湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


FEN板付
 先日ローカルニュースを見ていたら、1946年から1972年までの間米軍板付基地(現福岡空港)にFENがあったとか。

 FENというのはFar East Networkの略で、直訳すれば極東網。普通は極東放送と訳されていました。
 日本における米軍放送の1997年までの名称です(現AFN:American Forces Network)。

<謎の多い板付のFEN>

 若者には「板付放送」と呼ばれていた(参照)そうで、板付に近いと言えば近い雑餉隈武田鉄矢さんも1960年代前半にFENを聞いたようです(参照参照)。
 2010年10月03日には九州朝日放送の未来への羅針盤という番組でも取り上げられたそうです(参照)。

 でも、WikipediaのAFNの項を見ると、板付の事は全く出ていません(参照)。英語版のFar East Networkの項を見ても、現在のAFNとFEN誕生の経緯が書かれているだけです(参照)。

 こちらのページには、昔FENで働いていた方のコメントも載っているようです。
 読むと、1957年には「FEN Kyushu」というものがあったようで、1953年に板付に移ったとの記述もあります。
 ちなみに1953年当時はFEN Itazukiと呼んでいたらしいですが、60年代にはItazukeになっているようです(参照)。

 Fukaokaという記載もありました(^_^;)
 ちなみに「板付」と言いつつスタジオがあったのはその付属施設。春日にあったようです(参照参照)。


 色々調べると、Sounds of The Far East NetworkというサイトにFEN Kyushuについてのページがありました(参照)。
 ここによると、FEN九州は最初小倉にあったとされていて、板付基地付属施設(Itazuke AB Annex)に移転前は小倉と芦屋ABと大分県の築城ABと佐世保に米軍放送があったそうです(参照)。

<板付だけじゃなく、米軍放送は謎だらけ>

 ただ、これには異説もあり、駐留米軍放送によると、最初は1945年9月23日にAFRSが東京・大阪・名古屋・熊本・仙台・札幌で進駐軍向け放送を開始したとあります。
 熊本(WLKF・1580kc・3kW)は1947年2月28日に廃止され、29日に福岡(1360kc・50w→10kW)に移動。それまでNHKに間借りしていたのを独自施設を使用するようになったと書かれています。
 九州では他に鹿屋(WLKA・1490kc・50W)、大分(WLKB・1570kc)、小倉(WLKH・1440kc・400w)、別府(WLKI・1570kc)があったそうです。
 別府は後に大分と統合され、鹿屋は後に呉に移動したとのことで、1952年3月15日にFEN(Far East Network)に改組されたとの事です(参照)。

 コールサインは1949年9月15日に使用をやめ、後に廃止されたとの事です(駐留米軍放送 - Radiofly)。

 しかし、同じサイトにはさらに異説があり、進駐経験者の思い出による日本進駐軍放送リストによると福岡(WLKI)は1946年に開始されたらしく、1949年にコールサインを廃止してFEN Kyushu(1380kc)を名乗るようになり、1953年にFEN Itazuke(1550kc)に改称したとあります。

 Sounds of The Far East Networkで福岡に移転したとされていた小倉(WLKH・1520kc)は1946に開始し、1947年にAKAX、1948年にAKASとコールサインを変更。1949年にFEN Kyushu小倉支局となって、1953にFEN Itazuke小倉支局になった後に1957年に廃止されたそうです。
 駐留米軍放送で1945に開始して1947年に福岡に移動したとされる熊本(WLKF)ですが、こちらでは1400kcとされていて、1950~1956年までFEN Kyushu熊本支局として存在したようです。

 九州では他に芦屋と佐世保と大村と佐賀と別府と鹿屋が載っていました。
 芦屋は1958年にFEN Kyushu芦屋支局として開始し、1570kcで1961年まで続いたと書かれています。
 現在も存続している佐世保は1945年にWVTOとして開始。1946年にWLKHに変更した後、1950年にFEN Kyushu佐世保(1540kc)になったとの事です。
 大村は1945年にWVTO(佐世保)大村支局(1450)として開始。佐賀は1946年にWLKH(佐世保)佐賀支局として開始、1949年にFEN Kyushu佐賀支局となって1950年に廃止したとの事です。
 駐留米軍放送で大分と統合されたと書かれていた別府は、1946年にWLKIとして開始、1949年にFEN Kyushu別府支局(1570kc)になって1957年まで続いたとされています。 
 駐留米軍放送で呉に移動したと書かれていた鹿屋は、1945年にWLKA(1490kc)として開始し、1947年まで続いたと書かれていました(参照)。

<福岡の廃止は1972年頃?>

 鮎川誠さんによると70年頃には福岡では聞けなくなった(参照)との事で、板付基地(現福岡空港)の大部分と雁ノ巣空軍施設の飛行場部分が返還された1972年(参照参照)に放送が終了したというのは説得力があります。

 wikipediaによれば、鮎川さんは1960年代前半に久留米でFENを聞いていたとの事(参照)。

 何かと謎の多い米軍放送の歴史です。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 歴史

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1377-50551170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。