湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


TEACCHプログラムって何?
 自閉症(参照)関係ではよく聞かれる「TEACCH(ティーチ)」ですが、「Treatment and Education of Autistic and related Communication Handicapped CHildren」の略です。「自閉症とその関連する領域にあるコミュニケーション障害の子どもたちの治療と教育」と訳されているようです。アメリカのノースカロライナ州で始められたもので、行政の政策を元に研究機関・教育機関・家族などが協力して、自閉性障害の人に生涯に渡る支援策を提供していくプログラムだそうです。

 そうなってくると、日本の施設等が自閉症者の療育の際に「うちはTEACCHをやってます。」と言うのは厳密には間違いだと思われます。桃栗植えている農家が「うちは1村1品やってます。」と言うようなものじゃないでしょうか。その儲けでハワイに行ったところでそれは1村1品運動でも何でもありません。でも、まあ、日本でやろうとしたらそうするしかないですよね。
 施設等でTEACCHプログラムをとり入れる場合、もっともよく使われるのがIEP(Individualized Education Program:個別教育計画)と構造化(明示化)のようだ。前者は正しく詳細な診断と評価に基づいて生涯に渡って継続する一貫した総合的な個別プログラムです。後者は、環境を視覚的に明確化し、自立行動を援助するものです。例としてスケジュール表などの時間の構造化、場所の使い分けや表示等の場所の構造化、行動の見とおし等の行動に対する構造化、手順表などの方法の構造化等があるようです。
 この構造化の際、「トランジッションエリア(Transition Area)」という移行するための場所を設けます。実はこれ、トライアスロン用語でもあります。競技と競技の間に着替えたりする場所のことを同じ用語で呼んでいます。何となく、楽しい。

参照ページ




【2014年1月29日追記】

 旧日記から転載しました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1415-e318418e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。