湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


100円ラーメンこと勝龍軒閉店
 福岡市南区の野間四角から西に折れた場所にある勝龍軒(FB)というラーメン屋さんが閉店するそうです。
勝龍軒
 勝龍軒は1杯100円のラーメンで知られ、別名100円ラーメンと呼ばれていました。

 「100円ラーメン」の愛称で親しまれた福岡市南区野間1丁目の博多ラーメン店「勝龍軒」が28日、閉店する。硬貨を握りしめた中高生のおなかを満たしてきた青春の味がのれんを下ろす。閉店を知ったファンたちが次々と訪れ、別れを惜しんでいる。
 同店は1968年、先代の青木英子さんが西鉄高宮駅前で開店。当初は1杯70円だったが、数年後に100円に。オイルショックや消費税導入などで経費がかさんでも、青木さんは「子どもたちの顔を見ると値上げできん」と1杯100円を守り続けた。
 青木さんは2年前に亡くなり、家族が後を継いだ。店は「静かに店をやめたい」と閉店の理由を詳しくは語らない。それでも交流サイト「フェイスブック」などで知ったファンは引きも切らない。
 高校時代によく通ったという同区の飲食店従業員玉田剛さん(38)は「友人から今月までと聞いて慌てて来た。もう食べられないのか…」と寂しそう。店の看板には、100円玉を手に、麺をゆでる青木さんのイラストが描かれている。東京在住で会社経営の松尾大輔さん(42)は「小学生のころ、替え玉を5杯した。東京にいても、おばちゃんの看板が目に浮かんでくる」。
 歌手のASKAさんら芸能人のファンも。同市中央区のラーメンライター上村敏行さん(37)は「100円じゃ悪いと、どんぶりの下に千円を置いていく人がいた。名物店ならではの伝説があった」と46年の歴史の終幕を残念がる。
 2000年、青木さんは地域文化に貢献した個人、団体に贈られる博多町人文化勲章を受章。主催する博多町人文化連盟の西島雅幸副理事長(65)は「100円でやっていくのは本当に大変だったと思う。『だんだん(ありがとう)』の一言です」と話している。
(さらば「100円ラーメン」 福岡・南区の「勝龍軒」28日閉店 [福岡県]・2014年4月23日付西日本新聞朝刊)


 2012年6月に改装していたので、閉店するとは思ってもいませんでした。
 今回も、250円のラーメンを300円に上げた時のように300円のラーメンを350円に上げてくれれば済む問題だと思っていました。
 でも、今回は本当にダメだという話です。

 噂では、ラーメン100円を通す店に意気を感じて麺を安く提供していた製麺所が、原料価格高騰のために廃業するからだとか。
 1杯100円を守れないならと閉店をするのだそうです。
 返す返すも残念です。

 僕は3月まで南区で夜勤の仕事に就いていたので、月に1回ほど昼過ぎに行っていました(参照)。
 普通はお金がない時に行く店なのでしょうが、僕にとっては月に1度の贅沢。

 薄めの味で、「うちはヘルシーラーメンよ!」と店主のお姉さんは常々言っていました。
 しょうゆラーメンやみそラーメンが置いてあるのも福岡にしては珍しく、貴重な存在でした。

 学生が多いと紹介されることが多いですが、僕の行く時間帯は高齢者も多かったです。
 安いというのもあるのでしょうが、薄目という事で高齢者にも無理がない。
 また、おやつのような感覚で食べる人も少なくなかったのではないでしょうか。

 一度昔のアイドルの話をした時に(参照)若干年上だと判明したので、失礼ながらお姉さんと呼ばせて頂きます。

百円ラーメン
 そういったお姉さんとお客さんとの話を横で聞いているのも楽しみでした。
 たまにいる、100円では苦しいだろうとか値上げはしないのかと言う客に、100円ラーメンが知られてしまっているから値上げは出来んと、きっぱり言うお姉さんを何度か見たので、恐らく100円を守れないなら廃業するというのは本当でしょう。
 2012年3月に先代が亡くなったそうなので、かえって値上げし辛くなったのかもしれません。

 異動になって4月のある日、野間近辺を通りかかった際に何の気なしに店に寄ってみました。
 仕事も忙しくなるし当分来れないなと久しぶりに100円のラーメンを頼み、写真を撮りました。

 100円ラーメンは利幅がほとんどないと聞いていたので、日頃は200円のラーメン大か250円の勝龍軒ラーメンを頼むのですが、何だか嫌な予感がしたんですね。
 帰る直前に、ゴールデンウイーク前に・・・。とお姉さんがお客と話しているのが聞こえたのですが、値上げするのだろうかと思っていました。
 まさか閉店とは・・・。

 値上げしてでも続けて欲しいですが、そこまで無理も言えんしね・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1451-66e67514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。