏とその同僚たちは、貧しく、SESの低い家庭で育っている双子たちの状況はかなり違っているということに気付いた。そうした一卵性双生児と二卵性双生児のあいだにはほとんど差がなかったのだ。IQにはほとんど遺伝性が見られなかった。優秀な教師に付きっ切りで教わったかどうかといった環境の違いの方がよっぽど重要なようだった。
 ベイツ氏のチームの新たな研究では、子供たちが成長した後も同じ結果が出ることがわかった。貧しい家庭で育った人々にとってIQの遺伝性はかなり低かった。このことに矛盾を感じる人もいるかもしれない。結局のところ、人のDNAはどのように育とうが同じままなのだから。だが、IQが教育に影響されるとすれば説明がつく。われわれは、より多くの人々がより長く学校に通えるように環境を変えてきたため、歴史的に見ても絶対的なIQスコアは大幅に上昇してきた。
 裕福な家庭に育ち、同じように良好な教育機会に恵まれた子供たちの遺伝子の差はより明確になる。教育上の選択肢が多い裕福な子供たち(あるいはその親たち)は、特定のスキルを際立たせたり、伸ばしたりする環境を選ぶこともできる。数学の能力がわずかに高い子供は数学のクラスを受ける可能性が他の子よりも高く、数学がさらに得意になる。
 ところが、貧しい家庭で育った子供たちにとっては、教育機会の違いが遺伝子的な違いを圧倒してしまう。ひどい学校に入るのと少しましな学校に入るのとでは大きな差が生じ得るのだ。そして、貧しい家庭に育った子供たちには、自分たちの長所を伸ばす教育を受ける機会などほとんどない。
 遺伝子がどのように知性を作っていくかは、あなたが生きるのが学校教育がまったくない世界か、良い教育を受けるには幸運が必要な世界か、豊富な教育機会に恵まれた世界か、で変わってくる。PKUを患う赤ん坊たちのために世界を変えられるのであれば、われわれは次世代の貧しい子供たちのためにも環境を変えられるはずである。
(優秀な遺伝子も打ち負かし得る貧困―知能を左右するのは環境・ALISON GOPNIK)

 考えてみると当然のことで、お金があれば才能を伸ばすことができます。
 しかし、まったくない才能を伸ばすことはできないでしょう。

 一方で、お金がなければ才能がある事すら気づかれないかもしれません。

 僕も貧しい家庭の出。
 昔はよく粗大ゴミ置き場を覗いていました。

<と言うわけで、本来のごみの話>

 今でもたまに地域の紙資源ゴミ集積場を覗きます。
 稀に本が捨ててあるからです。

 まだ読める本がただの紙になってしまうってのは、本好きな人にとってはたまらない事です。
 で、見つけるとサルベージして本を持ち込める○○文庫の類に持って行っていました。
 でも、最近は持って行くなと張り紙されている場所も多く、困っていました。

 そんな中、こういった記事が・・・。

 福岡市でアルミ缶などの資源ごみの持ち去りが相次いでいる問題で、同市が4月に行った実態調査の結果、午後6~8時のわずか2時間で89件の持ち去り行為があったことが19日、分かった。市議会一般質問で明らかにした。
 調査は4月17日に実施。この日、アルミ缶などの不燃ごみ収集日だった地域全てを、職員16人で見回り、現認したケースを集計した。持ち去りは軽トラックなどの自動車で54件、自転車33件、その他2件。ごみ袋ごと持ち去るケースが43件、缶など中身だけを抜くケース9件、不明37件だった。
 市が4月から警備会社に委託して月約20日間行っている巡回パトロールでは、8月末までの5カ月間に計175件の持ち去りを発見。時間帯は午後8~9時の120件が最も多かった。
 「ごみ置き場を散らかしている」など市への苦情も増加傾向にあり、本年度は8月末までに138件が寄せられ、昨年度の年間191件を大きく上回る見込みだ。
 市は、月内に「持ち去り行為の禁止」を条例化するための検討委員会を設置。来年度中の施行を目指している。
(持ち去りが2時間で89件 福岡市、4月の資源ごみ調査 [福岡県]・2013年09月20日付 西日本新聞朝刊)

 うーん。

 まだ使えるごみをリユースする仕組みがあれば、僕も反対しません。
 まだ使えるのに資源化するとかわけわからん。

 福岡市の清掃工場にはまだ使える粗大ごみを分けてくれるコーナーがあるそうですが、紙資源ゴミなんかではありませんよね。
 紙資源ゴミの指定回収業者に古書店を入れてくれれば持ち去り禁止に賛成しますが、現状のままなら反対です。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 福岡市政

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1349-c0d9e31d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。