湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


他害と他傷(自傷と他害について)
 秋田の学会に行った際に気がついたことがある。ウチの職場では、自分で自分を物理的に攻撃する行為を「自傷」、他人を物理的に攻撃する行為を「他傷」と呼んでいる。「自傷」は日本の誰と話しても「自傷」だが、ウチで「他傷」と呼んでいるものは日本発達障害学会では「他害」と呼ばれている。

 調べてみると、「他傷」も「他害」もこの業界では広く使われているようだ。中でも、法律的には他害と言われているらしく、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律という法律もある。また、精神保健福祉法にも「自傷他害のおそれ」という一節があったようだ(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律では、「自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれ」になっている)。医療の場でも大体「他害」と呼ばれることが多かった。どうやら「他害」がオフィシャルのようだが、そうなると「自傷」と「他害」というなんか可笑しい対義語になる。
 面白いことに、「他害」と「他傷」を併用している人もいた。ウチの理事長も書いている「行動障害の理解と援助」という本のもくじでも混在している。この本は共著だからそうなるのだが、掲示板や投稿の紹介などでも同じようになっている。
 ちなみに「他傷」とは「他害目的のはっきりしたもの」であるという説明もあった。「他傷」について、その原因を述べたページはなかったが、に「自傷」の原因について述べたページはあった。同一のことを書いているところもあったが、とりあえずお上優先にしておく。僕の周りの人は、「自傷」から「他害」に移ることがあるので、関連情報としてこれを掲載しておく。ちなみに「リストカット」の場合は違う原因が考えられるようだ。

  • 自傷行動・他傷行動のある子の原因


    1. 周りのものの注意を引こうとする行動・・・言葉によるコミュニケーションにより行われる社会的接触を、自傷行動によってもとうとするものである。

    2. 欲求不満に対する反応としての行動・・・生育歴上、指示や命令、あるいは、強引に指導され過ぎたことが原因の場合がある。

    3. 強化された学習行動・・・自傷行動によって、常に快感などの強化が与えられることにより、自傷行動が学習され、固定した。

    4. 脳損傷に基づく行動・・・不快な耳鳴り、頭痛等のようなものがある可能性。不快感、不安感に襲われている可能性もある。


  • リスカ(自傷)の理由(原因)


    1. ヒステリー機制(自分を理解してもらいたいとの思いからくる)

    2. 手首の人格化(怒りや憎しみを手首を人格化して向ける)

    3. 自我機能を回復するため(非現実的な精神状態から我に返るために)

    4. 否認と逃避(苦しみを思考回路から切り離すため)

関連事項




【2014年1月29日追記】

 旧日記から転載しました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 心理学

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1418-76bd88b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。