湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


条件づけに関するメモ
 心理学の実験で有名なものの一つに、パブロフの犬(Pavlov's Dog)がある。
 犬にえさを与えると犬は唾液を出す。これは自然なことである。えさを与える際にベルを鳴らすことを繰り返すと、ベルを鳴らすだけで犬は唾液を出すようになる。
 この実験は旧ソ連のパブロフ(Ivan Petrovich Pavlov,1849-1936)によって行われたものである。で、パブロフの犬と呼ばれる。別にパブロフの回し者というわけではない。

 このような条件づけを古典的(レスポンデント)条件づけ(Classical conditioning)と呼ぶ。生まれつき備わっている「食べ物を見るとつばが出る」ような反応を無条件反応と呼ぶ。ここでの「食べ物」を無条件刺激(nonconditional stimulus)と呼ぶ。この古典的条件づけは、無条件刺激に先駆けて中性的な条件刺激(conditional stimulus)を与えることによって条件づけを行うものである。
 ちなみに、ベルを鳴らしてもえさを与えないことをずっと繰り返すと、この反応は消えていく。これを「消去」と呼ぶ。また、ベルの音と似たような音にも反応が起こることを「般化」と呼ぶ。

 これは人間の生得的な反応(レスポンデント)に変化を加えるものだが、一方で学習によって習得される自発的な行動(オペラント)に対する条件づけもある。
 例えば、ボタンを押すとえさが出る箱をネズミに与える。ネズミは試行錯誤の末、ボタンを押すとえさが出ることを発見する。そうして、ネズミがボタンを押すという行動が習得される。
 この実験は米合衆国のスキナー(F.B.Skinner,1904-1990)が行ったもので、この条件づけをオペラント条件づけ(Operant conditioning)とか道具的条件づけ(instrumental conditioning)と呼ぶ。ちなみにこの箱のことをスキナーボックスと呼ぶ。そのまんまである。
 このときのえさのような報酬を、「強化子」と呼ぶ。強化子には、生理的欲求を満足させる1次性強化子と、社会的欲求を満足させる2次性(条件性)強化子がある。
 スキナーはこれを応用して「プログラム学習」や「ティーチングマシン」を考案した。子どもの頃、「学習ドリル」が嫌いだった人は、この人を恨むべきであろう。

【2014年1月29日追記】

 旧日記から転載しました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 心理学

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1421-9cfcebba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。