湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡市の借金は2兆4507円
 毎年恒例の福岡市借金額発表会が行われたようです。
 慣例なのはさっき知りましたけど(^_^;)

 借金は順調に減ってはいるものの、まだまだ全国的には高い水準だそうです。
 七隈線延伸なんかして、大丈夫なの?

 福岡市の2012年度決算を審査する市議会決算特別委員会が4日、始まった。市は、決算の概要を説明、市の借金に当たる市債残高の総額は2兆4507億円で、前年度比188億円減。市債残高は04年度末の2兆7092億円をピークに8年連続で減少しているが、市民1人当たり約168万円で、政令市の中では依然高い水準という。
 残高の内訳は、一般会計が1兆2232億円(11年度比57億円減)▽特別会計が2091億円(同33億円減)▽企業会計が8651億円(同237億円減)▽将来の市債償還のために積み立てている「満期一括積立金」が1532億円(同139億円増)。12年度の新規市債発行額は、全会計で計1252億円(同121億円減)だった。
 決算特別委員会の日程は、7~9日=総会質疑▽10~17日=分科会審査▽21日=総会質疑▽22日=総会(採決)。
(福岡市“借金”は2兆4507億円 1人当たり168万円 [福岡県]・2013年10月05日付 西日本新聞朝刊)

 以前、どうして福岡市の借金は多いのか?という題名で北九州市と福岡市の借金を比較しましたが、そういや借金額の推移とか他との比較とかやってみた事がありません。

<よそと比べてどうなのか?>

 で、まず市民一人あたりの市債残高(平成22年度・全会計)です。
 最新の資料が2012(平成24)年発行のもので、そこには2010(平成22)年度の数字しか出ていないんですよね~。





















都市市債残高合計市民一人当たり
大阪市5,062,436,014千円191万円
福岡市2,493,393,952千円174万円
京都市2,142,306,379千円159万円
神戸市2,350,311,357千円151万円
名古屋市3,283,584,120千円146万円
広島市1,692,305,685千円144万円
北九州市1,358,202,294千円137万円
仙台市1,310,361,905千円128万円
横浜市4,547,819,138千円123万円
千葉市1,081,496,142千円119万円
川崎市1,503,580,551千円106万円
新潟市846,925,587千円105万円
札幌市1,779,600,152千円100万円
岡山市568,200,552千円81万円
静岡市630,296,252千円76万円
堺市626,261,725千円74万円
浜松市816,848千円64万円
さいたま市669,916,520千円54万円
相模原市327,581,382千円46万円

 市債残高合計についてはこちら。市民一人当たりの市債残高はこちらを参考にしました。

 一般的に、平成の政令指定都市は少ないようですね。

 そう考えると新潟市大丈夫かと思いますが、札幌市が少ないだけかもしれません。
 JR北海道にお金をあげて欲しいくらいです(^_^;)

 政令指定都市って、お金がかかるんですね。熊本市よ大丈夫か?

<ちゃんと減っているのか?>

 次に、市債発行額と残高の推移(全会計)です。





























年度市債発行額市債残高備考
平成04年度1,435億円  
平成05年度1,820億円15,539億円 
平成06年度2,247億円16,997億円アイランドシティ着工
平成07年度2,089億円18,399億円ユニバーシアード福岡大会
平成08年度2,180億円19,730億円 
平成09年度2,070億円20,961億円パンパシフィック水泳選手権大会
平成10年度2,118億円22,285億円12月に市長交代:桑原敬一→山崎広太郎
平成11年度1,902億円23,262億円 
平成12年度1,788億円24,229億円九州・沖縄サミット(蔵相会議)
平成13年度1,781億円25,117億円2001年世界水泳選手権
臨時財政対策債(地方の財源不足に対する国の財政措置)発行開始
平成14年度1,884億円25,889億円アイランドシティ一部道路供用開始
平成15年度1,740億円26,483億円アイランドシティ国際コンテナターミナルの一部供用開始
平成16年度2,040億円27,092億円市債残高peak
平成17年度1,266億円26,691億円地下鉄七隈線開業
第22回全国都市緑化ふくおかフェア
平成18年度1,198億円26,333億円12月に市長交代:山崎広太郎→吉田宏
平成19年度1,136億円25,997億円 
平成20年度1,146億円25,500億円 
平成21年度1,281億円25,158億円 
平成22年度1,358億円24,934億円12月に市長交代:吉田宏→高島宗一郎
平成23年度1,373億円24,695億円 
平成24年度1,304億円24,757億円 
平成25年度 24,507(23,020~23,210)億円 
平成26年度 (22,492~22,732)億円 
平成27年度 (21,384~21,671)億円 
平成28年度 (20,811~21,146)億円 
平成29年度 (20,301~20,682)億円 
平成30年度 (19,909~20,335)億円 

 数字はこちらを参考にしました。

 ( )内は、財政リニューアルプランの健全化目標に沿って一般会計の市債発行額を450~500億円に抑制した場合の予測だそうです。
 既に去年のもくろみは外れていますので、計画通り市債残高を減らせているわけではなさそうです。

 市債残高は山崎広太郎市長時代の末期である2004(平成16)年度をピークに減り続けていて、2005(平成17)年度にアイランドシティが一息ついて七隈線も開業したためか発行額も大幅に減っています。

 2001(平成13)年度からは、「地方の財源不足に対する国の財政措置」という名目で「臨時財政対策債」が毎年発行されているそうで、それを除けばもっと減っているというのが市の主張らしいです。

 意外ですが山崎市長末期から市債残高は減らしているようで、吉田市長はそれを踏襲して順調に減らして行っています。
 情勢の変化もあり一概には言えませんが、高島市長の削減ペースはやや遅いようですね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 福岡市政

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1353-7ee9d972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。