湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


野村昭嘉さんの絵を見に行く(1)
 5年前の夏に、ある本の感想を書きました。
 「野村昭嘉という画家」という題名で、漫画家西原理恵子さんのエッセー集「怒濤の虫」に収録された「死んだのはひとりの芸術家でした」という文章の感想です。
 で、なぜかGoogleで「野村昭嘉」と検索すると、結構上位になっちゃってるようなんですよね。

 で、9月頭に野村さんの同級生という方からコメントを頂きました(参照)。
 それによると、野村さんの絵が今佐賀県立美術館で公開されているとの事。
 検索してみると、2013年9月6日~10月20日の日程で行われている「開館30周年記念 佐賀県立美術館コレクション展」の「SEASON 2」の一環として「夭折の画家 野村昭嘉」が開かれているようです(参照)。
 ちなみに西原さんも記念講演をしたのだとか(参照)。
 観覧料無料という事なので、行かないわけにはいきません。

 そこで、ある土曜日。
 佐賀に向けて原付をスタートさせました。

<まずルートを選ぶ>

 僕のいる福岡県福岡市と佐賀県佐賀市はお隣同士。
 県庁所在地がお隣なのは、ここと宮城県仙台市と山形県山形市の2つだけです。

 ですが、その間には国際リニアコライダーで一部のマニアに知られることとなった脊振山地が横たわっています。
 この脊振山地は筑紫山地の西半分で、JR鹿児島本線や九州自動車道や国道3号線などの九州の大動脈は、東半分との間の細い平地を走っています。

 ですが、そこを使うのは福岡市の東半分の人々にとってはかなりの遠回り。
 普通は福岡市早良区と佐賀市(旧神埼郡三瀬村)を結ぶ国道263号線(参照)三瀬峠(三瀬トンネル)を使うのが一般的ですが、僕の職場は福岡市南区。
 もう一つの福岡県筑紫郡那珂川町と佐賀県神埼郡吉野ヶ里町の間にある国道385号線(参照)坂本峠(東脊振トンネル)を使うルートの方が早そうです。

<初っ端から・・・>

 で、10時に仕事が終わったらすぐに東脊振トンネル経由で佐賀市に行こうと虎視眈々と仕事をしておりました。
 ところが、待てど暮らせど交代が2人来ません。
 1人はどうやら仕事を忘れていたらしく、もう1人は僕が以前出した間違った予定表を信じていたらしい。

 うーん。これって僕の責任もある?あるよね?

 仕方なく、13時に職場を出ました。

<捨てたルートからの誘い>

 さて、出発です。
 南区から国道385号線を使って筑紫郡那珂川町に入ってしばらく行くと、表示板には吉野ヶ里歴史公園やら出てきて佐賀気分が盛り上がってきます。
那珂川町中心部
 ところがしばらく行くと、佐賀に行くなら曲がってよねという表示。
 そうです。この期に及んで国道263号線三瀬ルートが推奨されているのです。
佐賀に行くには曲がってください(那珂川町山田交差点)
 しかし、三瀬ルートは佐賀県に入ってからのアップダウンが結構あって、原付ではちょっと怖いです。
 しかも、ここから三瀬に行くとなると福岡市早良区まで山越えルートです。
 ふざけんなという事で、案内板を無視。直進します。
那珂川町山田交差点

<山道へ>

 この案内板のある交差点を過ぎると、原付は本格的に山の中へと入っていきます。

 しばらく行ってふと下の谷間を見ると、好物の沈下橋があります。
 大雨の際に橋が流されないように、水が多いと沈むようになっている橋です。
 思わぬ見っけものでした。
沈下橋遠景
 そして南畑ダムの入口には、九州電力の南畑発電所があります。
九州電力南畑発電所
 発電所を過ぎてひいこら急坂を登ると、南畑ダム。
南畑ダム
 雨が降った後なので、貯水率はかなり回復しているようです。
南畑ダムダム湖
 ダムの上流には、以前青服の仲間とバーベキューした場所があります。
 しかし、当時あった茶屋がない・・・。
茶屋跡
 どうやら、道路が新しくなってお店もなくなったようです・・・(つづく)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 野村昭嘉

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1350-f6a483eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。