湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


行動障害について
 上司のKさんは、専門学校で教えている。そろそろ試験問題を作ったのでと、先日大学教授をしている理事長に見せていた。理事長は「これは難しいよ。君も解けんだろう。」と僕を引き合いに出す。そりゃそうだ。僕は専門が違うのだから幅がありすぎるわ。

 その中で、厚生労働省が定めている行動障害の要件を3つ挙げよとか何とかいうのがあった。このようなものは調べればいいので、暗記する意味があるかは疑問だ。ただ、調べたこともないというのも情けないので調べることにした。Momongaの雑記帳の中の「強度行動障害特別処遇加算費の取り扱い」に「強度行動障害判定基準表」が掲載されていたので引用する。


  • ひどい自傷

  • 強い他傷

  • 激しいこだわり

  • 激しいもの壊し

  • 睡眠の大きな乱れ

  • 食事関係の強い障害

  • 排泄関係の強い障害

  • 著しい多動

  • 著しい騒がしさ

  • パニックがもたらす結果が大変なため処遇困難

  • 粗暴で相手に恐怖感を与えるため処遇困難な状態


 さすがにこれでは恣意的な運用が可能なので、それぞれに例が挙げられている。それでもいい加減といえばいい加減である。この項目ごとに、頻度によって点数をつけていくようだ。一定の点数以上であれば「強度行動障害」と認められたり「特別処遇」の対象になったりするようだ。

 この表は、筑波大学心身障害学系園山繁樹助教授の講演資料らしい「行動分析学の枠組みによる行動障害の理解と予防」や、北海道こども心療内科氏家医院氏家武院長による「発達障害、特に自閉症に伴う行動障害-その理解と対応-」にも載っている。まあ、これと見て間違いないだろう。
 ちなみにDSM-IVやICD-10では、「行動障害」というカテゴリーはない。飽くまで行政の用語である。DSM-IVやICD-10では、字面的に似た用語として「行為障害」というのがあるようだ。いつか取り上げたい。

関連事項




【2014年1月29日追記】

 旧日記から転載しました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1420-b85d2458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。