湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


みなさまのNHKがみなさまのNHKへ
 福岡でグランプリファイナル福岡2013が開かれています。
 大相撲十一月場所(九州場所)のようにガラガラ(参照)だと末代までの恥だなと福岡市長のような意識でチケット購入方法を調べてみたんですが、何だか意味が分かりません。
 調べているうちに売り切れてしまったらしく、知人は知り合いのフィギュアスケート関係者を通して買ったと言っていました。
 そんなにすごいんだ・・・。心配するまでもなかったな。

 で、鬱憤を晴らすために、先日の日曜日は福岡国際マラソンの応援をしました。
 海外招待選手のうち、なるべく応援が少なそうな国の国旗を作って行きました。せっかく福岡のような所に来て下さった方が応援もなく一人で走るなんて、考えただけで涙が出そうだからです。
 お前それでも日本人かと言われそうですが、そういう風に気に病んでしまうのが日本人であり、そういう風に気を使う方が日本のためになるのではないかなぁと思います。
 まあ、賛成しない方も多いでしょうね。愛国心の表れ方は、千差万別十人十色です。
 だからこそ、秘密保護法案についても意見が分かれる(参照)のでしょうが。

 さて、「みなさまのNHK」がまたもや面白いことをおっしゃっているとの噂です。

 NHKの最高意思決定機関である経営委員会が、NHK執行部に対し、インターネットサービス充実のため、受信料制度の見直しを求めたところ、テレビがなくても全世帯から受信料を徴収する義務化を明記した回答文書を提出していたことが2日、分かった。
 経営委員会は今年2月、NHKに文書で義務化を含めた受信料制度の見直しを要請した。番組を放送と同時にネットで見られるようになると、区別して受信料を徴収するのは現実的には困難だからだ。これに対し、松本正之会長(69)をトップに理事ら計12人で構成するNHK執行部は8月、「今後の方向性」として放送法を改正して「支払い義務化」を明記した回答文書を経営委に提出。文書は(1)すぐに義務化に踏み切る(2)現行制度のもとで支払率を上げ「世帯数の減少や物価上昇などによる努力の限界」に直面した後に義務化する−−の2通りの方法を示している。
 全国の受信料支払率は現在、73%台にとどまり、特に都市部で低く「負担が公平でない」と指摘されている。しかし、NHK執行部には「9割以上の世帯から徴収できる制度的な保証がないと義務化は無理」として、未契約世帯に対する訴訟などで支払率アップを期す声が根強い。このため、9月に改めて経営委に提出した文書は「義務化」の末尾に疑問符を付け加えるなど、経営委にとって後退した内容となった。
 義務化は、第1次安倍晋三政権で2006年に総務相に就任した現官房長官の菅義偉(すがよしひで)氏が強く求めた。当時は、相次ぐ職員の不祥事による受信料不払いが急増しており、菅氏は「義務化で2割は値下げが可能」と国会で述べたが、NHKの橋本元一会長が難色を示し、結果的に見送られている。
 文書について、NHK広報部は「内容は非公開としており、回答は差し控える」とコメントしている。【土屋渓、有田浩子】

◇受信料

 放送法に基づき放送を受信する設備があり、NHKと受信契約を結んだ世帯や事業所が負担する。携帯電話で見られるワンセグ放送も対象とされる。今年度事業収入の96%を占める一方、4635万世帯の昨年度の支払率は73・4%。都道府県別では、秋田の95・7%をトップに、東京、大阪は60%前後にとどまる。要因には若者のテレビ離れなどが指摘される。NHKは法的措置を強化しており、未契約世帯を訴えた裁判の控訴審判決で、東京高裁は10月30日、未契約世帯でもテレビがあれば通知後2週間で契約が自動的に成立する、との判断を示した。

 ◇服部孝章・立教大教授(メディア法)の話

 受信料制度については、国会も総務省もNHKもこれまでふたをして、あいまいなままほったらかしにしてきた。テレビからインターネットに移行する流れは止められない。受信料を払っていない人は多く、不公平感はあるが、義務化だけを急げば世論の反発を招きかねない。公共放送のあり方はもちろんのこと、NHKにとどまらない放送界全体の問題として、国会を中心に議論すべきだ。
(NHK:受信料の全世帯義務化 ネットと同時放送で見解・2013年12月03日付毎日新聞)

 こうなると、普通に税金です。
 しかし、テレビもパソコンも携帯電話も持たない世帯でも徴収される可能性はあるわけです。
 それ以前に、NHKなんて見てないよって層の抵抗は今より激しくなるでしょう。
 この根拠のない自信はどこから来てるのやら。

 しかし、「インターネットサービス充実のため」にいくらかけるんでしょうね。
 例えば、携帯のNHKニュースサイトは、少なくとも2ヶ所はあります。
 金がないという前に、無駄遣い無くせよ。

 今後収入は減るけど前年収入を切る勢いでの予算カットは考えず、みんなからお金を集めるYo!!って、お前ら今年初め頃のアビスパ福岡経営陣(参照)か!!(^_^;)

 以前書いたのですが、NHKって「豊かで、かつ、良い放送番組(放送法(昭和25年5月2日法律第132号))」を自分勝手に決めているのはもちろん、公共ってのも自分たちで勝手に決めてるような気がします。
 その公共の最たるものが自分たちであり、我等愚民どもにはNHKを養う義務があるとでも思ってそうです。

 でも、最初に書いた通り千差万別十人十色。
 みんながNHKの受益者だという前提がそもそもおかしいのでは?
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : NHK 日本放送協会 福岡市

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1389-071734b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。