湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


The Patriot
 韓国で転覆した船は、元々は鹿児島~奄美~沖縄航路で使われていたフェリーなみのうえらしいです。何度か乗った船です。

 テレビニュースを見ていると、家族が制服の男性に詰め寄っていました。相手は船の乗員かなと思ったら、救難当局の方のようです。
 とにかく、誰かに怒りをぶつける国民性なのかと思いました。
 とりあえず謝るのを美徳にし、原因究明を言い訳と考える日本人とよく似ていると思いました。

 原因究明をせずに責任を追求すると、力関係が責任を決定します。
 最近話題のSTAP細胞問題にしてみても、ユニットリーダーが未熟だったと地位のある共同研究者や上司たちが口をそろえています。
 未熟だったのが確かだとしても、それを見つけて指導するのが自分たちの役割のはず。
 自分のするべき仕事をせず、成果だけ横取りをしようとしていたのが丸わかりです。

 最近の若者は冒険をしないと言う人がいますが、それだって同じこと。
 公園のグラウンドに「ボール遊び禁止」なんて書いてあるような社会で、若者だけを責めるのは酷というものでしょう。
 というか、若者にリスクを取らせて自分は果実を得ようという下衆な大人たちが、冒険心のある若者を育てるなんて無理ですよ。
 親は親として、政治家は政治家として、学者は学者として、社長は社長として、若者が冒険できる家庭や、社会や、会社を作って来たのかをまず自問するべきではないでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1449-7d331099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。