湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡県でいじめが原因と思われる自殺
 2006年10月11日にいじめが原因だと思われる悲惨な自殺事件があった(参照参照参照)福岡県ですが、またいじめが原因と思われる自殺があった可能性があるようです。
 本当に痛ましいことです。

 福岡県内の私立高校3年の男子生徒=当時(18)=が昨年11月、マンションから飛び降り自殺をしたことが14日、関係者への取材で分かった。県警は男子生徒が複数の生徒から暴行を受けていた疑いがあるとして、暴行容疑で関係者から事情を聴いている。学校側は遺族に「調査したが、いじめや体罰の事実は見つからなかった」と説明。遺族が学校側と県に対し、いじめ防止対策推進法などに基づいてあらためて調査するよう申し立てたため、学校側は第三者による調査委員会を設置することになった。
 関係者によると、男子生徒は昨年11月12日夜、母親に「友人宅に泊まりに行く」と電話で告げてから行方が分からなくなり、同14日未明、自宅から約7キロ離れたマンションの上層階から飛び降りて亡くなった。
 現場には男子生徒の携帯端末が残され、生徒の名前を挙げて「絶対に許さない」などと記載。「みなさんさようなら」「足がすくむ」とも書かれていた。男子生徒は同10月から、家族に無断で学校を欠席したり、顔に傷をつくって帰宅したりしていたという。学校側は男子生徒の死亡後、同級生にアンケートや聞き取り調査を行い、男子生徒が昨年、教室の手すりに粘着テープで縛られたり、堅いパンを顔にたたきつけられたりしていたことを確認。関与した生徒9人を停学処分にした。関係者によると、複数の生徒が昨年10~11月、男子生徒を学校内で殴ったり蹴ったりするなどした情報もあるという。
 遺族は1月、「いじめを受けていた可能性がある」として調査内容などを問い合わせたが、学校側は当初、「いじめの存在を認定することはできず、具体的な端緒も見つからなかった。今後の調査は予定していない」としていた。遺族が今月12日に再度の調査を申し入れると、第三者による調査委員会を設置するとの回答があったという。
 西日本新聞の取材に対して学校側は「現時点ではいじめの有無は確認できていない」とした上で、「亡くなったという事実は重大。誠心誠意対応したい」と話している。遺族は「なぜ、死を選ばなければならなかったのか、事実を知りたい。こうした悲劇が二度と起こらないことを祈っている」と話している。
(高3自殺 いじめか 「許さない」書き込み 昨年11月 福岡県警 暴行容疑で聴取・2014年2月15日付西日本新聞)



 大津市の中2男子自殺などを受け、いじめ防止策を徹底するために2013年9月に施行された。いじめによる自殺など重大な被害が生じた疑いがあるときは、学校が組織を設けて調査を行うことを義務づけたほか、学校の調査結果に対して都道府県知事などが詳細な調査をすることができる。また、文部科学省が13年10月に策定したいじめ防止基本方針では、学校への不信感などを理由に被害者や遺族が独自の調査を求めた場合、県知事などが学校の調査と並行して調査することができるとしている。
(いじめ防止対策推進法・2014年2月15日付西日本新聞)

 16日の読売新聞朝刊によると、現場は春日市のマンション。名指しされた生徒の一人は学校側に「ふざけていただけだ」と説明しているのだそうです。


<3か月後の一斉報道>

 11月の事件だという事で調べてみましたが、当時は報道がなかったようです。

 しかし、3ヶ月ほど経った事件なのに、なぜか複数紙で同じ日に取り上げられています。

 福岡県内の私立高校3年の男子生徒が昨年11月、マンションから飛び降り自殺をしていたことがわかった。現場には、男子生徒がいじめを受けていたことを示唆する内容のメモが残されており、県警が同級生らから事情を聴いている。
 高校によると、男子生徒は昨年11月14日未明、自宅から約7キロ離れたマンションから飛び降りて亡くなった。現場には、同級生の名前を挙げて「絶対に許さない」などの文章を打ち込んだタブレット端末などが残っていたという。
 高校がこの同級生らから聞き取り調査をしたところ、男子生徒が、あごに硬いパンをたたきつけられたり、家庭科の時間に調味料を多めに入れて辛くしたマーボー豆腐を食べさせられたりしていたことが判明。高校は暴力行為があったとして、関与した同級生ら9人を5日~無期の停学処分にした。
(福岡の高3男子が飛び降り自殺 いじめ示唆するメモ残す・2014年2月15日付朝日新聞)

 以前、地域の活動をしている時に某地方政治家の方にマスコミ対応について教えていただいたことがあります。
 なんでもプロは、その地域をエリアとする新聞社と放送局の連絡先を知っていて、何か発表があるときは一斉にファックスを送信するのだそうです。
 今回、複数の報道機関が一斉に報道している所から、社会運動等に詳しい方の助言を遺族が受けられたのは間違いなさそうです。

 記事の内容を時系列に並べてみましょう。

 2013年10月頃から・・・男子生徒が家族に無断で学校を欠席したり、顔に傷をつくって帰宅したりしはじめる。
 2013年11月12日夜・・・「友人宅に泊まりに行く」と母親に電話連絡。行方不明に。
 2013年11月14日未明・・自宅から約7km離れたマンションの上層階から飛び降りて亡くなる。
 死後・・・・・・・・・学校側が同級生にアンケートや聞き取り調査。いじめの事実を把握。生徒9人を停学処分に。
 2014年01月・・・・・・家族が調査内容を問い合わせ。学校側はいじめの認定と今後の調査を否定。
 2014年02月12日・・・・遺族が再度再調査を申し入れ。第三者調査委員会の設置を設置すると学校側が回答。
 現在・・・・・・・・・福岡県警が暴行容疑で関係者から事情を聴いている。

 今年に入ってからの動きの速さが分かります。
 恐らく、結果がなかなか分からないので、遺族の方が誰かに相談したか、自力で色々調べられたんでしょうね。

<いじめ防止対策推進法に基づく調査要求>

 また、いじめ防止対策推進法(参照)の内容なども一般的にはあまり知られていません。
 恐らくこれは、「いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき(第28条の1)」等には「当該学校の設置者又はその設置する学校の下に組織を設け、質問票の使用その他の適切な方法により当該重大事態に係る事実関係を明確にするための調査を行う(第28条)」事になっているからなのでしょう。
 また、「当該学校を所轄する都道府県知事に報告(第31条)」も定められているようです。

 これもやっぱり、遺族の方が誰かに相談したか、自力で色々調べられたんでしょうね。
 そうなると、今後はこの事件に関する報道も増えてくるかもしれません。
 その結果が、こういった出来事を少しでも少なくする一助になって欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1427-611aab1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。