湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


勝ち組になりたいか?
 テレビ朝日の入社式にソニンが現れて、「皆さんは勝ち組。誇りに思って。」と言ったとか。iモードのニュース配信サイトThe News先読み情報局ではコラムニストが大層ご立腹のご様子である。確かに、「勝ち組」が作っているニュースで失業率の上昇を嘆かれても腹が立つし、「お前ら負け組。」と思いながら「裸エプロン(ちょっと古い)」されるのもちょっと嫌だ。

 The Newsは不届きなことにパソコンで見れないので、デイリースポーツの記事サンケイスポーツの記事も読んでみた。すると、「みなさんは勝ち組。誇りに思って。」と言ったのは確かだが、「でも誇りだけじゃ食っていけません」と続け、裸エプロンなど自らの苦難の体験を語ったのだそうだ。うーん、いい話と言えなくもない。
 どちらにせよ、「勝ち組」というのは何か釈然としない言葉だ。元々勝ち組とは、第2次世界大戦終戦直後の南米日系人移民社会で起こった事件が語源である。僕は手塚治虫(リンク先はTezukaOsamu@World)の絶筆「グリンゴ(1)(2)」で読んだ程度だが、ウィンドイナバ負組と勝組が詳しい。終戦直後、南米日系人社会は、「日本は勝った」と信じる「勝ち組」と、「日本は負けた」とする「負け組」に分裂した。「勝ち組」が「青年愛国運動」や「桜組挺身隊」を組織して「天誅」を加える一方、「負け組」は「新撰組」を組織し対抗。この争いは5年から10年続き、犠牲者は23名に上るとされる。また、無価値となった日本円と財産を交換する「勝ち組」への詐欺なども横行したようだ。
 結局、戦後日系人社会の主導権を握ったのは「負け組」だったそうだ。「勝ち組」には詐欺で財産を失った人も多く、苦難の歴史を歩んだという。現地の日系人にとって今なお癒えない傷跡だ。「勝ち組」、「負け組」という言葉を聞くと、苦い思いが沸き起こるとともに、つい苦笑してしまう。

【2013年11月5日追記】

 「リア充」について書くために旧日記から転載しました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1369-2b0e6ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。