湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


長崎旅行(1)~とんびに角煮まんじゅうを・・・
 先週の土曜日に長崎に行ってきました。
 長崎ランタンフェスティバルとやらで人がとても多く、12:02博多発13:56長崎着のかもめ19号は満員で身動き取れない状態でした。
 まあ、僕らはLRT(ここではLRVか?)の視察ですけどね(^_^;)

 当然車内販売も回ってこず、おなかが空いたまま長崎にたどり着きました。長崎といえばカステラですが、最近は岩崎本舗の長崎角煮まんじゅうです。コマーシャルもしてるし。
 というわけで、駅の中で角煮まんじゅうを買って駅前の巨大歩道橋(ペデストリアンデッキともいうらしい)の上で食べることにしました。
 僕が息子を抱えながらムシャムシャ食べていると、鳩が寄ってきます。
 これは鳩肉だから共食いだよー。と嘘を念じながら鳩を追い払っていると、いきなり鳩が一斉に飛び立ちました。ウチの人が何やらギャーギャー言っています。
 見ると、トンビが鳩に混じってバタバタやっています。あれで鳩が逃げたのかと思っていると、ウチの人が角煮まんじゅうを手に持った瞬間取られたと言います。
 なるほどよく見ると、トンビが何やら白いものをくわえています。一部落ちたものは鳩が一斉にたかっています。

 長崎は山が近いからこういうこともあるのでしょうが、どうもあのトンビは初犯ではないような気がします。
 長崎に行く方は気をつけてください(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : JR九州長崎本線

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
とんびにあぶらげじゃなく…
まるで狐にでもなった気分ですね。
角煮饅頭、旨そうだなぁ。
【2007/02/28 09:37】 URL | やひ@久留米 #ADR/QmPY [ 編集]

うまかったですよ
 確かにうまかったですが、中華街にはもう少し割安なものも売っていました。そっちの方が良かったかも。
 ただ、包んでいるラップの感触がかなりよかったです。

 確かに狐につままれたような感じでした。
 県庁所在地の中心駅の前でも油断してはならない。自然は偉大である(^_^;)
【2007/02/28 11:09】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]

ほほう
とんびに角煮饅頭とな…
それは貴重な体験をされましたなぁ

所で、うちに角煮饅頭とやらが届いてないんですけど?
【2007/02/28 12:55】 URL | 元主幹 #- [ 編集]

僕ではないですがね(^_^;)
 貴重な体験をしたのはウチの人ですが(^_^;)
 おもろいものを見せていただきました・・・。

 やひさーん。主幹さんがカステラを返してくれるそうですよ。一緒に食べましょう。
【2007/03/01 02:23】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]

うっ…
カステラはもう食べました(;^_^A
【2007/03/01 09:36】 URL | 元主幹 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/137-82c6ae26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。