湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


レジリエンス
 先日、新聞を読んでいたら、金子書房の月刊専門誌である児童心理8月号の広告が出ていました。
 子どものレジリエンスというのを特集しているらしい。
 レジリエンスって、何だろう?

<歪みを跳ね返す力>

 レジリエンス(resilience)というのは、元々物理学から来た言葉だそうです。
 (ストレスで卒論を書いたにも関わらず)初めて知りましたが、実はストレス(stress)という言葉も元々は物理学用語だったそうで、「外力による歪み」を意味するそうです。
 で、レジリエンスは「外力による歪みを跳ね返す力」を意味するそうな (参照) 。

 一般的に「ストレス」は、「上司の小言がストレスで・・・」という感じで使われますが、本来は上司の小言はストレスの要因であってストレスではありません。
 ストレスの要因は、ストレッサー(stressor)と呼ばれています。


 2004年にボナノ(G.Bonanno)という人が提唱した「極度の不利な状況に直面しても、正常な平衡状態を維持することができる能力」というのが、レジリエンスの大方の定義のようです(参照)。

<レジリエンスとは立ち直り力>

 で、Wikipediaによると、レジリエンスとは立ち直り力と訳されているんだそうな。
 なるほど、歪まない力ではなくて、歪みから回復する力なんですね。

<注目されているレジリエンス>

 色々調べてみると、どうやらNHKクローズアップ現代でこのレジリエンスが取り上げられて、注目されているようです。

<レジリエンスに必要な要素>

 クローズアップ現代によると、レジリエンスを高めるには、いくつか大切な要素があるそうです。


 と、テレビを見ずにサイトの記述だけで見たように書くワタクシ(^_^;


 まず、一喜一憂しないで感情をコントロールすること。
 一喜一憂していると、体力を消耗するんだそうです。

 次に、自尊感情と自己効力感。

 4つ目が楽観性。

 最後に人間関係だそうです(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1472-46d31ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。