湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


お掃除エアコン
 年末に職場のエアコンの掃除をしました。

 エアコンと言っても色々です。
 1979年の日本映画太陽を盗んだ男に出てくる山下満州男警部(菅原文太さん)は「日立のビーバールームエアコンってのがいいらしいぜ。」って言ってます。
太陽を盗んだ男 (C)1979東宝/フィルムリンク・インターナショナル

 ちなみに英文字幕では、「I recommend a Hitachi.」と言ってます。省略しすぎでただのセールスマンみたいです(^_^;)
 僕の好きな「5億と言わず50億くらいどうだい。どうせうちの政府はろくなことに金を使わんのだから。」ってセリフも、英訳だと「Why not five billion? The government is used to wasting money.」と味気ない感じです。

 実はビーバーエアコン三菱重工業の製品。日立のエアコンは白くまくんというブランドネームです。

 何でこんな間違いをと思ってつらつら考えましたが、三菱重工と日立は共に日本の原発メーカー(参照)。映画自体は原子力発電を否定する内容ではありませんが、両者に気を使ってこういうセリフを入れたのかもしれません。
 あるいはそれを踏まえたギャグなのか・・・。

 日本国内の原発メーカーとしては、あと東芝があります。
 ひょっとして当時はまだ東芝が参入してなかったのかと思って調べてみると、日立の原子力事業参入は1952年(参照)で、三菱重工は1958年(参照)。東芝も1959年には参入していた(参照参照参照)ようで、映画公開時の1979年には原発メーカーでした。
 東芝のエアコンは大清快ですが、商品名がコロコロ変わるようで(参照)、そういった事も影響しているのかもしれません。


<フィルターと空気取り入れ口周り>

 さて、エアコン掃除と言われてまず思い出すのが、フィルター掃除でしょう。
 エアコンの前面カバーを開いてフィルターを引き出し、付着した埃を落とします。簡単といえば簡単ですが、寒いです。
 掃除機なんかで吸い込む人もいるのでしょうが、僕の職場では外に出してホースの水を裏側からぶっかけています。

 最近テレビCMでよく見る自動お掃除機能付きエアコンは、このフィルターを機械が掃除してくれるというもののようです(参照)。

 このフィルターは、エアコンに空気を入れる部分に付いていて、多くのエアコンではエアコン前部や上部に空気の取り入れ口があります。
 この上部の取り入れ口に溜った埃が取りにくいように思います。
 掃除機は届かないし、天井との隙間から手を入れて雑巾で拭いてもうまくいきません。天井が高くて脚立がある家なら簡単なのかもしれませんが、僕の職場では結局手の届くところ以外は放置せざるを得ません。

<内部洗浄>

 フィルターを通った空気はエアコン内部に行くわけです。フィルターにだって隙間がないと空気が通らないわけですから、多少の埃はエアコン内部に到達しているはずです。
 ですから、エアコン内部を洗浄してくれる業者さんが存在します。数年前まで僕はこのエアコンの内部洗浄は業者さんしかできないと思っていました。
 ところが、素人でも内部洗浄できるスプレーが売ってると聞いて早速買って職場で試しました。

 使い方はいたって簡単。
 フィルター掃除の要領でフィルターを外し、内部の金属製すのこみたいなところに1缶スプレーしていくだけ。
 確かに効きが良くなった気がしたので、それからは年に2~3回やっています。

<吹き出し口>

 ところが、それでも臭いが取れない部屋がありました。
 見ると、吹き出し口の上下に動く1枚の羽根(ルーバーというらしい)の裏(エアコン使用中は表になりますが)にカビのような汚れがあります。とりあえず、そこを拭くことにしました。
 話を聞いていると、ここと空気取り入れ口の表面だけを掃除している人もいるようです。エアコンの構造を考えると一番効率が悪いような気がしますが、見た目はそこいらを掃除しなきゃいけなく見えますもんね。

 拭いているとその奥には左右に動く羽根が何枚もあって、そこも汚れているようです。
 表の羽根の隙間から奥の羽根を拭いていると、その奥の内壁も汚れているようです。
 結局、そこも無理矢理拭きました。

 表にある羽根とその奥の羽根。外れるタイプのエアコンとそうでないタイプのエアコンがあるようです。
 職場のエアコンでは、富士通ゼネラル製の2種がまったく外せません。汚れていたのはこのタイプでした。
 表の羽根だけ外せたのは、シャープ製の1種。
 さらに内側の羽根が左右に開いて掃除できたのが、三菱電機(霧ヶ峰)の1種でした。
 この機種は上部の空気取り入れ口も簡単に外せます。とてもいいエアコンだと思いました。

<室外機>

 室外機って忘れがちですが、以前チョウセンアサガオが繁茂してエアコン室外機に侵入していたことがあって、とりあえず目視で点検することにしています。
 その時は、分解して蔓を取り除くのが大変でした(多分素人は分解してはいけません(^_^;))。

太陽を盗んだ男 [DVD]太陽を盗んだ男 [DVD]
(2006/06/23)
沢田研二、菅原文太 他

商品詳細を見る


【2016年2月24日追記】

 ここで無視されたのが腹ただしかったのか、東芝は2006(平成18)年にウェスティングハウスを買収して、原子力発電装置部門を強化しました。
 ところが2017(平成29)年になってそのウェスティングハウス・ エレクトリック・カンパ ニー関連で巨額の損失が発覚。債務超過に陥ります。
 2015(平成27)年の粉飾決算発覚後の2016(平成28)年に有望子会社だった東芝メディカルシステムズをキヤノンに売却したのと同様に、現在稼いでいる半導体部門の身売りをするようなのです(参照)が、なんでこの会社はヤバそうな所を温存して儲かってる所を手放そうとするんですかね~
 まあ、原発事業を維持しておけば、国策企業として最終的に国が何とかしてくれるやろうって狙いなんですかね~
 よう分かりません。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1404-c419945d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。