湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


長崎旅行(2)~LRVとやらに乗ってみた
 長崎といえば路面電車です(そこまで言うか?)。
 しかも、今どきどこまで乗っても100円というすばらしい運賃体系をとっています。
全線100円の長崎電気軌道
 さらに、ここは昔の福岡市や北九州市と同じで民間企業が運行している路面電車です。ちなみに会社名は長崎電気軌道とそのまんま。
 これは乗っとくしかないでしょう。

 まずは駅で1日乗車券を買いました。500円です。
 隣は100円ながら最高360円の福岡市営地下鉄や1回160円の鹿児島市電の場合は600円ですから微妙に割高な気もしますが、贅沢を言ってもきりがありません。
 で、昨日書いたとおりとんびに角煮をさらわれて泣きながら電車に乗りました。
 いまだに床が木の電車なんかもいましたが、どうやら他都市で走っていた電車がほぼそのままの姿で動いているようです。
木の床の電車も
 福岡市内を走っていた電車(参照)もいるようですが、僕は熊本市電(参照)と東京都電(参照)のお古に乗ることができました。まあ、狙ったわけではないですが・・・。
旧熊本市電
 で、メインは超低床型電車3000形(参照)と呼ばれるものです。
超低床型電車3000形
 何でも阪急グループのアルナ車両(参照)という会社が作った「リトルダンサー」(参照)というシリーズのようで、なるほど床が低くて電停との段差(ダンサー)がありません(参照)。
少ない段差
 乗ってみましたが、静かで乗り心地も良かったです。窓も大きく視点が低いのでちょっと面白い景色です。
 路面電車なので時速40kmしか出せないそうですが(参照)結構早く感じました。

 ちなみにこの車両、長崎電気軌道が半分の1億1000万円、国土交通省と長崎市が4分の1の5500万円ずつを出した計2億2000万円だそうです(参照)。

【2009年5月21日追記】

 写真と少々リンクを追加しました。
 ついでに、本文に出ていない車両も・・・。
203号
506号 電停には玉屋の広告も・・・
1203号
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : LRT(LightRailTransit)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
坂の街長崎
坂の多い長崎では、路面電車だけじゃ生活は辛いと思います。
でも、観光資源としては立派に機能しているかと。
そういえば、長崎市の原付のナンバープレートは5桁ですね。
そういうところから見ても街の特性が垣間見えて面白いです。
【2007/03/01 13:00】 URL | やひ@久留米 #ADR/QmPY [ 編集]

山の上までは・・・
 路面電車は便利と言えども山の上までは行ってくれないんですよね~。
 贅沢言えばキリがないですが(^_^;)

 原付は便利そうですね。
【2007/03/03 02:41】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/138-67fe23b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。